The Merge Ethereumアップグレード: 完全解説
目次
はじめに
Ethereumがアップグレードを行う理由
Ethereumアップグレードの全体像
The Merge後の計画
The MergeがETHに与える影響
BETHに対するThe Mergeの影響
まとめ
The Merge Ethereumアップグレード: 完全解説
ホーム記事
The Merge Ethereumアップグレード: 完全解説

The Merge Ethereumアップグレード: 完全解説

中級者
公開済 Sep 1, 2022更新済 Sep 23, 2022
8m


概要

Ethereumメインネットは、まもなくThe Mergeと呼ばれるアップグレードで、Proof of WorkからProof of Stakeのコンセンサスメカニズムに移行します。The Mergeは、Ethereumエコシステムにおける大きなアップグレードのシリーズの1つであり、このシリーズにおける他のアップグレードにはThe Surge、The Verge、The Purge、そしてThe Splurgeがあります。これらのアップグレードの目標は、Ethereumをよりスケーラブルでエネルギー効率の高いものにすることです。The Mergeは、EthereumメインネットとProof of Stakeのビーコンチェーンの統合を実施し、2022年9月に行われる予定です。

はじめに

2015年のローンチ以来、Ethereumは人気のある分散型コンピューティングプラットフォームとしてブロックチェーン業界での地位を確立し、このブロックチェーン上に何千ものプロジェクトが誕生しました。Ethereumは最も活用されているブロックチェーンの1つであり続けていますが、現在のインフラストラクチャでは、世界的な需要の高まりに対応できる方法で運用を拡張することはできません。スケーラビリティの欠如と戦うために、EthereumチームはEthereumブロックチェーンを進化させるためのアップグレードシリーズを提案しました。これらのアップグレードはビーコンチェーン、The Merge、The Surge、The Verge、The Purge、そしてThe Splurgeの6つです。

Ethereumがアップグレードを行う理由

ブロックチェーンは通常、中央集権的な存在に頼るのではなく、分散化の中核的な原則に基づいて設計されています。分散型ブロックチェーンの利点には、パーミッションレス、トラストレス、そして単一障害点がないことによる安全性があります。

ブロックチェーンの人気が高まるにつれて、プラットフォームは、スケーラビリティ需要とも呼ばれるトランザクション処理速度に対する世界的なニーズに確実に対応できるようにする必要があります。これを怠ると、ブロックチェーンのキャパシティが保留中のトランザクションの数に圧倒され、ネットワークが輻輳する可能性があります。多くの場合、これによってトランザクション手数料が高騰することになります。

しかし、ブロックチェーンが分散型の性質を維持したい場合は、セキュリティとスケーラビリティを両立させるのは難しいです。この問題は、Vitalik Buterinによって提案されたスケーラビリティのトリレンマの概念によって説明されます。ブロックチェーンのトリレンマは、スケーラビリティ、セキュリティ、分散化の3つの重要な特性のバランスをとるという課題を説明しています。

Vitalik Buterinが認めたように、Merge Ethereum以前のネットワークは、そのコンセンサスメカニズムのProof of Workのためにスケーラビリティの基準を満たすことができません。Proof of Workブロックチェーンは、多くの理由によりスケールさせるのが難しくなる傾向があります。まず、ブロックが各ブロックで検証できるトランザクションの数には制限があります。次に、ブロックは一定の割合でマイニングされる必要があります。

例えば、Bitcoinは、プロトコルによって自動的に調整されるマイニング難易度に応じて、平均して10分ごとに1ブロックがマイニングされるように設計されています。Bitcoinの設計は非常に安全ですが、ブロック時間とブロックあたりのトランザクションの制限がその性能の上限のため、需要の増加時にネットワークが輻輳する可能性があります。これにより、多くの場合、トランザクション手数料と承認までの時間が大幅に増加します。

このようなPoWの制限を克服するために、EthereumチームはEthereum 2.0 (ETH 2.0) として知られるアップグレードのシリーズを提案しました。

Ethereumアップグレードの全体像

Ethereum 2.0のアップグレードは、これまでのビーコンチェーン (すでに実装済み)、The Merge (近日実装予定)、The Surge、The Verge、The Purge、そしてThe Splurgeで構成されています。すべてのアップグレードの実装後、新しいEthereumブロックチェーンは、分散化されながら、よりスケーラブルで安全で持続可能なものになると予想されます。

ビーコンチェーン

以前はフェーズ0として知られていたビーコンチェーンは、一連の主要なEthereumアップグレードの最初のアップグレードです。2020年12月1日にローンチされたこのアップグレードによって、Proof of StakeがEthereumエコシステムに導入されました。ユーザーは、ETHをステーキングするか、ネットワークを保護するためにコンセンサスクライアントを実行するかの2つの方法でビーコンチェーンを活用することができます。ビーコンチェーンは現在はEthereumメインネットと並行で稼働しています。

The Merge

The Mergeは、スケーラビリティの問題に取り組むためのEthereumの次の重要なステップです。簡単に言えば、Ethereumエコシステム内の既存の2つの独立したチェーン、つまり実行レイヤーとコンセンサスレイヤー (ビーコンチェーン) を統合します。

Ethereumメインネットは、2022年9月にビーコンチェーンに実装されているProof of Stakeシステムに統合される予定です。The Merge後、エコシステムはネットワークを保護するためにProof of Stakeメカニズムのみを使用するようになります。

コンセンサスメカニズム

The Mergeが行われると、EthereumのProof of WorkはProof of Stakeのコンセンサスアルゴリズムに完全に置き換えられます。マイニングの代わりに、ブロックはバリデーターと呼ばれるノードによって生成 (または発行) されます。1つのノードが定期的にランダムに任命され、候補ブロックが検証されます。これらのバリデーターは、トランザクション手数料によるチップとステーキング報酬でそのように行うインセンティブが与えられています。新しいブロックを追加するために競合するノードがないため、PoSはPoWよりもはるかに少ないリソースしか占有せず、より持続可能になります。

メインネットトランザクション

現在、ビーコンチェーンは、ネットワークトランザクションの一部のみを処理しています。The Mergeでは、ビーコンチェーンはコンセンサスにとっても重要な場所になります。

「The Merge後、ビーコンチェーンは、実行レイヤー上のトランザクションやアカウント残高を含むすべてのネットワークデータのコンセンサスエンジンになります。」Ethereum.org

トークン

Ethereumのトランザクション履歴はビーコンチェーと統合されますが、Ether (ETH) 残高はそのまま残ります。The Merge後もETHにはアクセス可能で、ETHトークンの保有者はアップグレードの準備のために何かをする必要はありません

現在のモデルにはトークン発行システムがあり、マイニングステーキング報酬で1日あたり約13,000 ETHを配布します。The Mergeが実装されると、マイニング報酬はなくなり、新しいETH発行はステーキング報酬で1日あたり約1,600 ETHに減少します。

The Merge後の計画

他のEthereumアップグレードのThe Surge、The Verge、The Purge、The Splurgeについての公式発表はありませんが、シャーディングの実装は間違いなく計画されており、The Merge後の2023年に実装される予定です。

シャーディング

Ethereumは、スループットを向上させるためにシャーディングを利用することで、スケーラビリティを向上させ、トランザクションのコストと時間を削減できる可能性があります。シャーディングでは、通常のブロックチェーンに似たシャードチェーンが導入されますが、それぞれにブロックチェーンデータの一部しか含まれていない点が異なります。シャードチェーンによって提供されるデータの特定のサブセットのおかげで、ノードはトランザクションをより効率的に検証できます。

シャーディングはスケーリングソリューションであり、その実装には多大な時間と労力が必要です。しかし、うまくいけば、スケーラビリティの面でブロックチェーンの最大の勝利の1つになり、Ethereumがデータをよりよく保存して、アクセスできるようになります。

シャーディングプロセスは、バージョン1のシャードチェーンがネットワークにより多くのデータを提供し、バージョン2のシャードチェーンがコードを格納および実行するという多段階のプロセスになります。両バージョン間の相互通信が有効になります。

他のアップグレードに関しては、まだ何も決まっていません。Vitalik Buterinはツイートで、上記のアップグレードはThe Mergeと並行して実行されるアップグレードであるため、ステージと見なすべきではないという立場を明確にしました。読者は、Binance BlogBinance Academyを読み続けることで、The Mergeとその後のEthereumのアップグレードについて、どんどん自分の知識をアップデートさせていきましょう。

スケーリングソリューションが多数ある理由

Ethereumは将来を見据え、マスアダプションに続く大規模なトランザクション負荷を引き受ける準備をしているようです。ソリューションが多いほど、ネットワーク全体の輻輳を軽減できる可能性が高くなります。さらに、これにより、1つのスケーリングソリューションが不十分であることが判明した場合に、そのソリューションが単一障害点となることを防ぐこともできます。複数のスケーリングソリューションを持つことで、トランザクションの速度とスループットを向上させるためにネットワークを準備するだけでなく、ユーザーが高いトランザクション手数料を回避するのにも役立ちます。

The MergeがETHに与える影響

最も著名な第2世代ブロックチェーンプロジェクトの1つとして、Ethereumは7,200万Ether (ETH) の初期供給枚数でローンチしました。元のPoWモデルでは、このトークン供給の大部分は、マイナーにネットワークを保護するインセンティブを与えるために使用されています。

PoSへの移行に伴い、マイニング報酬は提供されなくなります。その結果、ETHの年間発行額は約90%削減されます。需要と供給の法則に基づけば、ETHの価格が上昇する可能性があります。しかし、金融市場は予測不可能で不安定であり、需要と供給以外にも多くの要因が影響しています。

BETHに対するThe Mergeの影響

BETHはバイナンスでステークしたETHをトークン化したものです。The Mergeによって、マイナーはもはやProof of Workを通じて、マイニング報酬を獲得することはできなくなります。代わりに、バリデーターには、ステーキング報酬とThe Merge前にマイナーに提供されたトランザクション手数料が報酬として与えられます。さらに、バリデーターはThe Merge後に最大抽出可能価値 (MEV) 報酬の一部を獲得できるようになるので、BETHがこの概念を採用するとAPRが増加するでしょう。つまり、年換算金利 (APR) は大幅に増加すると予想されます。

バイナンスユーザーとプロダクトに対するThe Mergeの影響

ETHトークン所有者とバイナンスユーザーの場合、バイナンスのプロダクトは基本的にThe Mergeの影響を受けません。BinanceのマイニングサービスからのETHの上場廃止と、ETHの借入、入出金の一時的な停止のみが影響としてあります。

ETH保有者の場合、The Merge後に保有しているEthereumに何が起きるのかのブログ記事を読んで、The Mergeに対する準備をすることができます。

まとめ

The Mergeは、Ethereumネットワークへの一連の重要なアップグレードの2番目のものです。The Mergeはスケーラビリティを改善するために、新しいスケーリングソリューションを実装するための準備として提案されました。リストされているすべてのアップグレードを完了した後、Ethereumはセキュリティや分散化を損なうことなく、より多くのトランザクション負荷を引き受ける準備が整う可能性があります。


リスク警告: デジタル資産の価格は、高い市場リスクと価格のボラティリティの影響を受けます。投資した仮想通貨の価値は上下する可能性があり、元本割れする可能性があります。お客様は、自身の投資判断に単独で責任を負い、バイナンスはお客様が被る可能性のある損失に対して、一切の責任を負いません。過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを示すものではありません。プロダクトに関連するリスクに大して、自分自身がよく理解しているもののみに投資するべきです。投資経験、財務状況、投資目的、リスク許容度を慎重に検討し、投資を行う前に独立したファイナンシャルアドバイザーに相談してください。は、この記事は財務や投資アドバイスとして一切解釈されるべきものではありません。詳しくは、利用規約リスク警告を確認してください。