Ethereumネームサービス (ENS) とは?
目次
はじめに
Ethereumネームサービスとは?
Ethereumネームサービスの仕組みとは?
ENSの用途とは?
独自のENSドメインを取得するには?
ENSドメインを取得するにはどれくらいの費用がかかりますか?
Ethereumネームサービスのエアドロップを請求する方法
まとめ
Ethereumネームサービス (ENS) とは?
ホーム記事
Ethereumネームサービス (ENS) とは?

Ethereumネームサービス (ENS) とは?

初心者
公開済 Nov 25, 2021更新済 Jan 18, 2022
6m

概要

Ethereumネームサービス (ENS) は、ウォレットアドレス、ハッシュ、その他の機械で読み取り可能な識別子のためのネーミングサービスです。読みにくい文字列データを読みやすいアドレスに変換します。Webサイトで使われているDNS (ドメイン名システム) と同じような仕組みです。

ENSは当初、人気のある6文字、5文字、4文字、3文字のドメイン名をVickreyオークション形式で興味のあるユーザーに販売していました。それぞれの名前は、.ethが最後にあり、複数の仮想通貨のアドレスやハッシュなどの情報を添付することができます。

オークションなしで簡単にネームを購入し、年単位でレンタルできるようになりました。価格はレンタルしたいネームの長さによって異なります。また、2021年10月31日時点で、ENSドメインを所有していた方は、ENSのガバナンストークンをエアドロップで受け取ることができます。2021年5月4日までに回収する必要があります。


はじめに

ブロックチェーンの最大の課題の1つは、その使いやすさとアクセス性の向上です。Ethereum (ETH) やBitcoin (BTC) を使用した決済を見てみると、新規ユーザーはもちろん、経験豊富なユーザーであっても、長いウォレットアドレスは実用的ではなく、混乱を招く可能性があります。16進数の文字列は、コンピュータにとっては読みやすいが、人間にとっては直感的ではありません。Ethereumネームサービス (ENS) は、覚えやすく使いやすいシンプルなWebサイトスタイルのアドレスを誰でも作成できるようにすることで、この問題に対処しています。


Ethereumネームサービスとは?

Ethereumネームサービス (ENS) は、2017年5月4日にEthereum財団のAlex Van de Sande氏とNick Johnson氏によって立ち上げられたEthereumベース</a>のプロジェクトです。このプロジェクトでは、長いEthereumの公開アドレスをテキストベースで簡略化して表示することができます。これにより、アドレスやその他のデータの共有、使用、記憶が容易になります。0xAb5801a7D398351b8bE11C439e05C5B3259aeC9Bのような機械で読める数字を人間が読める代物に変えることは、ブロックチェーンの採用率を高めるために重要なことです。
ENSはウォレットのアドレスだけではありません。これは、仮想通貨の世界でよく見られるトランザクションID、ハッシュ、メタデータを表すのに使用できます。インターネットの電話帳のような役割を果たすネーミングシステムであるドメイン名システム (DNS) については、すでにご存知かもしれません。DNSは、覚えにくいIPアドレスを、https://academy.binance.comのような使いやすいURLに結びつけます。事実上、ENSはEthereumブロックチェーンのDNSと言えるでしょう。
ENS社はその後、分散型自律組織 (DAO) への移行の一環として、ガバナンストークンを発表しました。トークンの価格が大幅に上昇したことにより、このプロジェクトはトレンド入りし、多くの関心を集めています。


Ethereumネームサービスの仕組みとは?

ENSドメイン名は、ERC-721非代替性トークン (NFTs) を使用して、固有のアドレスを表します。NFTを他人に譲渡または売却することで、ドメインを取引することができます。各トークンにはウォレットのアドレスなどが添付され、所有者が管理できるようになっています。.ethのようなトップレベルドメインは、レジストラと呼ばれるスマートコントラクトが所有しており、サブドメインの作成をコントロールしています。もし、BinanceAcademy.ethを作りたいと思ったら。あなたは、.eth registrarと対話する必要があります。
Ethereumのドメイン名を購入するには、その空き状況を確認し、年間でレンタルすることができます。しかし、人気のある名前は当初、オークションにかけられていました。ドメインを落札した最高額入札者は、アドレスを付けたり、サブドメインを作成したり、ドメイン名を貸したり売ったりすることができました。例えば、BinanceAcademy.ethを所有していた場合、learn.BinanceAcademy.ethを無料で作成することもできます。


ENSの用途とは?

仮想通貨を送信する際に複数のアドレスで混乱したことがある方は、ENSの必要性を理解していただけると思います。友人の電話番号をその人の名前の下に保存するように、ENSは長い数字を覚えやすい言葉に変えることができます。これにより、よりわかりやすく、ミスの少ない体験ができます。

ENSドメインのオーナーは、サブドメインを作成し、そのサブドメインに他のデータを割り当てることもできます。また、必ずしもウォレットアドレスである必要はありません。スマートコントラクト、トランザクション、またはメタデータへの指示に使うことができます。


独自のENSドメインを取得するには?

現在では、ENSの名前を取得するには、 https://app.ens.domains/で利用可能かどうかを確認し、登録するだけで十分です。では、どのように始めればよいのか、一例をご紹介しましょう。まず、https://app.ens.domains/に訪れてください。ウォレットを接続して、興味のあるドメインを入力してください。


選んだ名前の空き状況が表示されます。今回のケースでは、BinanceAcademyが登録できます。


名前をクリックすると、ENSドメインの登録方法が表示されます。登録期間を選択できるほか、料金の目安も表示されます。ウォレットにether (ETH) が入っている状態で、示された3つのステップを踏んで、アドレスの登録を申請します。


ENSの初期には、人気のある6文字、5文字、4文字、3文字の名前がヴィークリー式のオークションで競われていた。スマートコントラクトは、5日間ですべてのプロセスを実行しました。誰もがパブリックオークションに参加し、同じドメイン名を購入しようとする可能性があります。最初の3日間は、それぞれの利害関係者が自分の最大入札額を記載した取引を行います。

その後、オークションは公開段階に入ります。全員が自分の入札額を明らかにするか、あるいはロックアップされたETHを失うことになり、落札者は2番目に大きい入札額と同じ額を支払うことになります。明らかにされた入札額はすべての入札者に返金されます。


ENSドメインを取得するにはどれくらいの費用がかかりますか?

ENSドメインのコストには、オークション・コストとレンタル・コストの2つの部分が考えられます。オークションでのENSドメイン名の価格は、その名前の人気に左右されていました。God、Car or ETHのような認知度の高い名前はより高い価格で取引され、短い3文字の単語は一般的に最も高価でした。ドメイン名に支払われる価格の例を以下に示します。


ENSドメインを所有すると、ETHでお支払いする1年ごとの更新費用が必要になります。料金はドルで表示されていますが、 Chainlink ETH/USDオラクルで与えられた為替レートで換算されています。年間更新費用は、5文字以上の名前の場合は年間5ドルですが、文字数が少ないほど高くなります。


Ethereumネームサービスのエアドロップを請求する方法

2021年10月31日のスナップショット時に .eth アドレスを持っている人は、$ENSトークンを受け取ることができます。いくつかの簡単なステップで請求することができます。2022年5月4日までに、トークンがバーンされる前に請求することができます。

1. まず、 ENS Airdropに移動し、[接続] または [ウォレット接続] ボタンでウォレットを接続します。


2. MetaMask、WalletConnect、その他のプロバイダーなど、接続したいウォレットを選択します。


3. [はじめる] をクリックして次に進みます。


4. これで、[請求をはじめる] という選択肢が、お客様が受け取ることのできる金額とともに表示されます。

5. $ENSに関する教育情報を必ずお読みになり、続いて構造をお読みになり、ウォレットを使用して署名していただきます。

6. ここで、トークンの議決権を自分や他のユーザーに委譲するかどうかを選択することができます。

7. 最後に、請求する金額と代表者を確認してから [請求] をクリックし、ガス手数料をお支払いしてトークンを解除してください。


まとめ

分散型ネットワークの世界では、ENSはブロックチェーンに簡単にアクセスできる方法を作るための一歩となります。私たちがウェブをナビゲートするのにIPアドレスを使わなくなったように、その便利さと人気の高まりから、ENS名が増加するかもしれません。また、エアドロップ以降、このプロジェクトに対する仮想通貨のエコシステムからの関心も高まっています。