Proof of Stake上のEthereum: Ethereum保有者が知っておくべきこと
目次
はじめに
EthereumのProof of Stakeへの移行とは?
Proof of Stakeに移行する理由
PoS Ethereumへの道
保有しているETHへの影響
ユーザーとコミュニティからの期待
まとめ
Proof of Stake上のEthereum: Ethereum保有者が知っておくべきこと
ホーム記事
Proof of Stake上のEthereum: Ethereum保有者が知っておくべきこと

Proof of Stake上のEthereum: Ethereum保有者が知っておくべきこと

中級者
公開済 Sep 7, 2022更新済 Sep 28, 2022
6m

概要

EthereumのMergeは、EthereumがProof of WorkブロックチェーンからProof of Stakeに移行するための一部です。一般的に、Proof of Stakeはスケーラビリティと持続可能性の点で多くのメリットをもたらします。

Ethereumが新しいシャード構造に移行すると、元のメインネットの状態が転送されます。つまり、ETH保有者は保有している仮想通貨に対して何もする必要がなく、詐欺師がトークンを「転送」する必要があると伝える場合には注意する必要があることを意味します。

はじめに

長い間待ち望まれていたEthereumのProof of StakeコンセンサスメカニズムへのEthereumの動きは、多くの保有者にとって重要な問題を提起しました。正しく状況を完全に理解していないと、資金の安全性が危険にさらされる可能性があるので、この質問は素晴らしいものです。まず、EthereumがProof of Stake (PoS) に移行した理由を見てみましょう。

EthereumのProof of Stakeへの移行とは?

Ethereum (ETH) の発行開始以来、EthereumはBitcoin (BTC) と同じProof of Work (PoW) を使用して、新しいトランザクションブロックに関するコンセンサスを生み出しています。このコンセンサスメカニズムにより、マイナーは悪意のあるアクターが彼らに対して働いている場合でも、中央の権限なしで合意に達することができます。

Satoshi Nakamotoによって、Bitcoinネットワークによって実装されたProof of Workは、分散型ネットワークでコンセンサスを達成するための効果的で信頼性の高い方法を作り出しました。今日まで、Bitcoinネットワークに対しての攻撃が成功したことはありません。

しかし、PoWは一部の開発者やユーザーには支持されなくなりました。PoWに対する批判としては以下のようなものがあります。

  1. エネルギー効率PoWは、エネルギーの面でコストを高くすることで、大規模な攻撃を行う悪意のあるアクターのインセンティブを低下させます。これはネットワークを保護する方法の1つですが、ステーキングはより持続可能な代替手段と見なされています。

  2. スマートコントラクトにとって非効率スマートコントラクトを使用すると、多数のネットワークインタラクションが必要になる場合があります。これらはブロックに追加され、ネットワークから承認される必要があります。PoWはしばしばブロック時間が長くなり、トランザクション手数料が高くなり、スマートコントラクトとのやり取りが遅くなり、高コストになることがよくあります。

  3. 個人によるマイニングが困難人気のあるPoWシステムでマイナーになるにはは、マイニング業界がしばしばいくつかの大きなマイニングプールによって支配されているため、個人にとって困難な場合があります。これは、マイナーの集中化につながり、個人によるマイニングや小規模なプールが参入するのを困難にしている可能性があります。

  4. スケールさせるのが困難ネットワークの人気が高まるにつれて、保留中のトランザクション数が増えます。PoWネットワークのブロックサイズは限られており、非常に限られた数のトランザクションしか含めることができません。トラフィックが多い期間、ユーザーはトランザクションがブロックに追加されて処理されるまで数時間、さらには数日待つことさえあります。

Ethereum2.0では、ネットワークはPoSに移行し、コインをマイニングする必要がなくなります。移行の目的は、Ethereumのスケーラビリティを向上させ、ユーザーにさらなるメリットをもたらすことです。

Proof of Stakeに移行する理由

Proof of Stakeは、新しいブロックチェーンネットワークにとって、最も人気と実績のあるコンセンサスメカニズムです。いくつかの明白なメリットがあり、特にアクセシビリティとスケーラビリティが代表例です。Proof of Stakeのデメリットは、いくつかありますが、ほとんどの人にとっては得られる利益と比較して最小限です。

報酬

デメリット

平均的なPoSネットワークユーザーは、ネットワークのネイティブトークンだけで承認プロセスに参加することができます。

権力は依然として、大規模なトークン保有者を中心に集中する可能性があります。

エネルギー集約性が低いです。

そのため、収益性の高いマイニング業界に損害を与えます。

トランザクション時間とファイナライズまでの時間が短縮されます。

これは、一部の人たちからはPoSは暗号パズルを使ってコンセンサスを生成するPoWよりもセキュリティ強度が低いと批判されています。

PoS Ethereumへの道

PoSへの移行は一度にはできません。数年にわたり、Ethereumは新しいシャード構造への移行を成功裏に開始しました。このための、ロードマップは一連のフェーズに分割できます。フェーズ構造はもはやEthereumによって公式に使用されていませんが、他のメディアアウトレットによってこのように参照されることが多いことに注意してください。

ビーコンチェーンのローンチ (フェーズ0)

フェーズ0では、すべてのEthereumシャードを管理するPoSブロックチェーンであるEthereumのビーコンチェーンがローンチされます。具体的には、バリデーターとステーキングプロセスを整理し、バリデーター委員会を作成し、コンセンサス生成を管理し、その他の重要な運用を実行します。

シャーディングの導入 (フェーズ 1)

フェーズ1では、単一のEthereumブロックチェーンを使用し、64のシャードブロックチェーンに分割します。これらのブロックチェーンは、フェーズ0で開始されたビーコンチェーンによって管理されます。しかし、時間が経つにつれて、Ethereumは代わりにThe Mergeに集中するようにます。これはシャーディング実装の前に行われます。

The Merge (フェーズ1.5)

フェーズ1.5は、The Mergeとも呼ばれ、Ethereumメインネットの状態を新しいProof of Stakeシステムにブリッジします。古いEthereumメインネットからのスマートコントラクトは、新しいEthereumネットワーク上で利用可能となり、ビーコンチェーンは、ブロック発行のメインとなります。

フェーズ2

フェーズ2では、シャードが新しいトランザクションとスマートコントラクトを作成できるようにし、完全に機能することを意味します。フェーズ2は、Ethereum 2.0のローンチから発生した問題を解決するためにフェーズ3が使用されるため、事前定義された計画を持つ最後のフェーズです。

保有しているETHへの影響

まとめると、あなたの資金は安全であり、何もする必要はありません。完全なEthereumの状態はEthereum2.0に転送されます。BinanceのEthereum2.0ステーキングプロダクトでETHをロックしたためにBETHを保持している場合は、The Merge後にすぐにETHと引き換えることができます。Vitalikは、ロック解除はThe Mergeの約6ヶ月後に行われると述べています。BETHは、ETHで1対1に固定されたラップトークンで、BinanceでETHをロックしたユーザーに配布されます。これにより、ステーキングする人は、資金がロックされている間に使用する流動性のあるETHに相当する資産が与えられました。希望するユーザーは、BETHをETHに戻すことができます。

ユーザーとコミュニティからの期待

多くの人にとって、EthereumのPoSへの移行は非常に期待されていました。ほぼすべての新しいブロックチェーンがPoSを使用しているため、Ethereumに追いつくための大きな圧力がありました。ネットワークはまた、その新しいコンセンサスメカニズムの利点と以前の制限から解放されています。PoSはより環境にやさしいため、Ethereumは以前のエネルギー使用に関連する汚名も返上します。全体として、これはブロックチェーンの世界全般のイメージを向上させるのに役立つかもしれません。

まとめ

保有者がThe Mergeについて知っておくべき重要なメッセージは、保有しているETHに関しては、何もする必要がないということです。したがって、ETHを新しいネットワークに「転送」または「ブリッジ」する必要があると誰かが言うことについては、注意してください。この重要な事実とは別に、EthereumのProof of Stakeへの移行は、ユーザーにさまざまなメリットがあるようです。