仮想通貨ホワイトペーパーとは?
目次
はじめに
ホワイトペーパーとは?
ホワイトペーパーにはどのような情報がありますか?
ホワイトペーパーが重要な理由
ホワイトペーパーの例
まとめ
参考文献
仮想通貨ホワイトペーパーとは?
ホーム
記事
仮想通貨ホワイトペーパーとは?

仮想通貨ホワイトペーパーとは?

初心者
公開済 Oct 31, 2022更新済 Nov 18, 2022
6m

概要

仮想通貨のホワイトペーパーを使用すると、プロジェクトは商品と目標を閲覧者に説明することができます。プロジェクトは提供する情報の種類を自由に選択できますが、通常ホワイトペーパーには、プロジェクトの目標と概要、トークンエコノミクス、商品、機能、およびチームに関する情報が含まれています。そのため、ホワイトペーパーは、特定のプロジェクトに関する調査を行う際の出発点として適しています。

はじめに

ホワイトペーパーは、ブロックチェーンまたは仮想通貨プロジェクトに関連する重要な情報を1つのドキュメントにまとめたものです。これは、特定のプロジェクトがどのように機能し、どのような問題を解決しようとしているかを説明する一般的な方法です。

ホワイトペーパーとは?

一般に、ホワイトペーパーは、特定のトピックや問題について読者に通知するレポートまたはガイドです。例えば、開発者はソフトウェアに関するホワイトペーパーを作成して、構築している内容とその理由についてユーザーを教育することができます。

ブロックチェーンの分野では、ホワイトペーパーは、特定の仮想通貨またはブロックチェーンプロジェクトの主な機能と技術仕様の概要を説明するのに役立つドキュメントです。多くのホワイトペーパーはコインやトークンに焦点を当てていますが、分散型金融 (DeFi) プラットフォームやPlay to Earnゲームなど、さまざまな種類のプロジェクトのものがあります。

ホワイトペーパーは、統計や図の形で重要なデータの概要を提供する場合があります。また、ホワイトペーパーでは、プロジェクトの管理構造、業務担当者、現在および将来の開発計画 (ロードマップなど) を説明することもあります。

ただし、ホワイトペーパーを作成する公式の方法はありません。各プロジェクトは自社にとって最適なホワイトペーパーを作成します。ホワイトペーパーは、プロジェクトとその目標を明確に描写するために、中立的かつ有益なものでなければなりません。ユーザーは、説得力のある言葉を提示するホワイトペーパーや、十分な情報を提供せずにあまりにも多くのことを約束したプロジェクトに常に注意する必要があります。

仮想通貨のホワイトペーパーは、多くの場合、プロジェクトのビジネスプランと考えられています。そして、それを作成するのは投資家に包括的なプロジェクトの概要を提供するためです。しかし、ビジネスプランとは異なり、ホワイトペーパーは通常、仮想通貨のローンチ前にリリースされます。したがって、ホワイトペーパーは、多くの場合、プロジェクトがそのアイデアの方向性と意図を説明する出発点です。

ホワイトペーパーにはどのような情報がありますか?

創設者は、プロジェクトの目標を理解してもらうためにホワイトペーパーを作成します。たとえば、Bitcoinのホワイトペーパーには、「電子キャッシュの純粋なピアツーピアバージョンでは、金融機関を経由せずにオンライン決済をある当事者から別の当事者に直接送金できる」と記載されています。Ethereumのホワイトペーパーでは、その目標を次のように説明しています。「Ethereumの目的は、分散型アプリケーションを構築するための代替プロトコルを作成すること」です。

ホワイトペーパーは、多くの場合、プロジェクトの実際の有用性についてのアイデアを提供します。たとえば、特定の問題をどのように解決するか、またはそれが私たちの生活の特定の側面をどのように改善できるかを説明することができます。

それでも、約束に注意することが重要です。ホワイトペーパーを作成するのは難しい作業ではありません。たとえば、2017年のInitial Coin Offering (ICO) ブームは、「革新的」なアイデアを持つ何千ものトークンを生み出しましたが、ほとんどのプロジェクトは実現できませんでした。経験則として、ユースケースに仮想通貨を加えるだけで、プロジェクトが普及して、多くのユーザーから仕様されることを意味するものではないことに注意してください。

したがって、目標と約束に加えて、ホワイトペーパーは仮想通貨が実際にどのように機能するかを示すこともできます。たとえば、説明できることの1つは、ネットワーク参加者が分散した方法で調整できるようにするために、どのようなコンセンサスメカニズムを使用するかです。

ホワイトペーパーでは、トークンバーン、トークン配分、インセンティブメカニズムなどのトークンエコノミクス要素についての詳細を提供する場合もあります。最後に、ホワイトペーパーには、プロジェクトのスケジュールをユーザーに通知するロードマップを含めて、サービスのリリースをいつ行うかを知ることができます。

ホワイトペーパーは、多くの場合、誰でも読んで、少なくとも仮想通貨またはブロックチェーンプロジェクトに関する基本的なアイデアを得ることができるよう、分かりやすいように設計されています。ただし、優れたホワイトペーパーでは、プロジェクトの能力を確認するための技術的な説明も提供されます。

ホワイトペーパーが重要な理由

ホワイトペーパーは仮想通貨エコシステムにとって重要です。それらを作成するための基準はありませんが、ホワイトペーパーはプロジェクトを調査するためのフレームワークになっています。

プロジェクトのホワイトペーパーを読んでプロジェクトの調査を開始することが一般的な推奨事項です。ユーザーはホワイトペーパーを使用して、潜在的な危険信号や有望なプロジェクトを特定できます。さらに、ユーザーはプロジェクトが元の計画と目標に対して、進捗しているかを監視できます。

ホワイトペーパーは、プロジェクトの重要な情報を公開することで、透明性と平等性を提供できます。さまざまな関係者がホワイトペーパーの恩恵を受けることができます。例えば、投資家はそれらを使用してより良い投資決定を下すことができますが、開発者はプロトコルへの参加の可能性を決定できます。同様に、アイデアに興味のある人は、それを読んだ後、特定のコミュニティに参加したいかどうかをより自信を持って決定できます。

ホワイトペーパーの例

Bitcoinのホワイトペーパー

Bitcoinのホワイトペーパーは、サトシ・ナカモトとして知られる匿名の個人またはグループによって2008年に公開されました。Bitcoinのホワイトペーパーは、「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」というタイトルです。

このホワイトペーパーでは、従来の銀行モデル以外のより効率的なお金の形として、Bitcoinをどのように使用できるかを概説しています。Bitcoinのネットワークにより、ユーザーが仲介者なしでピア・ツー・ピアネットワーク上でデジタル通貨を送信できるようにする方法についての技術的な説明を提供します。ホワイトペーパーでは、Bitcoinのネットワークが検閲や二重支払い攻撃からどのように保護されているかについても説明しています。

Ethereumのホワイトペーパー

Vitalik Buterinと呼ばれる若いプログラマーは、2014年にEthereumのホワイトペーパーを発表しました。しかし、それ以前であっても、Vitalikは2013年にブログ投稿「Ethereum: The Ultimate Smart Contract and Decentralized Application Platform」にてホワイトペーパーのアイデアを提案しました。この投稿では、十分な時間とリソースが与えられれば任意のアプリケーションを実行できる分散型コンピューターの一種であるチューリング完全ブロックチェーンのアイデアを紹介しました。

Ethereumのホワイトペーパーでは、その目的がBitcoinの目的とどのように異なるかを説明しています。Bitcoinにはデジタルピア・ツー・ピア決済を提供する特定の機能がありますが、Ethereumのホワイトペーパーでは、開発者があらゆる種類の分散型アプリケーション (DApp) を構築および展開できるようにするプラットフォームを紹介しました。これは例えば、別の仮想通貨や分散型レンディングプラットフォームである可能性があります。ホワイトペーパーでは、スマートコントラクトやEthereum仮想マシンなど、Ethereumを可能にした技術的ソリューションについても説明しています。

まとめ

最適には、ホワイトペーパーは、仮想通貨プロジェクトが何をどのように計画しているかについての必要な理解を提供する必要があります。ただし、ホワイトペーパーは規制されておらず、事実上誰でもホワイトペーパーを書くことができます。したがって、特定のプロジェクトに興味がある場合は、潜在的な危険信号とリスクを考慮して、ホワイトペーパーを注意深く分析することが重要です。

参考文献

リスク警告: デジタル資産の価格は、高い市場リスクと価格のボラティリティの影響を受けます。投資した仮想通貨の価値は上下する可能性があり、元本割れする可能性があります。お客様は、自身の投資判断に単独で責任を負い、バイナンスはお客様が被る可能性のある損失に対して、一切の責任を負いません。過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを示すものではありません。プロダクトに関連するリスクに大して、自分自身がよく理解しているもののみに投資するようにしてください。投資経験、財務状況、投資目的、リスク許容度を慎重に検討し、投資を行う前に独立したファイナンシャルアドバイザーに相談してください。また、この記事は財務や投資アドバイスとして一切解釈されるべきものではありません。詳しくは、利用規約リスク警告を確認してください