ブロックチェーンのメリットとデメリット
目次
ブロックチェーンのメリットとデメリット
ブロックチェーンのメリットとデメリット
ホーム記事
ブロックチェーンのメリットとデメリット

ブロックチェーンのメリットとデメリット

初心者
Published Dec 12, 2018Updated Mar 30, 2022
4m

ブロックチェーンのメリットとデメリット

ほとんどのブロックチェーンは、分散型デジタル台帳として機能する分散型データベースとして設計されています。このブロックチェーン台帳は、データをブロック単位で記録・保存し、ブロックは時系列に整理され、暗号証明によって連結されています。ブロックチェーン技術の誕生は、さまざまな業界で多くのメリットをもたらし、トラストレスな環境におけるセキュリティの向上を実現しました。しかし、分散型であるが故のデメリットもあります。例えば、従来の中央集権的なデータベースと比較すると、ブロックチェーンは効率性に限界があり、ストレージの容量も大きくする必要があります。


メリット


分散性

ブロックチェーンのデータは、多くの場合、ノードの分散ネットワーク上の数千のデバイスに保存されるため、システムおよびデータは、技術的な障害や悪意のある攻撃に対して高い耐性を持っています。各ネットワークノードは、データベースのコピーを複製して保存することができるため、単一障害点が存在せず、1つのノードがオフラインになっても、ネットワークの可用性やセキュリティに影響を与えないのが特徴です。

一方、従来のデータベースの多くは、1台または数台のサーバーに依存しており、技術的な障害やサイバー攻撃に対して脆弱です。

安定性

確定したブロックは取り消すことができないため、一度ブロックチェーンに登録されたデータを削除したり変更したりすることは極めて困難です。このため、ブロックチェーンは、すべての変更が追跡され、分散型公開台帳に永久に記録されるため、財務記録や監査証跡が必要なその他のデータを保存するのに最適な技術となっています。

例えば、企業がブロックチェーン技術を利用して、従業員の不正行為を防止することができます。このシナリオでは、ブロックチェーンは、企業内で行われるすべての金融取引の安全で安定した記録を提供することができます。これによって、従業員が疑わしい取引を隠すことがより困難になります。

トラストレスシステム

従来のほとんどの決済システムでは、取引は当事者同士だけでなく、銀行、クレジットカード会社、決済プロバイダーなどの仲介者にも依存しています。ブロックチェーン技術を使用する場合、ノードの分散型ネットワークがマイニング として知られるプロセスを通じて取引を検証するため、こういった仲介者はもはや必要ありません。このため、ブロックチェーンはしばしば「トラストレス」システムと呼ばれます。

したがって、ブロックチェーンシステムは、単一の組織を信頼するリスクを否定し、また、仲介者や第三者をカットすることによって、全体のコストや取引手数料を削減することができます。


デメリット


51%攻撃

Proof of WorkコンセンサスアルゴリズムBitcoinブロックチェーンのセキュリティを確保し、さらに長年にわたって非常に効率的であることが証明されています。しかし、ブロックチェーンネットワークに対して行われる可能性のある攻撃はいくつかあり、51%攻撃は最も議論されているものの1つです。このような攻撃が成功すると、ある事業者がネットワークのハッシュパワーの50%以上を支配することに成功した場合、最終的には取引の順序を意図的に除外したり変更したりすることでネットワークを混乱させることができるようになる可能性があります。

理論的には可能であるにもかかわらず、Bitcoinのブロックチェーンに対する51%攻撃が成功したことはありません。ネットワークが大きくなるにつれ、セキュリティも高まり、正直に行動した方が報酬が得られるため、マイナーが多額の資金や資源を投じてBitcoinを攻撃する可能性は極めて低くなります。それ以外に関しては、たとえ51%攻撃が成功しても、ブロックは暗号証明によってリンクされているため、短期間の最新のトランザクションしか変更できません(古いブロックを変更するには計算不可能なレベルの計算能力が必要です)。また、Bitcoinのブロックチェーンは非常に弾力性があり、攻撃された場合の対応としてすぐに新しい変更を適用させることができます。

データ変更

また、ブロックチェーンシステムの欠点として、一度ブロックチェーンにデータを追加すると、それを修正することが非常に困難であることが挙げられます。安定性はブロックチェーンの長所の一つですが、必ずしも良いことばかりではありません。ブロックチェーンのデータやコードを変更することは通常非常に困難であり、しばしばハードフォークを必要とします。ハードフォークとは、1つのチェーンを放棄し、新しいチェーンに移行することです。

秘密鍵

ブロックチェーンは、公開鍵 (または非対称鍵) 暗号を使用し、ユーザーにある仮想通貨の単位 (またはその他のブロックチェーンデータ) に対する所有権を与えるものです。各ブロックチェーンアドレスには、対応する秘密鍵があります。アドレスは共有できますが、秘密鍵は秘密にしておく必要があります。ユーザーは自分の秘密鍵がないと資金にアクセスできないので、自分自身が銀行として口座を管理するという役割を果たさないといけません。ユーザーが秘密鍵を紛失した場合、資金は事実上失われ、どうすることもできません。

非効率

ブロックチェーン、特にProof of Workを使用するブロックチェーンは非常に非効率的です。マイニングは競争が激しく、10分に1人しか勝者がいないため、他のマイナーの作業が無駄になっています。マイナーは、有効なブロックハッシュを見つける可能性を高めるために計算能力を高め続けた結果、Bitcoinネットワークが使用するリソースはここ数年で大幅に増加し、現在デンマーク、アイルランド、ナイジェリアなど多くの国よりも多くのエネルギーを消費しています。

ストレージ

ブロックチェーンの台帳は、時間の経過とともに非常に大きくなる可能性があります。Bitcoinのブロックチェーンは現在、約200GBのストレージを必要としています。現在、ブロックチェーンのサイズはハードディスクの伸びを上回っているようで、個人がダウンロードして保存するには台帳が大きくなりすぎると、ネットワークはノードを失う危険性があります。


まとめ

ブロックチェーン技術には、デメリットもありますが、ユニークな利点があり、間違いなく今後も普及し続けるでしょう。主流になるにはまだ長い道のりがありますが、多くの業界がブロックチェーンシステムのメリットとデメリットを把握しつつあります。今後数年間は、企業や政府がブロックチェーン技術の付加価値を見極めるために、新たなアプリケーションの実験を行うことになるでしょう。