Spark(FLR)とFlareネットワークとは?
目次
はじめに
Flare Networkとは?
Sparkトークン (FLR) とは?
FXRPトークンとは?
バイナンスでXRP保有者にSparkトークンのエアドロップを行う方法
まとめ
Spark(FLR)とFlareネットワークとは?
ホーム記事
Spark(FLR)とFlareネットワークとは?

Spark(FLR)とFlareネットワークとは?

中級者
Published Dec 9, 2020Updated Sep 29, 2021
4m

概要

Flareは、いくつかの固有な性質を持つ分散型ネットワークです。また、 EthereumおよびXRP Ledgerなど、ネットワーク間の双方向の橋渡しにも利用することができます。これは、XRPトークンをスマートコントラクトで使用可能にするということです。

Sparkトークンは、Flareのネイティブトークンです。供給量の一部はXRP保有者にエアドロップされます – これにはバイナンスも含まれます。バイナンスでXRPを保有しているだけで、エアドロップされたトークンのシェアを獲得することができます。


はじめに

ご存知のように、Ripple社の XRP Ledger (XRPL) は、グローバルな決済および、海外取引所ネットワークです。このユースケースのために最適化されていますが、他のタイプの機能に関しては実用性が限定されています。 
これを解決するために、Flare NetworkはXRPトークンに スマートコントラクト機能を導入しました。Sparkはこのネットワークのネイティブトークンであり、その供給量の一部は対象となるXRP保有者にエアドロップされます。入手方法について説明します。


Flare Networkとは?

Flare Networkとは、 Ethereumバーチャルマシン (EVM) を統合した分散型ネットワークです。EVMは基本的に、スマートコントラクトをコンピューターが解読できるような命令に変換します – これにより、ネットワークは チューリング完全スマートコントラクトを実行できるようになります。チューリング完全とは、実行するのに十分なメモリがある限り、事実上あらゆる計算タスクを実行できることを意味します。

これは、いくつかの強力な特性を組み合わせて、分散型アプリケーションのエコシステムが構築可能ということです。つまり、Flareは、スマートコントラクトネットワークの規模を拡大する方法を目指しています。

FlareはAvalancheというコンセンサスプロトコルを使用していますが、これはFederated Byzantine Agreement (FBA) で動作するように調整されています。FBAは、XRPLやStellarなどのネットワークで採用されているコンセンサスメカニズムです。ここでは技術的な説明は省略しますが、Flare社の コンセンサスアルゴリズムは、ネットワークのセキュリティを維持するために、 プルーフ・オブ・ステーク (PoS)のような経済的メカニズムに依存していません。 
その 経済メカニズムとは?例えば、Ethereumネットワークのether (ETH) のようなトークンを考えてみましょう。 Ethereum 2.0でプルーフ・オブ・ステーク (PoS) に完全に切り替わると、ネットワークの安全性は、トークンをステークするバリデーターに完全に依存することになります。これは、ひいては、セキュリティが トークン (およびそのステーク量)に依存することを意味します。Flareのコンセンサス・プロトコルはこれを必要としません。
しかし、なぜこれが注目に値するのでしょうか?その理由は、ネットワークトークンを他の用途に利用することができるからです – それは、セキュリティのためにトークンに 依存しているネットワークにとって危険な用途でもあります。基本的に、Flareのクリエイターによると、このデザインの選択は、セキュリティを犠牲にすることなく、トークンの汎用性を高めるものです。


Sparkトークン (FLR) とは?

SparkはFlare Networkのネイティブトークンです。その基本的なユースケースは、他のネイティブ・トークンと同様に – スパム攻撃を防止することです。トランザクションが無料になれば、無駄なトランザクションでネットワークを混雑させるスパム行為にもコストが不要になります。

さらに、Sparkトークンは以下の機能にも利用できます。

  • 分散型アプリケーション (DApps) の担保
  • オンチェーンの オラクルにデータを提供
  • プロトコルガバナンスへの参加

これら3つのコンポーネントは、Spark依存アプリケーション (SDA) と呼ばれるSparkに依存するアプリケーションのエコシステムを実現することを目的としています。SDAは、他のネットワーク上のトークンをトラストレスにすることができます – スマートコントラクトをネイティブにサポートしていないネットワークであってもです。情報の整理はできましたか?そう、ここでXRPが登場するのです。


FXRPトークンとは?

FXRPは、Flareネットワーク上のXRPトークンを信頼性の高い形で表現したものです。スマートコントラクトを通じて、XRP保有者が生成および、償還することができます。 

また、このシステムでは、参加者がSparkトークンを担保として提供し、FXRPの生成および、償還時に手数料を得ることができます。これにより、潜在的な アービトラージ機会と相まって、XRPとFXRPの1対1のペッグが維持されるはずです。
スマートコントラクトをサポートしていないネットワークでも、Flareを使用することでスマートコントラクトを実現できるという話をしましたが、FXRPがまさにそれに該当します。これにより、XRPをスマートコントラクトで使用できるようになり、中央の当事者が ラップトークンを発行する必要がなくなります。つまり、 トラストレスです。



バイナンスでXRP保有者にSparkトークンのエアドロップを行う方法

450億のSparkトークンがXRP保有者に エアドロップされます。自身の ウォレットを使用してこのトークンを請求することもできますし、バイナンスを通じてエアドロップに参加することもできます。この方法では、技術的な細かい部分はすべてお客様のために処理され、お客様はスナップショット時にバイナンスでXRPを保有するだけでよいのです。
  • Sparkのエアドロップを入手するためには何が必要なのか?
    • スナップショット時に、バイナンスでXRPを保有します。
  • スナップショットはいつなのか?
    • スナップショットは2020年12月12時00分 (UTC) に取得されます。技術的には、2020年12月12日00時00分 (UTC) 以上のタイムスタンプを保持し、最初に検証されたXRP Ledgerのインデックス番号で取得されます。
  • エアドロップされたトークンはいつ入手できるのか?
    • エアドロップされたトークンは、後日配布される予定です。
バイナンスでのSparkトークンのエアドロップに関する詳細は、こちらの ページをご参照ください。


まとめ

Flareネットワークは、スマートコントラクトをサポートしていないネットワークを拡張する新しい方法です。Flareでは、XRPをスマートコントラクトでトラストレスに使用することができます。Sparkの供給の一部は、バイナンスに登録している人を含むXRP保有者にエアドロップされます。

FlareネットワークとSparkについて、まだご質問がありますか?Q&Aプラットフォーム、 Ask Academyでは、バイナンスコミュニティがお客様のご質問にお答えします。