SKALE (SKL) とは?
目次
はじめに
SKALEとは?
SKALEの仕組み
マルチチェーン
SKALEネットワーク
SKLとは?
BinanceでSKLを購入する方法
まとめ
SKALE (SKL) とは?
ホーム記事
SKALE (SKL) とは?

SKALE (SKL) とは?

中級者
公開済 Jul 7, 2022更新済 Jul 21, 2022
5m


TL;DR

SKALEは、モジュール式で高速で安全な、潜在的に無制限の数のブロックチェーンで構成されています。SKALEはEthereumブロックチェーンと統合された方法で動作します。開発者は、DeFiプロジェクトを独自のSKALEチェーンに移行して、高スループットとゼロ、もしく非常に低いガス手数料を実現しながら、Ethereumのセキュリティを活用することができます。

はじめに

ユーザーと開発者のアクティビティが増加している人気のあるブロックチェーンは、多くの場合、速度とキャパシティが限界に達します。同時に、ブロックチェーンコミュニティがWeb3の未来を創造するためには、簡単に使用することができるユーザー体験が強く必要とされています。SKALEは、Ethereumネットワーク上の分散型アプリケーション (DApps) の指数関数的な成長をサポートするために構築されたプロジェクトの1つです。


SKALEとは?

SKALEは、スケーラブルで相互接続されたブロックチェーンで構成されるモジュラーレイヤー1およびレイヤー2ハイブリッドネットワークです。これにより、開発者はEthereumネットワークからSKALEが管理するブロックチェーンの1つにプロジェクトを移行し、最小限のガス手数料で、高いスループットを実現することができます。

Jack O'Holleran氏とStan Kladko氏によって2018年に設立されたSKALEは、ブロックチェーン分野の全体的なユーザー体験を向上させるように設計されています。そのビジョンは、すべてのユーザーがブロックチェーンアプリケーションを高速、簡単、無料で使用できるようにすることです。EVM (Ethereum仮想マシン) 互換ブロックチェーンを通じて、SKALEはNFT、ゲーム、DAppsなどの開発をサポートするための高速でガスフリーのエコシステムを構築します。


SKALEの仕組み

SKALEは、独自のコンセンサスメカニズムを実行しながら、Ethereumと統合された方法で動作します。この設計は、ETHのProof of Stake (PoS) ネットワークを利用し、SKALEと組み合わせて、高速で安全でゼロ、もしくは限りなく低いガス手数料でトランザクションを実現します。また、Web3およびDeFiアプリケーションにコストとパフォーマンスの面でメリットをもたらし、Ethereumの一般への普及のためにその能力を拡張するのに貢献します。


マルチチェーン

SKALEはマルチチェーンネットワークです。独立したブロックチェーンとして動作できるSKALEチェーンの数は潜在的に無限になる可能性があります。これらのブロックチェーンは相互運用可能でEVMと互換性があるため、ユーザーは既存のEthereumベースのスマートコントラクトをSKALEチェーンに直接デプロイし、高スループットと低遅延の恩恵を受けることができます。開発者は、SKALEチェーンを使用して、スマートコントラクト、分散ストレージの実行、ロールアップコントラクトの実行などを行うこともできます。

SKALEはまた、既存のEVM機能を変更して、より多くのスマートコントラクトのユースケースを可能にしました。たとえば、ユーザーはFileStorageスマートコントラクトを使用してSKALEチェーンをデプロイし、より大きなファイルをネットワークノード上に保存することができます。チェーン間メッセージング機能により、トークンとNFTを異なるSKALEチェーン間で転送することもできます。

SKALEでは、各ブロックチェーンは柔軟に設定を変更可能です。ユーザーは、必要に応じてチェーンサイズ、コンセンサスプロトコル、仮想マシン、親ブロックチェーン、および追加のセキュリティ対策を選択できます。ネットワークは、将来的にはEthereum以外のブロックチェーンをサポートするように成長すると予想されます。

SKALEチェーンを使用するには、開発者はEthereumのスマートコントラクトを通じて配信されるネットワークの定期登録手数料をお支払いする必要があります。手数料はバリデーターおよびSKALEコミュニティと共有されます。


SKALEネットワーク

SKALEは、分散型ノードのネットワークを利用して、プールされたセキュリティシステムを作成します。各ノードは、ストレージを含む複数のSKALEチェーンにリソースを提供し、稼働時間と遅延状況を監視し、ノード所有者にネイティブユーティリティトークンSKLの出金、入金、ステーク、または請求するためのインタフェースを提供します。ネットワークに追加された各SKALEチェーンは、セキュリティリソースを他のサイドチェーンとプールしながら、より多くのキャパシティを作成することができます。

SKALE ネットワークは、SKALEマネージャーとSKALE ノードで構成されています。SKALEマネージャーはEthereumメインネット上に存在します。これは、SKALEエコシステム内の他のすべてのスマートコントラクトへのエントリーポイントであり、SKALEチェーンの作成と破壊をサポートします。

SKALEノードは、Ethereumで一定枚数のSKLトークンをステークし、ネットワークハードウェア要件を満たすユーザーによって実行されます。ネットワークへの承認が完了すると、1つまたは複数のSKALE チェーンをサポートすることができます。SKALEマネージャーは、分散化を確実にするために、各ノードを24のピアバリデーターのグループにランダムに割り当てます。ピアはノードの稼働時間と待機時間を監査します。各ネットワークエポックの終わりに、パフォーマンスに基づいて、SKLトークンを報酬として受け取ります。

SKALEノードは、仮想化されたサブノードアーキテクチャを使用して、各ノードが複数のSKALEチェーンを同時に実行できるようにします。仮想化サブノードは、ネットワークの弾力性を容易にするために、サイズが動的になるように設計されています。仮想化されたサブノードは、SKALE EVM、SKALEコンセンサス、およびチェーン間通信の実行も担当します。


SKLとは?

SKLは、SKALEのネイティブ仮想通貨およびユーティリティトークンです。その総発行枚数は42億7,000万枚です。

SKLはERC777トークンで、ERC20規格との下位互換性があります。トークンレベルのデリゲーション、安全な方法での非管理型ステーキングをサポートしています。スマートコントラクトで資金をロックする代わりに、ユーザーはウォレットからデリゲーションキーでSKLをステークすることができます。

SKALEトークンは、SKALEチェーン定期登録を含むネットワーク上のお支払いに使用されます。トークン所有者は、SKLをバリデーターまたはデリゲーターとしてステークし、報酬を獲得することができます。バリデーターとして、ノードを実行してトランザクションを検証し、スマートコントラクトを実行し、SKALEネットワークのセキュリティに貢献することができます。これにより、SKALEチェーン定期登録から報酬としてSKLを獲得することができます。SKL保有者がデリゲーターとしてステークすることを選択した場合、バリデーターの報酬の一部のみを獲得します。

さらに、SKLはトークン所有者にSKALEネットワークのガバナンスに参加する権利を与えます。オンチェーン投票を通じて、保有者はSKALEの経済的パラメーターと将来の発展の方向性の決定に参加することができます。


BinanceでSKLを購入する方法

SKALEトークン (SKL) は、バイナンスのような仮想通貨取引所で購入することができます。

1. バイナンスのアカウントにログインし、[Trade] - [Spot] をクリックします。

2. 「SKL」を検索して、利用可能な取引ペアを確認します。この記事では、例としてSKL/BUSDを使用します。

3. [Spot] ボックスに移動し、購入するSKLの枚数を入力します。この例では、成行注文を使用します。[Buy SKL] をクリックすると、トークンがあなたの現物ウォレットに入金されます。


まとめ

DAppsの使用が増加するにつれて、SKALEは動的なマルチチェーンネットワークで指数関数的に成長する可能性を秘めています。高スループット、低コスト、低遅延のトランザクションを提供することで、SKALEはEthereumブロックチェーンにとって実行可能なスケーリングソリューションになる可能性があります。