ホーム
用語集
パーミッションレスブロックチェーン

パーミッションレスブロックチェーン

中級者

パーミッションレスブロックチェーンは、同意、許可、または承認を得ることなく、誰でもコンセンサスプロセスに参加できる自由参加型のオープンネットワークです。

パーミッションレスブロックチェーンには、主な特徴として次のものが挙げられます。

  • トランザクションの透明性

  • 匿名性

  • 中央管理機関の不在

  • オープンソースコード

パーミッションレスブロックチェーンの例には、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、BNB Smart Chain(BNB)などがあります。インターネットに接続できるユーザーであれば、誰もがットワークへの参加、トランザクションの送受信、コードの閲覧および貢献活動、ノードの操作、コンセンサスプロセスへの参加が可能です。
一方、許可型ブロックチェーンは、中央集権的な組織によって管理されるのが通常です。一般的にプライベートブロックチェーンとして知られるこのようなネットワークでは、トランザクションの検証や、分散された台帳に記録された情報とのやり取りは制限されています。プライベートブロックチェーンは通常、ブロックチェーン技術を活用しながら、規制上または競争上の理由から特定の情報を確実に非公開することを望んでいる企業組織によって利用されます。
パーミッションレスブロックチェーンでは、ネットワーク内の悪質な行為者による共謀の可能性が低減されるため、一般的に安全性が高くなります。しかし、パーミッションレスブロックチェーンにはスケーラビリティの点で難があり、トランザクション処理に比較的時間がかかります。一定時間内に検証できるトランザクションの数には、限りがあります。
まとめると、パーミッションレスブロックチェーンは非中央集権的で誰にでも開かれているものの、許可型ブロックチェーンはより中央集権的で制限がある、となります。分散化では通常、スピードとスケーラビリティが犠牲になるため、問題がないというわけではありません。