分散型科学(DeSci)とは
ホーム
記事
分散型科学(DeSci)とは

分散型科学(DeSci)とは

初心者
公開済 Mar 12, 2024更新済 Apr 18, 2024
4m

要点

  • 分散型科学(DeSci)とは、Web3技術を用いた科学研究の公共インフラストラクチャー構築を目指す活動です。

  • 従来型科学(TradSci)と比較すると、分散型科学では幅広い資金源の利用、検閲なしの提携、研究データへのオープンなアクセスが可能となります。

  • 分散型科学におけるブロックチェーン技術の活用により、科学のさらなる分散化、透明化、アクセシビリティの実現が見込まれます。

はじめに

分散型科学は、Web3技術の採用により科学研究の向上を目指して立ち上げられました。この記事では、分散型科学の概要、ユースケース、従来型科学との違いについて解説していきます。

分散型科学の概要

分散型科学(DeSci)とは、分散型技術を用いて従来型科学(TradSci)に変革をもたらすための科学研究に対する取り組みです。分散型科学では中央集権的な機関および仲介者を介せず、知識創造および普及に向けて分散型の方法を用いています。

分散型科学では、主に科学データのアクセスの拡大、査読プロセスの透明化、研究者同士の国際的な提携の推進を目指しています。また、ブロックチェーン技術を取り入れることで、参入障壁を下げる一方で科学研究に関する記録の完全性および不変性を確かなものにします。

科学分野の向上のために分散型科学が用いる方法

分散型科学では、Web3技術の採用により、従来型科学の本質的な問題に対処します。分散型科学が科学分野の向上に用いる主な方法について、以下で解説していきます。

資金の配布

分散型科学は、資金調達の方法の1つであるQuadratic Funding(クアドラティック・ファンディング)や分散型自律組織(DAO)をはじめとするメカニズムの採用により研究資金の配布の在り方に革新を起こすものです。このメカニズムにより、公平性の高い資金の配布につながります。

アクセシビリティ

分散型科学では、ブロックチェーンベースの研究リポジトリの活用により、アクセシビリティの向上につながる可能性があります。これにより、科学データおよび出版物が透明性の高い形で分散型台帳に保管されるため、アクセスのしやすさが向上します。スマートコントラクトによりデータへのアクセスが管理され、公平性および安全性の高い配布の実現につながります。

再現性

分散型科学では、トークンによる報酬やレピュテーションシステムなど、再現性を高めるための仕組みが用いられています。この仕組みのうちの1つであるスマートコントラクトにより、透明性が高く検証可能な査読プロセスが実現し、研究者による科学研究の再現性が高まります。加えて、研究結果の信頼性の向上にもつながります。

分散型科学のユースケース

学術出版

分散型科学のプラットフォームの中には、学術出版向けの分散型レポジトリを提供するものもあります。研究者はこうしたプラットフォーム上で直接科学研究の学術出版を行えるため、科学的知見に幅広くアクセスできるようになります。

研究費

スマートコントラクトにより実現する分散型の資金調達の仕組みにより、透明性の高い研究費の配布が推進されます。分散型科学では分散型ネットワークの活用により研究プロジェクトのクラウドファンディングも可能であり、科学研究の品質に基づき参加者に報酬が支払われます。

データ共有と提携

分散型科学プラットフォームでは、研究者間で安全性・透明性の高い研究データおよびリソースの共有が可能です。これにより、研究者に所有権を留保したまま、保有データのトークン化および収益化が実現できる可能性があります。

査読

ブロックチェーンベースのレピュテーションシステムにより、科学出版物の信頼性が高まります。分散型科学では、ブロックチェーン技術を活用して研究者による寄稿および査読活動の不変的な記録を作成できるため、研究者間における透明性・信頼性の高いコミュニケーションが推進されます。

分散型科学と従来型科学の比較

分散型科学と従来型科学はどちらも知識向上および現実世界の問題解決を行う存在である一方、両者には大きな違いがいくつかあります。

透明性と信頼性

分散型科学ではブロックチェーン技術によりその透明性および信頼性が向上し、科学研究に関する記録の完全性および不変性が確かなものとなります。その一方、従来型科学では一般的に中央集権的な機関を経由して研究結果の検証を行います。

アクセスのしやすさと包括性

分散型科学プラットフォームでは、科学データおよび出版物へのオープンなアクセスが可能であるため、知識へのアクセスが民主化します。従来型科学の出版モデルでは購読費用負担および参入障壁などが伴うため、研究結果の普及が制限されることが多くあります。

提携とイノベーション

分散型科学では提携が推進されるため、ブロックチェーンベースの技術を用いた研究者間における交流およびリソースの共有が可能です。従来型科学では、組織的な枠組みにより研究者は孤独な状況に陥り、提携が進まない場合があります。

資金調達と報酬

分散型科学で用いられる分散型の資金調達メカニズムにより、研究者は研究参加へのモチベーションが高まり、研究品質に基づいた報酬を獲得できます。一方、従来型科学は、資金調達の面で助成機関および組織の予算に頼る場合が多いため、効率的な仕組みとは言えません。

まとめ

分散型科学は科学分野を刷新する可能性を秘めており、研究者間における提携推進によりその発展速度の向上が見込まれます。分散型技術を活用する分散型科学では、知識へのアクセスの民主化、透明化の推進、幅広い研究分野におけるイノベーションが期待できます。

参考文献

免責事項:このコンテンツは、一般的な情報および教育目的でのみ「現状有姿」にて提供するもので、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません財務、法律、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の商品やサービスの購入を推奨するものでもありません。適切な専門アドバイザーから独自のアドバイスを求める必要があります。記事が第三者の寄稿者によって寄稿されている場合、提言されている見解は第三者の寄稿者のものであり、必ずしもバイナンスアカデミーの見解を反映したものではありません。詳細は、免責事項全文をお読みください。デジタル資産の価格は、大きく変動する可能性があります。投資した暗号資産の価値は上下する可能性があり、当初の投資額を取り戻すことができない可能性があります。投資判断についてはご自身が単独で責任を負い、バイナンスアカデミーはお客様が被る可能性のある損失に対して責任を負いません。この資料は、財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細は、利用規約およびリスク警告をご参照ください。