Bitcoin Runesとは
ホーム
記事
Bitcoin Runesとは

Bitcoin Runesとは

中級者
公開済 May 17, 2024更新済 Jul 8, 2024
6m

要点

  • Bitcoin Runesは、Bitcoinブロックチェーン上で代替性トークンの作成を実現するプロトコルです。

  • Bitcoin RunesプロトコルはBitcoinのUTXOモデルとOP_RETURNオペコードを利用したもので、Bitcoinネットワーク上での代替性トークンの作成および管理を簡素化しています。

  • Bitcoin Runesには、代替性トークンを簡単に作成でき、効率的にトークンを管理できるといったメリットがあります。

はじめに

Bitcoinのエコシステムではこれまで、代替性トークンと非代替性トークン(NFTs)の両方Bitcoinネットワーク内に取り込み発展してきました。この記事では、Bitcoin Runesのプロトコル、その仕組み、BRC-20トークンとの主な違い、その潜在的な長所について説明します。

Bitcoin Runesとは

Bitcoin Runesは、Bitcoinブロックチェーン上で代替性トークンの作成を実現するプロトコルです。同じくBitcoinブロックチェーン上で動作するBRC-20やSRC-20トークンとは異なり、Runesはよりシンプルで効率的に設計され、オーディナルプロトコルには依存しません。Bitcoin Runesは、Bitcoinブロックチェーンですでに確立されたUTXOモデルやOP_RETURNオペコードなどのモデルを採用しています。

Bitcoin Runesの仕組み

Bitcoin Runesプロトコルは、Bitcoinブロックチェーンの2つの基本的なメカニズムであるBitcoinのUTXO(未使用トランザクションアウトプット)トランザクションモデルとOP_RETURNオペコードにより動作しています。

UTXOトランザクションモデルでは、各トランザクションで生成されるアウトプットを個別のデジタル資産の一部として扱います。トランザクションを開始するには、これらのアウトプットをインプットとして使用します。UTXOモデルでは、暗号資産を各ユニットごとに追跡できます。Bitcoin Runesにおいては、各UTXOごとに異なる数量または種類のRunesが保持されることで、トークン管理が簡素化されることがその長所となります。

OP_RETURNオペコードにより、Bitcoinトランザクションに付加的情報を添付できます。このオペコードは、未使用トランザクション領域に最大80バイトのデータを追加するものです。Bitcoin RunesはOP_RETURNオペコードを使用し、トークン名、ID、シンボル、特定のアクションで使うコマンドなどの重要なデータをトークンデータに格納します。これらのデータは、BitcoinトランザクションのOP_RETURNオペコード内のRunestone(ルーンストーン)に格納されます。

Bitcoin Runeのエッチングとミンティング

新しいRuneを作成するプロセスは、エッチングと呼ばれます。エッチングでは、Rune名、シンボル、ID、供給量、分割可能性、その他のパラメーターなどの重要点を指定します。これらのデータはすべて、ブロックチェーントランザクションのOP_RETURNのアウトプットに記録されます。エッチングの過程で、クリエイターは「premine」を含められ、一般に利用可能になる前にRuneの一定数量分を自分自身に割り当てられます。

Runeがエッチングされると、オープンミントまたはクローズドミントのいずれかでミント(発行)できます。オープンミント環境では、最初のミントトランザクション作成後、誰でも新しいRuneをミントできます。一方、クローズドミント環境では、特定の期間などあらかじめ決められた条件が満たされた場合にのみ新しいトークンをミントできます。

Bitcoin RunesとBRC-20の相違点

運用モデル

Bitcoin Runesは、BitcoinのUTXO(Unspent Transaction Output:未使用トランザクションアウトプット)モデルをベースとして動作します。一方、BRC-20トークンはBitcoinオーディナルプロトコルをベースとして動作し、データは個々のsatoshi(sats)に直接添付されます。

トークンの転送

Bitcoin Runesにおいてトランザクションが発生すると、BitcoinトランザクションのOP_RETURNフィールドにデータが格納され、新しいUTXOのセットが作成されます。対照的に、BRC-20トークンの転送では、トランザクションごとに新しいインスクリプションを作成する必要があります。

トークンのミント

Runeでは、開発者は事前にミント(発行)時にオープンまたはクローズドのいずれかを選択できます。一方、BRC-20のミントはオープンミントに限定され、トークン配布に関する柔軟性は制限されています。

管理

Bitcoin RunesプロトコルはBitcoinライトニングネットワークと互換性があり、ライトニングクライアントとSPV(Simplified Payment Verification)ウォレットの両方に対応しています。BRC-20トークンでは、Ordinalsプロトコルに対応するウォレットが必要になります。

Bitcoin Runeのメリット

効率性

Bitcoin Runesは、OP_RETURNモデルを採用し、Bitcoinネットワーク上でトークンを効率的に処理できます。これは、ネットワークの混雑につながる、使用できないUTXOの作成を防ぎます。OP_RETURNコードは、最大4MBを使用できるBRC-20インスクリプションとは異なり、80バイトのデータのみ使用します。このデータ使用量の違いにより、Bitcoinネットワークの負荷が減ることとなり、そのパフォーマンスを向上させ、ネットワーク混雑のリスクを軽減します。

シンプルさ

他の選択肢と比較して、Bitcoin Runesは複数の代替性トークンをオンチェーンで直接かつより簡単に作成および管理できます。この方法は、オフチェーンデータやネイティブトークンを作成する必要がなく、過剰な「ジャンク」UTXOの生成を避けられます。このアプローチによりトークン管理が簡単になり、より幅広いユーザーによる利用が期待されます。

ユーザーベース拡大の可能性

これまでにオーディナルとBRC-20によって多くの代替性ミームコインが生み出され、より多くのユーザーがBitcoinネットワークに参加しました。Bitcoin Runesの導入開始前後の2024年4月には、暗号資産コミュニティやミームコイン支持者の間で大きな関心が集まりました。このプロトコルによるアクティビティはローンチ後は落ち着いたものの、Bitcoinにおける新しいユースケースの可能性を示しており、将来的により多くのユーザーから支持される可能性があります。

まとめ

Bitcoin Runesは、Bitcoinブロックチェーン上で代替性トークンの作成を実現するプロトコルです。UTXOモデルとOP_RETURNオペコードを採用し、Bitcoinネットワーク上でのトークンの取り扱いを効率化します。Runesは、新規トークン作成手続きを簡単にし、より多くのユーザーから支持を受ける可能性があります。

参考文献

免責事項:このコンテンツは、一般的な情報および教育目的でのみ「現状有姿」で提供するもので、いかなる種類の表明または保証もありません。財務、法律、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定のプロダクトやサービスの購入を推奨するものでもありません。適切な専門アドバイザーから独自のアドバイスを求める必要があります。記事が第三者の貢献者によって寄稿されたものである場合、表明された見解は第三者の貢献者に属し、必ずしもBinance Academyの見解を反映するものではないことに注意してください。詳細については、完全な免責事項である、こちらをお読みください。デジタル資産価格は不安定です。投資価値が上下する可能性があり、投資した金額を取り戻すことができない場合があります。投資決定についてはお客様が単独で責任を負い、Binance Academyはお客様が被る可能性のある損失について責任を負いません。この資料は、財務、法律、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細については、利用規約およびリスクに関する警告を参照してください。