BRC-20トークンとは
ホーム
記事
BRC-20トークンとは

BRC-20トークンとは

中級者
公開済 Feb 23, 2024更新済 Jun 4, 2024
5m

要点

  • BRC-20は、Bitcoinブロックチェーンのために特別に設計された代替性トークンの実験的なトークン規格です。

  • 非常に実験的な要素を含んではいるものの、BRC-20規格はBitcoinネットワーク上でアルトコインとトークン化資産の作成を実現する斬新なものとなりました。

  • この記事では、BRC-20トークンについてとその長所と短所、そしてより広範なブロックチェーン環境に与える影響について取り上げます。

はじめに

Bitcoinの従来のユースケースは一般的に資産価値の保管とされてきた中、BRC-20トークンの導入は、Bitcoinエコシステムにおける最近のイノベーションの1つとして新たな可能性を示しています。この記事では、BRC-20トークンとは何か、その長所と短所、より広範なブロックチェーン業界への潜在的な影響を探ります。

BRC-20トークン規格とは

BRC-20は、Bitcoinブロックチェーンのために特別に設計された代替性トークンの実験的なトークン規格です。代替性トークンとは、交換可能でトークンのすべての単位が同じ機能と本質的価値を持つことを意味します。

BRC-20のような規格は、Bitcoinネットワークにトークン化の概念を導入し、分散型デジタル通貨トランザクションで利用するとの従来の枠組みを超えたものです。BRC-20は、Bitcoinブロックチェーン上でアルトコインを作成するための実験的な規格と見なすこともできます。

Taproot(タップルート)とオーディナル

Taprootによるアップグレードにより、Bitcoinブロックデータの容量が増加しました。オーディナルプロトコルを実装する上で重要な役割を果たすイベントとなり、以降のBRC-20トークンの基礎を築くことになりました。

2023年1月にソフトウェアエンジニアのCasey Rodarmorによって実装されたオーディナルプロトコルの導入により、オーディナル理論に基づき個々のsatoshi(Bitcoinの最小単位)にデータをインスクリプション(刻み込む)することが可能になりました。

オーディナルプロトコルの番号付けとインスクリプションシステムにより、Bitcoinネットワーク上では代替性と非代替性トークン(NFT)の両方を作成できるようになりました。

BRC-20トークンの仕組み

2023年3月、ブロックチェーンアナリストとされるDomo(仮名)によりBRC-20トークンが作成されました。これはBitcoinブロックチェーン上での代替性トークンの作成と送信にオーディナルとインスクリプションメカニズムを利用したものです。

EthereumにおけるERC-20といった従来のトークン規格とは異なり、BRC-20トークンはスマートコントラクトに対応せず、その機能はオーディナルとインスクリプションに限定されています。ERC-20トークンがスマートコントラクトコードによって作成されるのに対し、BRC-20トークンは個々のsatoshiにJSONファイルをインスクライブして作成されます。

実験的な要素がありますが、複雑なスマートコントラクトを必要としないBRC-20規格のシンプルさは、Bitcoinネットワーク上での資産のトークン化を容易にします。

BRC-20トークンの長所と短所

長所

1. シンプルさ:BRC-20 トークンは簡単なトークン化メカニズムを採用し、複雑なスマートコントラクトを必要としません。このシンプルさにより、トークンのミントと移動が容易になり、専門的な知識なしでも、幅広いユーザーがアクセスできます。

2. ネットワークセキュリティ:BRC-20トークンは、Bitcoinブロックチェーン上のセキュリティ機能を活用し、分散型のメリット、アルゴリズム技術、proof of workのコンセンサスメカニズムから恩恵を受け、ネットワーク上でのセキュリティが保証されます。

3. 潜在的成長力:実験的な要素があるにせよ、BRC-20規格を採用するプロジェクト数は増加しています。Bitcoinネットワークでより多様で広範なユーザーベースが確立されれば、開発者、投資家、ユーザーを魅了し、さらなる開発とイノベーションが促進されることになります。

短所

1. スマートコントラクト機能の欠如: ERC-20などの他のトークン規格とは異なり、BRC-20にはスマートコントラクトに対応していません。この機能的制約は、非効率的でユースケースを制限してしまう可能性があります。

2. Bitcoinブロックチェーンへの依存:BRC-20はBitcoinのブロックチェーンに依存し、ネットワークの仕様による制約を受けます。低いスケーラビリティ、遅いトランザクション速度、高いトランザクション手数料といった問題点が顕著になり、BRC-20トークンの効率性が問題になるかもしれません。

3. 相互運用性の限界: BRC-20はBitcoinエコシステム専用に設計され、他のブロックチェーンシステムや暗号資産ウォレットとの相互運用の点が問題となり得ます。

4. 限られた実用性:BRC-20は主に非代替性資産のトークン化のために設計されているため、非代替性資産や複雑なトークン機能の実装には適していません。

5. ネットワーク上の混雑:BRC-20トークンとBitcoin NFTはネットワークでの混雑を引き起こしており、しばしば承認時間の遅延と取引手数料の上昇を引き起こしています。

BRC-20トークンの展望:将来性と課題

この規格まだ実験的な要素が強いにせよ、その普及と利用の拡大は中長期的な成長の可能性を見せるものとなっています。BRC-20トークンを採用するプロジェクトの増加は、新しいユースケースと革新的な商品をBitcoinブロックチェーンにもたらし、Bitcoinブロックチェーンを再構築する可能性もあります。

しかし、ネットワークの混雑、スケーラビリティの懸念、スマートコントラクト機能の不在といった課題がBRC-20の普及の障害となる可能性があります。このような課題を克服するため、開発者はBitcoinレイヤー2やその他のスケーラビリティソリューションの利用を模索しています。

まとめ

BRC-20トークンは、Bitcoinブロックチェーン機能の拡張という点で注目に値します。オーディナルプロトコルは、Taprootアップグレードと併せ、Bitcoinの代替性トークン開発へとつながりました。これはBitcoinネットワーク能力の限界に対する従来の見方に対する新たな挑戦と言えます。BRC-20トークンは、シンプルさ、互換性、安全性を実現している一方、上述の制約があることはあくまでも実験的なプロジェクトである印象を拭い去れないのが現状と言えます。

参考文献

免責事項:このコンテンツは、一般的な情報提供および学習素材としてのみの目的で「現状有姿」にて提供するもので、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の商品またはサービスの購入の推奨を意図したものでもありません。適切な専門的顧問に独自に助言を求めるようにしてください。記事が第三者の寄稿者によって寄稿されている場合、提言されている見解は第三者の寄稿者のものであり、必ずしもバイナンスアカデミーの見解を反映したものではありません。詳細は、こちらの免責事項全文をお読みください。デジタル資産の価格は、大きく変動する可能性があります。投資した暗号資産の価値は上下する可能性があり、当初の投資額を取り戻すことができない可能性があります。投資判断についてはご自身が単独で責任を負い、バイナンスアカデミーはお客様が被る可能性のある損失に対して責任を負いません。この資料は、財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細は、利用規約とリスクに関する警告をご参照ください。