ハンマー・ローソク足パターンで取引する方法
目次
はじめに 
ローソク足チャートの仕組み
ハンマー・ローソク足とは?
強気なハンマー
弱気ハンマー
 ハンマー・ローソク足のパターン を使用して、 トレンドが反転する可能性を見抜く方法
 ハンマー・ローソク足パターンの長所と短所
ハンマー・ローソク足と同時線: 何が違うのか?
まとめ
ハンマー・ローソク足パターンで取引する方法
ホーム記事
ハンマー・ローソク足パターンで取引する方法

ハンマー・ローソク足パターンで取引する方法

中級者
公開済 Mar 25, 2022更新済 Jun 29, 2022
5m

概要

ハンマー・ローソク足パターンは、テクニカル分析で最もよく使われるパターンの1つです。仮想通貨だけでなく、株式、指数、債券、FX取引でも使用されています。ハンマー・ローソク足は、価格行動のトレーダーが強気または弱気のトレンドの後に潜在的な反転を見つけるのに役立ちます。これらのローソク足のパターンは、前後関係と時間軸によって、下降トレンドの終わりにおける強気の反転や上昇トレンドの後の弱気の反転を示唆することがあります。他のテクニカル指標と組み合わせることで、ハンマー・ローソク足はトレーダーにロングとショートの良いエントリーポイントを与える可能性があります。

強気な ハンマー・ローソク足 には、 下降トレンド の後に現れるハンマーと逆ハンマーがあります。ハンマー・ローソク足 の弱気なバリエーションには、上昇トレンドの後に発生する 首吊り線 や 流れ星 があります。


はじめに 

ハンマー・ローソク足は、様々な金融市場で有効なパターンです。これは、トレーダーが値動きを見るときに、結果の確率を測るために使用する最も一般的なローソク足パターンの1つです。

ファンダメンタルズ分析やその他の市場分析ツールなど、他の取引手法と組み合わせることで、ハンマー・ローソク足パターンが取引機会への考察を与える可能性があります。この記事では、ハンマー・ローソク足のパターンとは何か、どのように読み取るかを説明します。



ローソク足チャートの仕組み

ローソク足 チャートでは、選択した時間軸に従って、すべてのローソク足が1つの 期間 を表します。日足チャート を見ると、1本のローソク足が1日の取引活動を表しています。4時間足チャートを見ると、すべてのローソク足が4時間の取引を表しています。

各ローソク足には、ローソク足本体を形成する 始値と 終値 があります。また、 ヒゲ (または影) があり、その期間内の 最高値と 最安値を示しています。
ローソク足チャート に初めて触れる方は、まず ローソク足チャートに関する初心者ガイドを読むことをお勧めします。


ハンマー・ローソク足とは?

ハンマー・ローソク足は、ローソク足が 小さなボディ と長い 下部のヒゲを示すときに形成されます。ヒゲ (または影) は、少なくともローソク足本体の2倍の大きさが必要です。長い 下降影 は、売り手が価格を押し下げた後、買い手が 価格を押し戻したことを示します。

下図は 始値  (1)、 終値  (2)、そしてヒゲまたは影を形成する高値と安値 (3)です。


強気なハンマー

ハンマー・ローソク足のパターン

強気の ローソク足 ハンマーは、 終値 が 始値を上回ったときに形成され、その取引期間の終了前に買い手が市場を支配していたことを示唆します。


逆ハンマー・ローソク足パターン

逆ハンマーは、 始値 が 終値より下にあるときに形成されます。ボディーの上の長いヒゲは、価格を押し上げようとする 買い圧力 があったことを示唆するが、ローソク足が閉じる前に結局は引きずり戻された。通常の ハンマー・ローソク足ほど 強気 ではありませんが、逆ハンマーも 下降トレンドの後に出現する 強気の反転パターン です。


弱気ハンマー

首吊り線ローソク

弱気のハンマー・ローソク足は、 首吊り線として知られています。 始値 が 終値を上回ったときに発生し、赤いローソク足となります。弱気ハンマーのヒゲは、市場が 売り圧力にさらされたことを示し、 下降への反転の可能性 を示唆しています。


流れ星ローソク足

弱気の逆ハンマーは、 流れ星ローソク足と呼ばれます。通常の逆ハンマーと同じように見えますが、 強気 ではなく弱気の反転の可能性を示しています。つまり、 流れ星 ローソク足は、 上昇トレンドの後に発生する逆ハンマーみたいなものです。 始値 が 終値を上回ったときに形成され、ヒゲは上昇相場が終焉を迎える可能性を示唆します。


 ハンマー・ローソク足のパターン を使用して、 トレンドが反転する可能性を見抜く方法

強気ハンマー・ローソク足弱気トレンドの時に出現し、下降トレンドの底を示し、価格反転の可能性を示します。下の例では、強気のハンマー・ローソク足 (画像: TradingView )が表示されています。


弱気ハンマー・ローソク足は、首吊り線流れ星のいずれかになります。これは、 強気 トレンドの後に現れ、下降トレンドに 反転する可能性 を示している。下の例では、 流れ星 (画像: TradingView )が表示されています。

そのため、ハンマー・ローソク足をトレードで使用するには、前後の ローソク足との位置関係を考慮する必要があります。 反転パターン は前後関係によって破棄されるか、確認されることになる。それでは、それぞれのハンマーの種類を見てみましょう。


 ハンマー・ローソク足パターンの長所と短所

どのローソク足のパターンにも長所と短所があります。結局のところ、どんなテクニカル分析ツールや指標も、どんな金融市場でも100%の利益を保証することはできないのです。ハンマー・ローソク足チャートのパターンは、移動平均、トレンドライン、RSI、MACD、フィボナッチなど、他の取引戦略と組み合わせると、より効果的に機能する傾向があります。

強み

  • ハンマー・ローソク足 のパターン は、あらゆる金融市場で トレンドの反転 を見極めるために利用することができます。

  • ハンマーパターンは、複数の時間軸で使用できるため、スイングトレードとデイトレードの両方で有効です。

弱み

  • ハンマー・ローソク足のパターンは 前後関係に依存します。また、 トレンドの反転 が起こるという保証はありません。

  • ハンマー・ローソク足のパターン は、それ自体ではあまり信頼できません。トレーダーは常に他の戦略やツールと組み合わせて、成功の確率を高める必要があります。


ハンマー・ローソク足と同時線: 何が違うのか?

同時線 は体のないハンマーみたいなものです。同時線  ローソク足は同じ値段で開き、同じ値段で閉じます。ハンマー・ローソク足が価格反転の可能性を示すのに対し、同時線は通常、統合、継続、または市場の優柔不断を示唆します。同時線ローソク足は中立的なパターンであることが多いが、状況によっては強気または弱気のトレンドに先行することもあります。

トンボ同時線は、胴体のないハンマーや首吊り線のように見える。 


 塔婆 とは、逆ハンマーや 流れ星に似ている。

それでも、ハンマーや同時線は、それだけでは多くを語りません。市場のトレンド、周囲のローソク足、取引量、その他の指標など、常に前後関係を考慮する必要があります。


まとめ

ハンマー・ローソク足は、トレンドの反転を見極めるのに有効なパターンですが、このパターンだけでは必ずしも売買シグナルにはなりません。他の取引戦略と同様に、ハンマー・ローソク足は他の分析ツールやテクニカル指標と組み合わせることで、より有効な取引となります。

また、トレードの報酬比率を考察しながら、適切なリスクマネジメントを行う必要があります。また、ボラティリティが高い瞬間に大きな損失を出さないように、ストップロス注文を利用する必要があります。