NFTの発行方法
NFTの発行方法
ホーム記事

NFTの発行方法

初心者
Published Apr 27, 2021Updated Jul 9, 2021
9m


概要

自分でNFTを作成したい場合は、バイナンススマートチェーン(BSC)ではじめるのが良いでしょう。BSCは手数料が安く、トランザクション時間も短く、そしてNFTコミュニティはどんどん成長しています。

BSC上には多くのプラットフォームが存在しますが、JuggernautとBakerySwapはお試しいただくのに最も安く、シンプルなプラットフォームです。NFTの情報を入力し、デジタルアートやファイルをアップロードして、マイニング手数料を支払うだけで発行することができます。NFTを販売したい場合は、すぐにたくさんのBSC NFTマーケットプレイスで出品することができます。


はじめに

最近のNFT(非代替トークン)の流行を知らない人はいないでしょう。セレブ、デジタルアーティスト、そしてクリエイターはすべて、自分の作品をブロックチェーン上に乗せる準備をしています。

最近では、絵画や歌だけでなく、コレクター向けのNBAトレーディングカードまでNFTとなっており、NFTの可能性は無限大といえます。NFTはクリエイティブな作品の真正性と所有権を証明するのに適した方法です。

もしも、本当に才能がある(または運が良い)場合、NFTで稼ぐこともできます。デジタルコレクションレコードや一点ものの絵画のようなものだと思ってください。あなたのNFTに対して、需要が大きければ、価格は急騰するかもしれません。ビジュアルアーティストのBeepleの「Everydays: the First 5000 Days」というNFTが、6,900万ドル以上で販売されたことを聞いたことがあるかもしれません。

Beeple以外のアーティストも、ブロックチェーンベースのマーケットプレイスで自分の作品のNFTを販売しています。それらのアーティストの作品も次々に販売されています。


NFTを発行する前に

独自のNFTを発行するには以下が必要です。

  • 曲、絵画、コレクション
  • 発行手数料を支払うのに十分な仮想通貨
  • 仮想通貨を管理するためのウォレット
また、非代替トークンを発行するブロックチェーンを選択する必要があります。これについての詳細は後で説明します。

NFTとは?

NFTを発行したいとして、そもそもNFTを正確に理解できていますか?最も基本的な説明としては、NFTは何かユニークで、収集可能、かつ複製できない何かを表す仮想通貨の一種です。

NFTをわかりやすく例えるとレアで、輝いているポケモンカードです。ポケモンカードは誰でも簡単にプリントアウトでき、本物とほとんど変わらない外観の物を作ることもできます。しかし、それはコレクターから見たら同じではないのです。

私たちは輝いているポケモンカードをその独自性と真正性で評価しています。これはNFTでも同じです。もちろん、NFTに関連するイメージや収集物をダウンロードすることはできますが、それは実際の所有権は信頼性を表すものではないです。

数量が限定されているNFTであっても、同じものは1つもありません。シリーズの中のシリアルナンバー1番は、他のユニットよりも価値が高くなるかもしれません。

NFTブームの起源を知るには、CryptoKittiesやCryptoPunksについて学ぶことで知ることができます。これらは、Ethereumネットワーク上で、最初に大流行したデジタル・コレクション・プロジェクトの代表的なものです。


どんなものがNFTになるのか?

NFTは何を表現できるのか、というのが大きな疑問です。デジタルアイテムだけなのか、それとも現実世界の芸術作品も表現できるのでしょうか。まだ、一般的ではないですが、コレクションをNFTで表すことができます。このような場合、NFTを含むウォレットの秘密鍵は、通常、作品に内蔵されているか、一部として提供されています。

Christie'sでは、ブロックチェーンにインスパイアされた物理的なNFTアート「Block 21 (北緯42.36433°、東経71.26189°) 」(Portraits of a Mindより)を、OpenDimeハードウェアウォレット上のNFTと関連づけてオークションにかけたこともあります。

 

しかし、デジタルアート作品、楽曲、GIF、動画などに、独自のNFTが存在する場合の方が圧倒的に多いです。ゲーム内のコレクションでさえ、NFTとステーキングに利用できる商品として表現することができます。クリプトアートとNFTは1つのフォーマットに限定されたものではないため、新しく独自のNFTを発行する場合の制限はありません。

NFTを使用するのに特定のウォレットが必要ですか?

この質問に対する回答としては、トークンを発行するネットワークで使用可能な適切なウォレットを用意する必要があります。幸いなことに、現在では、多くのウォレットがEthereumとバイナンススマートチェーンの両方をサポートしているため、それほど大きな違いはありません。この2つのブロックチェーンはNFTで最も一般的に利用されています。

ここで最も重要なことは、発行しようとしているトークンがどのブロックチェーンネットワーク上で発行されているのかを確認することです。Ethereumトークンの場合は、Ethereumをサポートしているウォレットが必要です。Tezosの場合は、Tezosをサポートしているウォレットが必要です。

単純な話にすると、バイナンスアカデミーとしてはMetaMask、もしくはTrust Walletの使用を推奨します。この2つの仮想通貨ウォレットは幅広いブロックチェーンをサポートしています。しかしながら、自分のトークンが発行されているブロックチェーンをそのウォレットがサポートしているかは、必ずしっかりと確認するようにしてください。


どのブロックチェーンを使用するべきでしょうか?

NFTを発行する場合、選択できるブロックチェーンの数はたくさんあります。現在、皆さんがご存知のようにEthereumネットワークは、非代替トークンを提供する最初の主要なブロックチェーンでした。NFTに対応しているブロックチェーンとしては、バイナンススマートチェーンPolkadotTronTezosなどがあります。
現在、ほとんどのNFTはEthereum、もしくはBSC上にあります。しかし、Ethereum上のガス手数料が高騰したことで、NFTの発行と取引には大きなコストが発生しています。Binance Smart Chainははるかにコストが低く、トランザクションのスピードも速いというメリットがあります。NFTにはたくさんのマーケットプレイスやプロジェクトが存在しており、買い手となりうる人々が大勢います。


NFTの発行にはどのプラットフォームを使用することができますか?

NFTを発行するためのプラットフォームを選ぶには、個人的な選択と使用したいブロックチェーンが重要になります。多くのBSCプロトコルでは、NFTはBEP-721トークンとして作成されるため、どのプラットフォームを選択しても技術的な違いはありません。

その後、簡単に自分の発行したトークンを取引したい場合は、よく使用しているマーケットプレイスが存在するプラットフォームを選択するのが一番良いでしょう。こうすると、発行後に別のところにNFTを移転させる必要がありません。

使いやすさの観点から、バイナンスアカデミーとしては、BakerySwapJuggerworldTreasurelandを推奨します。これら3つのBSCプロジェクトは、いずれもシンプルなインターフェースを持ち、NFTを発行するための手数料も安いです。BakerySwapは最大のNFTマーケットプレイスを持っているため、発行後にNFTを販売したい人にとっては最良のプラットフォームです。Juggernautでは、オーナーが自分のNFTを販売するたびにロイヤリティを設定することができ、Treasurelandでは、無料でNFTを発行することができます。Ethereumを使用したい場合は、最も人気のあるオプションの2つとして、OpenSeaかRaribleを検討しましょう。


NFTをBSCマーケットプレイスから別のマーケットプレイスに移転することができますか?

新しいプラットフォームが、発行したトークンの種類をサポートしている限りは、マーケットプレイス間で簡単にNFTを移転させることが可能です。BSC上のマーケットプレイスや取引所の大半はBEP-721とBEP-1155トークンの両方をサポートします。これらは、BSCのNFTの中でも最もよく見かけるタイプです。

できないことは、他のブロックチェーン上のマーケットプレイスに直接NFTを移転させることです。例えば、OpenSeaはネイティブにはバイナンススマートチェーンをサポートしていません。トークンをラップすることで移転自体は可能ですが、NFTを発行したブロックチェーン上で安全に管理することを推奨します。

NFTを他の取引所に移転するには、それらをまずは自分のウォレットに送りましょう。安全なウォレットに移転させたら、後は新しいプラットフォームの正しい入金アドレスに送るだけです。ウォレットと移転先となるプラットフォームがあなたのNFTトークン規格をサポートしているかは、常に慎重に確認してください。


BakerySwap上でのNFT発行方法

BakerySwapでは、開始から終了まで5分以内にNFTを発行することができます。ただ、発行手数料のお支払いに必要なBNB(記事執筆時点では0.01BNB)と、BNBを管理するためのウォレットを用意してください。

発行手数料はBNBの価格に基づいて、変化する可能性がある点はご留意ください。まだウォレットを持っていない場合は、モバイルユーザーにはTrust Walletを、デスクトップユーザーにはMetaMaskを推奨します。

BakerySwapでは、以下のデータをNFTとして発行することができます。

  • 写真
  • GIF
  • ビデオ
  • オーディオ

次の手順で、BakerySwapでNFTを発行することができます。

1. まず、BakerySwap NFT Marketplaceにアクセスし、画面右上からウォレットを接続します。

2.ウォレットの接続後、NFTの作成を開始するために[作品発行]をクリックしてください。


3. 発行したいデータに関しての必要事項をすべて入力してください。


4. NFTの詳細の下にある[+]アイコンをクリックして、ファイルをアップロードします。また、その時点での発行手数料は「盗作防止宣言」の下から確認できます。


5. 入力内容を確認し、データのアップロードが完了したら、盗作防止宣言に同意した上で[発行]をクリックしてください。


6.MetaMaskを使用している場合は、発行手数料のお支払いを承認するウィンドウがポップアップします。


7.お支払い完了後、BscScanでブロックチェーン上の自分のNFTを確認することができます。これで、自由に移転や取引ができるようになりました。


JuggerworldでのNFT発行方法

JuggerworldはJuggernautというBSCプロジェクト上のNFTマーケットプレイスです。NFTプラットフォームの提供に加えて、JuggernautにはJuggerSWAPと呼ばれるAMMやJuggerDRAWという抽選もあります。NFTを作成する際には、シングルトークン(BEP-721)またはシリーズ(BEP-1155)のいずれかを選択することができます。

BakerySwapのように、GIF、写真、オーディオ、ビデオを含むNFTを作成することができます。また、Juggerworldでは、所有者がNFTを売却した際に、クリエイターが得られるロイヤリティ金額を設定することができます。

1. Juggerworld NFT Marketplaceにアクセスし、ウォレットと接続してから、[作成]ボタンをクリックしてください。


2. これで、NFTを1個だけを発行するか、複数のNFTを発行するかを選択できるようになります。


3. NFTの詳細を入力後、[今すぐ作成]ボタンをクリックしてください。使用しているウォレットによっては、ポップアップが表示され、発行のためのガス手数料のお支払いが求められるでしょう。


Treasureland上でのNFT発行方法

Treasurelandは、分散型金融(DeFi)プロトコルとNFTエコシステムに取り組むBSCプロジェクトのDego Financeの一部を構成するNFTマーケットプレイスです。Treasurelandでは、NFTの購入者が発行手数料を支払うため、作成者は無料でNFTを発行することができます。

現状、Treasurelandではユーザーは写真とGIFのNFTしか発行できませんが、シングルNFT、シリーズを選択して、クリエイターのロイヤリティを設定することができます。

1. まずはTreasureland Createに行き、自分のウォレットを接続してください。

2. 次に、NFT発行ページに行き、そこにNFTの全詳細を入力して、写真かGIFをアップロードしてください。


3. なお、Treasurelandでは、NFTを発行する前にロイヤリティが10%に固定されています。


4. これでNFTを表示したり、販売したりすることができます。移転する場合には、発行手数料のお支払いが必要です。


NFTを移転する方法

NFTを発行、もしくは購入した場合、自分のウォレットから直接誰かに移転することができます。ウォレットにNFTセクションがある場合、任意のNFTを選択して、移転させるためのオプションをクリックするだけです(Trust WalletとMetaMaskはどちらもこの機能を提供しています)。

NFTの受取人は、送ろうとしているトークンの種類に対応した正しい入金アドレスを提供する必要があります。Ethereumネットワーク上にERC-721のNFTを持っている場合、受取人はウォレットのEthereumのERC-721規格に対応した入金アドレスを伝える必要があります。


NFTの所有権や売却益を他の人と共有することはできますか?

コラボレーションに関しては、現状ではNFTには少し問題があります。最も一般的なタイプのNFT(ERC721、ERC1155、BEP721、BEP1155)では、所有者は1人だけです。

ただし、一部のプロジェクトでは、初回販売時の収益を複数のウォレットに分割できるようにする計画もあります。この機能はトークンのコードには組み込まれておらず、利用している取引所やマーケットプレイスに依存しています。利用する取引所で、NFTの売却額を分割できるかどうかを確認することをお勧めします。


まとめ

非代替トークンエコシステムは急速に成長していて、どんどん簡単に使用できるようになっています。自分でNFTを発行したいと思っている人にとって、そのプロセスは非常にシンプルです。NFTを作成したい人も、購入したい人も、売却したい人も、あなたが使用することができるプロジェクトがあるはずです。それでは、NFTの発行を楽しみましょう!