ホーム
用語集
準備金の証明

準備金の証明

中級者
準備金の証明とは、暗号資産取引所がユーザーのために保管している資産を指します。取引所がユーザーの資産を1対1の割合でカバーするのに十分な資金を維持していることを証明するものです。

準備金システムでは、取引所の準備金は預託された合計金額(またはそれ以上)を保管するべきとされます。この基準を満たせば、取引所は「完全な裏付け」があると言えます。ただし、取引所はある資産を別の資産で代替することはできません。例えば、ユーザーが1 bitcoinを入庫した場合、取引所は他の暗号資産ではなく、少なくとも1 bitcoin分の準備資産を増やさなければなりません。また、数字合わせのために、自社資産を流用することも許されません。

準備金の目的は、暗号資産エコシステムの透明性と安全性を高め、ユーザーを保護することです。準備金の審査では、暗号理論を用いてすべてのユーザーの残高がカバーされていることを検証します。適切に準備金検証を確実に行う方法には、マークルツリーとzk-SNARKの利用が挙げられます。取引所はサードパーティのサービスを利用して、準備金が操作されていないことを証明することもできます。

準備金の証明は、例えば取引所が預託された資産を融資したり、預託金を投資に使用することなど、取引所がユーザー資産を流用して収益を上げる行為を阻止するものです。

準備金の証明により、暗号資産取引所がユーザーの預託資金全額を保有していることを誰もが証明できます。そのため、これらの残高を不正に扱えば取引所に対するユーザーからの信頼の喪失や事業の継続性に影響が出るため、取引所は当然のこととして誠実に対応することになります。

すべてのバイナンスユーザーは、最新の準備金の証明の検証においてご自身のバイナンスアカウントが含まれていることを自分自身で検証できます。この検証は、バイナンスアカウントから直接行えます。