ホーム
用語集
フォーク

フォーク

初心者
「フォーク」とは、ブロックチェーンネットワークの分岐を指します。フォークが行われると、ブロックチェーン上のトランザクションを検証するノードオペレーター側で最新バージョンのプロトコルへのアップグレードが必要になります。各ノードがブロックチェーンのコピーを持つことになり、新しいトランザクションがその履歴と矛盾しないことを保証します。

フォークには、ソフトフォークとハードフォークの2種類があります。どちらの種類のフォークもブロックチェーンの取引履歴を分岐させるものですが、その方法とネットワークへの影響は異なります。ソフトフォークとは、ブロックチェーンへのソフトウェアアップグレードの適用となります。ネットワーク上のほとんどのノードが当該アップグレードを採用する限り、チェーンが2つに分岐することはありません。

ハードフォークとは、後方互換性のない形でブロックチェーン・プロトコルが変更されることを意味します。ネットワークを運用し続けるには、すべてのノードがシステムを最新バージョンにアップグレードしなければなりません。新しいルールに対するコンセンサスが一致しない場合、それまで1つだったものが2つの異なるブロックチェーンに分割されることになり、その時点からそれぞれのトランザクション台帳が個別に進行することになります。

ソフトフォークは後方互換性があるため、ハードフォークに比べより慎重で安全な選択肢だと考えられています。つまり、ノードが新しいプロトコルバージョンにアップグレードしなくとも、まだそのチェーンを有効なものとして扱えます。ソフトフォークでは、ブロックチェーンが採用しているルールを変更することなく、新しい機能や特徴を追加できます。この種のフォークは、プログラミングレベルで新機能を実装するためによく使用されます。

ハードフォークの一例には、EthereumとEthereum Classicの分岐が挙げられます。このフォークは、DAOハッキング後のトランザクション取り消し判断における意見の相違によって起こりました。一方、2017年8月に稼働したBitcoinのSegWitサイドチェーン統合は、ソフトフォークの例となります。

フォークは、ブロックチェーンネットワークと参加しているユーザーに大きな影響を与えます。新たな暗号資産の誕生、既存のトークンの価値への影響、ネットワークのガバナンス体制の変化などにつながり得ます。

投稿を共有
アカウントの登録
今すぐBinance Accountを開設して、知識を実践してください。