ホーム
用語集
Ethereum仮想マシン(EVM)

Ethereum仮想マシン(EVM)

初心者

Ethereum仮想マシン(EVM)は、ブロックチェーンネットワークのエコシステムの計算機能の中核を担うチューリング完全・プログラマブルマシンです。EVMは、使用してアプリケーションをホストし実行する、分散型スーパーコンピュータと見なすことができます。

EVMの主な役割は、スマートコントラクト(複雑なトランザクションや分散型アプリケーション(DApps)の実装を容易にする自己実行型コードセグメント)の実行になります。これらのスマートコントラクトは主に、プログラミング言語であるSolidity(ソリディティ)で記述されます。Solidityで記述されたプログラムは、バイトコードにコンパイルされます。EVMはこのバイトコードを解釈し、スマートコントラクト内で指定されたタスクを実行します。

EVMの大きな特徴の1つは、その分離された環境となります。この設計では、ネットワークプロセスやファイルシステムなどの外部要素がEVM内のコードに影響することがありません。このセーフガードにより、外部からの妨害を受けることなく、シームレスにプロセスが実行されます。

しかし、EVMの革新性ゆえ、課題がないわけではありません。特に懸念されるのは、ガス代と呼ばれる予測不可能なトランザクション手数料です。これらの手数料は、コントラクトの複雑さや、ネットワークの混雑状態によって変化します。そのため、開発者や事業者としてはサービス価格を戦略的に調整する必要があります。
EVMはもともとEthereumによって導入されたものの、その影響はその起源を超えて大きく発展しています。BNB Chain、Avalanche、Fantom、PolygonなどのチェーンではEVMとの互換性を実現し、開発者にスマートコントラクト向けの環境を用意しています。
もっと知る:Ethereumとその仕組み
投稿を共有
アカウントの登録
今すぐBinance Accountを開設して、知識を実践してください。