勝率

初心者

金融市場において、トレーダーがどれだけ利益を上げているかを示す指標の一つに勝率があります。典型的にはデイトレードで用いられ、トレーダーが自分自身の取引戦略を評価する重要な指標となっています。勝率では、一定期間に行ったすべてのトレードのうち利益の出たトレードの数が示されます。

例えば、合計10回トレードし、そのうち7回のトレードで利益が発生した場合、勝率は70%(7÷10)となります。勝率の計算は、常に利益の出たトレード数をトレード総数で割って計算します。勝率を計算することで、トレーダーは自分の戦略が機能しているかを判断できます。

勝率と勝敗率

勝率に加え、勝敗率もパフォーマンスの分析に利用されます。勝率とは異なり、勝敗比率は損失に終わったトレードの数に対する収益の上がったトレード数を考慮します。

たとえば、合計20回の取引で、12勝8敗となったとします。勝敗率は1.5(12÷8)になります。一方、勝率は60%(20÷12×100)になります。ただし、先ほどの例と同様、勝敗率が1.0より大きくても必ずしも利益が出ていることが保証されるわけではありません。

勝率の限界

勝率が高いからといって、必ずしも利益が出るとは限りません。利益が出るかどうかは他の要因に左右され、その一つにリスク対リワードの比率があります。勝率が高くても、ストップロスが大きすぎれば、利益が出ない可能性があります。これは事実上、回数としては少ないながらも大きな損失が、多くの小さな利益を打ち消すことを意味します。逆のケースも考えられます。

勝率の活用

過去のトレードから、簡単に勝率を知ることができます。これをもとに将来の取引に適したリスクリワードレシオ(損益率、ペイオフレシオ)を簡単に把握できます。

勝率の高いトレーダーであれば、リスクリワードレシオを低くして収支を合わせることを目指せます。勝率の低いトレーダーであれば、リスクリワードレシオを高くしないと収支が合いません。

高い勝率を好むトレーダーの場合、リスクリワードは低くなります。この場合、国債(財務相債権)への投資など、リスクの低い投資に向いているかもしれません。

詳細は、リワード / リスクレシオ(損益率)についての記事をご覧ください。


投稿を共有
アカウントの登録
今すぐBinance Accountを開設して、知識を実践してください。