Beacon Chain

初心者
Beacon Chainは、コンセンサスロジックを採用したEthereumのproof-of-stake(PoS)型ブロックチェーンの名称です。ステーカーに対して報酬を提供し、ネットワークの検証と安全確保する合意メカニズムを実装します。
Beacon Chainは2020年12月に稼働し、Ethereumのトランザクション性能を向上させる一連の主要なアップグレード(総称としてEthereum 2.0)の最初のプロジェクトになります。
Beacon Chainは、元来のEthereumとproof-of-workネットワークと平行して稼働する独立したネットワークでしたが、The Merge(マージ)と呼ばれるイベントでEthereumメインネットに接続されました。
Merge後、以前Ethereumの合意メカニズムであったproof-of-work(PoW)から、PoSに恒久的に移行しました。Beacon Chainのネットワーク検証に興味があれば、ether(ETH)をステーキングすることで参加できます。ネットワークを保護するバリデーターは、データの保存、トランザクションの処理、ブロックチェーンへの新しいブロックの追加を担当します。
Ethereumのエコシステムにおいて、ブロック作成はマイニング経由では実施されなくなり、マイナーの存在はいずれは廃れていくことになります。さらに、トークンはマイニング報酬の形で発行されず、ETHの発行数量が約90%減少すると予測されています。
Beacon Chainには、The Merge、The Surge、The Verge、The Purge、The Splurgeとしてスケーリングソリューションのロードマップが用意されています。この一連のソリューションは、Ethereumの創設者であるVitalik Buterinが提唱したスケーラビリティのトリレンマへの対応として計画されています。
このトリレンマとは、ブロックチェーンがその基本原則であるセキュリティ、スケーラビリティ、分散化の3つ要素を同時に満たすことが困難であることを示しています。これらの一連のアップグレードにより、セキュリティや分散化を損なうことなく、トランザクションのスループットを向上させ、Ethereumが大量データのトランザクションに対応できるであろうと期待されています。
投稿を共有
関連用語集
ダンクシャーディング

ダンクシャーディングとは、シャーディングで新しい方法を採用することで、Ethereumネットワーク内のデータ管理とトランザクション処理の最適化を実現するものです。

パンプ・アンド・ダンプ(風説の流布)

パンプ・アンド・ダンプ(風説の流布)とは、暗号資産で用いられる詐欺的行為で、デジタル資産の価格を人為的につり上げた後、トークンの価値を急落させるものです。

カウンターパーティ(取引相手)リスク

カウンターパーティリスクとは、金融取引に関わる一方の当事者が債務不履行に陥り契約上の義務を果たせず、他方の当事者に経済的損失をもたらすリスクを指します。

アカウントの登録
今すぐBinance Accountを開設して、知識を実践してください。