Threshold Network (T) とは?
目次
はじめに
Thresholdの仕組み
Thresholdのエコシステム
Threshold DAOとTトークン
まとめ
Threshold Network (T) とは?
ホーム記事
Threshold Network (T) とは?

Threshold Network (T) とは?

中級者
公開済 May 6, 2022更新済 May 18, 2022
5m

概要

Thresholdは、ノードの分散ネットワークを介してWeb3アプリケーション用のThreshold暗号化サービスを提供することによって、ユーザーの主権を強化します。


はじめに

現在の世界では、プライバシーとユーザビリティの間にトレードオフが生じることがよくあります。私たちは、車を呼ぶためにリアルタイムの位置情報をクレジットを利用するために社会保障番号や支出情報を、オンライン上でよりつながりを保つために写真や閲覧データを提供します。これらのトレードオフの結果は現実のものであり、測定可能です。何百万ものログイン資格情報が漏洩し、銀行口座と電話番号が侵害され、私たちの意見は集約されたデータプロファイルによって微妙に影響を受け、アルゴリズムは私たちが自分自身について知っているよりも私たちについて多くを知っているようになりました。しかし、このトレードオフを行う必要がない場合はどうでしょうか。

Thresholdは、しきい値暗号化を使用して、中央の権限からの介入や中央の権限への信頼なしに、デジタル資産のより大きな有用性を解き放つことで、このトレードオフを解決することを目指しています。


Thresholdの仕組み

しきい値暗号化は、機密性の高い操作を、ネットワーク内のノードなど、複数の独立したエンティティに分散します。操作を成功させるには、これらのエンティティが互いに連携するためのしきい値 または最小値が必要です。この単純なアイデアは、情報システムのセキュリティと可用性を向上させます。また、単一のアクターがシステムを破損できないため、信頼できる当事者への依存度も低下します。悪意のあるアクターが数人いても、最小限の参加者数がルールに従う限り、システムは安全かつ正しく機能し続けます。たとえば、一元化されたカストディアンの場合、ユーザー資金を盗むために必要となる悪意のあるアクターの人数は1人だけです。しきい値暗号システムは、この単一障害点から保護します。


Thresholdのエコシステム

Thresholdのエコシステムは、NuCypherとKeep Networksが単一の分散型ネットワークに合併して作成されました。Thresholdは、ノードの分散ネットワークを介してWeb3アプリケーション用のしきい値暗号化サービスを提供します。Threshold Network上のサービスには、ユーザー制御のシークレット管理と動的アクセス制御のためのプロキシ再暗号化サービスと、パーミッションレスでのBitcoinからEthereumへのアセットブリッジを実現するtBTC v2が含まれます。

 

プロキシ再暗号化 (PRE)

ブロックチェーン革命は分散型アプリの力を解き放ちますが、パブリックブロックチェーン上に構築されたWeb3プラットフォームは、ユーザーのプライバシーに大きなリスクをもたらす可能性があります。Threshold Networkは、しきい値暗号化の使用を通じて、Web3プラットフォームのユーザープライバシーの課題に対する独自のソリューションを提供します。

Threshold のプロキシ再暗号化サービス (PRE) は、ユーザーのプライバシー保護アプリケーション用の暗号化ミドルウェアです。プロキシ再暗号化はスケーラブルなエンドツーエンドの暗号化プロトコルで、プロキシエンティティは、プレーンテキストデータを公開することなく、暗号化されたデータをある暗号化キーから別の暗号化キーに変換 (または再暗号化) することができます。Threshold Network上のノードは、これらのプロキシエンティティとして機能し、しきい値暗号化を使用して、データ所有者によって定義されたアクセス条件に基づいて、受信者のデータを安全かつ協調的に再暗号化します。

PREは、暗号化されたコンテンツへの有料定期登録や暗号化されたNFTのデータ所有権の移転など、データ共有機能を容易にしながらデータの所有権を維持することを目的としたユースケースに直接適用できます。データは、保存される場所に関係なく、プライベートで暗号化されたままになりますが、データ所有者はそのデータを共有し、アクセス制御を暗号的に適用する機能を維持します。

これがどのように機能するかを想像するには、Aliceという名前のユーザーが別のユーザーまたはアプリケーションとデータを安全に共有したいと考えているとします。そのために、アリスは従来、暗号化されていないデータまたは秘密の暗号化キーを使用して一元化されたサービスを委託していました。ThresholdのPREサービスを通じて、Web3アプリケーションは、Aliceが暗号化されたデータをどこにでも保存し、誰がどのデータにアクセスできるかを決定するカスタムアクセスポリシーをブロックチェーン上に作成し、安全で分散した方法で行うことができます。

このデータへのアクセスは、Alicesのアクセスポリシーを適用し、目的の受信者のデータを再暗号化する準備ができているThreshold Network上の分散ノードによってゲートされます。これらの分散ノードは、再暗号化プロセスでデータを復号化できないため、基になるデータにアクセスできません。目的の受信者が共有データにアクセスしたい場合、まずストレージからデータを取得し、次にノードに再暗号化を要求します。各ノードはデータのフラグメントのみを再暗号化でき、受信者はデータを復号化するために再暗号化フラグメントのしきい値番号を収集する必要があります。

Thresholdのプロキシ再暗号化のユニークな設計により、Web3アプリケーションは、パブリックブロックチェーン上で動作しながら、ユーザーのデータが完全に制御されていることを確認できます。


tBTC v2

BitcoinをEthereumにブリッジする既存のソリューションでは、ユーザーはBitcoinを仲介者に送信し、仲介者は同等の価値のEthereumトークンを発行する必要があります。この集中型モデルでは、第三者を信頼する必要があり、検閲を受けやすく、安全で許可のない分散化というBitcoinの考えを犠牲にします。

第2世代のtBTCは、BitcoinとEthereumの間の真に分散型のブリッジであり、Bitcoin保有者にDeFiと拡大するweb3ユニバースへのパーミッションレスでのアクセスを提供します。tBTC v2は、集中管理された仲介者を、Threshold Network上でノードを実行しているランダムに選択されたオペレータのグループに置き換えます。

この独立したオペレーターのグループは連携して、しきい値暗号化によって入金されたBitcoinを保護します。つまり、tBTC v2 では、これらのオペレーターの大多数 が、Bitcoinへのアクセスまたはアクションの実行に同意するしきい値が必要です。tBTC v2は、オペレータの選択を毎週ローテーションすることにより、制御を掌握するオペレータの個人またはグループから保護します。市場に出回っている他のソリューションとは異なり、これはユーザーの資金がハードウェアや人ではなく数学によって制御されることを意味します。さらに、tBTC v2はパーミッションレスのため、すべての人がオープンでアクセスできます。


Threshold DAOとTトークン

Thresholdはコミュニティ主導であり、DAOによって管理されます。このDAOはCompoundのGovernor Bravoに基づく、三つ又システムです。Token Holder DAO、Staker DAO、および選出された評議会で構成されています。それぞれが、ガバナンス構造内の個別の責任に加えて、他の2つの説明責任を負っています。TトークンはThresholdに動力を与えています。トークン保有者は、ネットワーク上で分散型ノードをステーキングして実行することで、エコシステムのサポートに役立ちます。アクティブステーカーとパッシブトークン所有者の両方が、ネットワークの将来に関するDAOガバナンスの決定に参加できます。
さらに、マーケティングギルド、インテグレーションギルド、トレジャリーギルドなどのコミュニティ主導のギルドがあります。各ギルドは選挙で選ばれた委員会によって管理され、定期的に交代制の選挙を開催しています。誰でもギルドに参加して、興味や専門知識に基づいて他のThreshold DAOメンバーと一緒に働くことができます。


まとめ

Thresholdは、ブロックチェーン上のユーザーの主権を強化するしきい値暗号化サービスを提供します。そのサービスには、ユーザーが自分のデータへのアクセスを暗号的に共有および管理できる暗号化プロトコルであるPREと、Bitcoin所有者にDeFiでBTCを使用する許可のない方法を提供するEthereumへのBitcoinのための真に分散化されたブリッジであるtBTCv2が含まれます。詳細については、Thresholdのウェブサイトを確認してください。