Ethereum Arrow Glacierアップグレードとは?
目次
はじめに
Ethereum Arrow Glacierのアップグレードとは?
Ethereumディフィカルティボムとは?
Ethereum改善提案 (EIP) とは?
Ethereum Arrow Glacierのアップデートはどのような影響があるのでしょうか?
まとめ
Ethereum Arrow Glacierアップグレードとは?
ホーム記事
Ethereum Arrow Glacierアップグレードとは?

Ethereum Arrow Glacierアップグレードとは?

中級者
Published Dec 28, 2021Updated Jan 20, 2022
4m

概要

Ethereum Arrow Glacierネットワークのアップグレードで、ネットワークのディフィカルティボムが2022年6月まで延期されます。これまでのアップデートでも、ディフィカルティボムの期限を延長したものが多くありました。ディフィカルティボムは設計上、Ethereumでのマイニングを不経済かつ困難なものにします。この機能はEthereum 2.0の開発の動機となり、マイナーは新しいプルーフ・オブ・ステークブロックチェーンに乗り換えることを余儀なくされるでしょう。

このアップデートには、ディフィカルティボムを遅らせるEthereum改善提案 (EIP) が1つ含まれています。EIPとは、Ethereumコミュニティによって作成され、レビューされた変更案です。特にArrow Glacierは、Ethereum 2.0のリリース前の最後のディフィカルティボムの拡張となるため、非常に楽しみです。


はじめに

Ethereum 2.0のリリースまで、まだしばらく時間があります。しかし、その間はブロックチェーンを正しく保つために定期的な更新が行われます。Arrow Glacierのアップデートは、一般のユーザーにとっては目立った変化ではありませんが、実は非常に重要なことです。実際、これがないとネットワークがほとんど使えなくなる可能性があります。その理由と、ユーザー、ステーカー、仮想通貨のマイナー、そして来るべきEthereum 2.0にとって、どのような意味があるのかを見ていきましょう。


Ethereum Arrow Glacierのアップグレードとは?

Ethereum Arrow Glacier アップグレードは、2021年12月9日のブロック番号13,773,000に実装された、かなりシンプルなアップデートです。Arrow Glacierはネットワークのディフィカルティボムを遅らせ、開発者がEthereum 2.0を準備するための時間を確保します。ディフィカルティボムの延長は、Ethereumのアップデートの常套手段です。これまでLondonハードフォークで2021年12月に予定されていましたが、2022年6月頃に実施される見込みです。

Arrow Glacierは、前回の2020年1月のMuir Glacierアップグレードと極めて似ており、こちらもディフィカルティボムが遅れています。両者とも「アイスエイジ」を押し戻すEthereum改善提案 (EIP) が1つだけ含まれています。Constantinople、Byzantium、Londonアップデートでは、ディフィカルティボムの拡張も行われました。


Ethereumディフィカルティボムとは?

現在、Ethereumのブロックチェーンでは、プルーフ・オブ・ワーク (PoW) というコンセンサスメカニズムが採用されています。つまり、取引を認証するユーザーは、計算能力を駆使して数学的なパズルを解かなければならないのです。このプロセスでは、合意形成にコストがかかるため、悪意のある行為者からネットワークを保護することができます。
このパズルの難易度を徐々に上げていき、ブロックをうまくマイニングするためのコストを高くするディフィカルティボムを搭載しました。将来のある時点でディフィカルティボムが「爆発」し、取引の認証や新しいブロックの追加がほぼ不可能になります。ブロックチェーン上でマイニングを行うには、単にコストがかかりすぎるようになるだけです。ディフィカルティボムが追加された理由は2つあります:
1. Ethereum 2.0の開発およびプルーフ・オブ・ステーク モデル (PoS) への移行の動機付けを支援すること。

2. マイナーが古いPoWバージョンのEthereumでEther (ETH) をマイニングし続けることができないため、マイナーに新しいPoSブロックチェーンへのアップグレードを強制するため。これにより、ハードフォークによる2つの相反するEthereumネットワークの誕生を防ぐことができます。


Ethereum改善提案 (EIP) とは?

EIPは、Ethereumにあらゆる改善や変更を提案することができます。誰でもEIPを作成でき、それをEthereumコミュニティ、編集委員会、Ethereum開発者が審査します。更新に含まれるには、EIPが承認プロセスを通過する必要があります。各EIPには、特定のEIP形式に従って、特定の変更に関する技術的要件が含まれています。Arrow GlacierにはEIPが1つしかないことを簡単に説明しましたが、この場合はEIP-4345です。その唯一の目的は、Ethereumのマイニングアイスエイジまでの時間を延長することです。


Ethereum Arrow Glacierのアップデートはどのような影響があるのでしょうか?

標準的なユーザーにとっては、目立った違いはないでしょう。確認のためのブロックタイムは、過去1年間、13秒前後でほぼ一定に推移しています。 ノードを運用している方やマイナーである方は、Ethereumクライアントを最新バージョンにアップグレードする必要があります。そうでなければ、クライアントはEthereumのフォークチェーンを使用することになり、コミュニティによって公式にサポートされなくなります。


まとめ

Arrow Glacierは小さなアップデートですが、重要な意味を持つものです。これがなければ、ネットワークは早々にマイニングコストが高くなり、利用が遅くなってしまいます。また、Ethereumコミュニティにとってもかなりエキサイティングな出来事です。もし、ディフィカルティボムの最後の拡張となるようなことがあれば、早ければ2022年6月にEthereum 2.0が登場する可能性があります。