Lisk (LSK) とは?
目次
はじめに
Liskとは?
Liskはどのように機能しますか?
LSKと?
バイナンスでLSKを購入する方法
まとめ
Lisk (LSK) とは?
ホーム記事
Lisk (LSK) とは?

Lisk (LSK) とは?

中級者
公開済 Aug 11, 2022更新済 Sep 23, 2022
5m


概要

Liskは、開発者とユーザーのWeb3アクセシビリティを向上させるオープンソースのブロックチェーン・アプリケーション・プラットフォームです。最も広く使われているプログラミング言語の1つであるJavaScriptを使用してブロックチェーン・アプリケーションを構築することができる使いやすいソフトウェア開発キット (SDK) を提供します。Liskは、最終的に開発者がサイドチェーンをネットワーク上に展開できるように設計されており、開発したブロックチェーン・アプリケーションは、より広いLiskエコシステムに接続したまま拡張できるようになります。

はじめに

Web3時代のブロックチェーン技術が抱える大きな課題の1つに、アクセシビリティの欠如があります。ブロックチェーンによって使用するプログラミング言語が異なるため、開発者が複数のプラットフォームで柔軟に利用できるアプリケーションを構築することは困難です。

Liskとは?

Liskは、オープンソースのレイヤー1ブロックチェーン・アプリケーション・プラットフォームであり、仮想通貨とWeb3スペースにユーザーをオンボードするプロジェクトを支援することを目的としています。使いやすいSDKを通じて、開発者はスケーラブルなブロックチェーン・アプリケーションを簡単に構築することができます。また、彼らが作るメタバースプロジェクト、DAO、NFTマーケットプレイス、その他多くのアプリケーションは、ユーザーにとってより低い手数料でより速い取引速度を提供することができます。

Liskはどのように機能しますか?

Liskは、2016年にMax Kordek氏とOliver Beddows氏によって設立されました。開発者とユーザーのために、Web3のアクセシビリティを向上させることに重点を置いています。Liskの主な機能には以下のようなものがあります: 

Delegated Proof of Stake (DPoS)

Liskは、ブロックチェーンの安全性を確保するために、Delegated Proof of Stake (DPoS) というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。DPoSは、一般的なProof of Stake (PoS) メカニズムをより効率的かつ民主的にしたものと考えられています。バリデーターが投票システムを通じてブロックの検証を外部に委任することができます。

Liskブロックチェーン上で、投票者はLSKトークンを使用して、自分の代わりにネットワークを守ってくれる最大10人の代表者に投票し、LSKの報酬をその人たちで分け合うことができます。一般的に、より多くの票を獲得したデリゲーターは、後続のブロックを生成するために選択される可能性が高くなります。プロセスは100人以上の委任されたバリデーターに分散されているため、Liskはかなり分散した形で運用することができます。また、ネットワークのスケーラビリティを実現し、1秒あたりのトランザクション数 (TPS) を増加させることが可能です。 

Lisk SDK

Liskの特徴は、世界で最も広く使われているプログラミング言語の1つであるJavaScriptをベースにしたソフトウェア開発キットであることです。人気のあるブロックチェーンネットワークは、しばしば異なる言語に依存しています。例えば、Bitcoin (BTC) はC++を使用していますが、EthereumはSolidityで構築されています。複数の言語を使いこなすことができない限り、開発者が異なるブロックチェーンとやり取りすることは困難です。 

これに対するLiskのソリューションは、ブロックチェーンとWeb3をより幅広い開発者が普遍的に利用できるようにするためのJavaScript上のオープンソースかつモジュール化されたSDKです。非常に一般的なプログラミング言語を使用することで、ブロックチェーン・アプリケーションを初めて構築する方へのハードルを下げることができます。新規参入者は、ブロックチェーンに特化した言語の習得に時間と労力を費やすことなく、すぐにJavaScriptとTypeScriptを使用して構築を開始することができます。 

さらに、将来的なLiskプラットフォームの提供開始後は、開発者はLisk SDKを活用し、スマートコントラクトではなく、サイドチェーン上にアプリケーションを実装することが可能になる予定です。サイドチェーンの相互運用性により、スケーラビリティが向上し、取引手数料を最小限に抑えることができます。また、Lisk SDKは、NFT、P2P、Proof of Authority (PoA) モジュールの開発をサポートすることが期待されています。

スケーラブルサイドチェーン

ネットワーク内のすべてのアプリケーション固有のブロックチェーン間の相互運用性を促進するため、Liskは、開発者がサイドチェーン上でより自律性と柔軟性を備えたスケーラブルなアプリケーションを構築できるように設計されたLiskプラットフォームを構築しています。サイドチェーンは、メインチェーンに接続する別のブロックチェーンです。Liskでは、開発者が独自のサイドチェーンを展開することで、ブロックチェーンアプリケーションを拡張し、より低いトランザクション手数料とより高いTPSを提供することが可能になります。サイドチェーンは、クロスチェーンメッセージを通じて、互いに直接通信することになります。この相互運用性により、サイドチェーンとLiskのメインブロックチェーンとの間で円滑な資産交換が可能になると期待されています。 

Liskチームは、Ethereum (ETH)、Polkadot (DOT)、Cosmos (ATOM)など、他のレイヤー1ブロックチェーンやプロトコルとの相互運用性を促進することで、そのエコシステムの拡大に取り組んでいます。Liskブリッジで相互接続されたアプリのエコシステムが拡大し、ユーザーが恩恵を受けることができるようになることがビジョンです。

LSKと?

Lisk (LSK) は、Liskのネイティブ仮想通貨であり、ユーティリティトークンです。ネットワーク上のトランザクション手数料の支払いやデリゲーターへの報酬に使用されます。また、LSK保有者は、DPoSを通じてLiskネットワークのセキュリティ確保にトークンを使用することができます。彼らはLiskデスクトップウォレットにLSKトークンをステーク投票やデリゲートを行うことができ、ユーザーがこれらの役割のいずれかを行っている間、トークンはロックされます。 

LSKは、Liskネットワークが他のブロックチェーンとの相互運用性を実現することで、より多くのユースケースが登場し、その実用性が高まることが期待されています。例えば、ブロックチェーンアプリケーションの登録や、異なるアプリケーション間のメッセージの振替にLSKを使用することができます。 

バイナンスでLSKを購入する方法

Liskトークン (LSK) は、バイナンスなどの仮想通貨取引所で購入することができます。 

1. Binance Accountにログインし、[Trade] - [Spot] をクリックします。

2.「LSK」を検索すると、利用可能な取引ペアが表示されます。LSK/BUSDを例にして説明します。

3. [Spot] ボックスで、購入するLSKの量を入力します。この例では、成行注文を使用します。[Buy LSK] をクリックすると、購入したトークンがお客様の現物ウォレットに入金されます。

まとめ

Web3の大量導入の実現には、ブロックチェーン技術をより身近なものにすることが重要な要素の一つであると多くの人が考えています。Liskのようなプロジェクトがあれば、より多くの開発者が、すでに慣れ親しんでいるコーディング言語を使って簡単にブロックチェーンアプリケーションを構築できるようになります。同時に、ユーザーは相互接続されたアプリケーションのエコシステムの拡大により、より低い手数料でより速い取引ができるようになるというメリットがあります。