鍵の証明日への最優良なガイド
鍵の証明日への最優良なガイド
ホーム記事

鍵の証明日への最優良なガイド

中級者
Published Dec 23, 2019Updated Apr 29, 2021
5m

はじめに

秘密鍵を安全に保管しておくことは、経済的な独立性を確保するために不可欠です。残念ながら、多くの仮想通貨の投資家は、自分の資産が取引所にのみ預金されていることを信用していますが、この慣行は、取引所が仮想通貨の預金を完全にコントロールしているため、決して安全とは言えません。

ビットコインの黎明期から、取引所のハッキングや詐欺によって数十億ドルを損失してきました。2014年に起きたMt.Gox取引所のハッキングは最も有名で物議を醸した事件の1つで、現在も調査中です。

しかし、これらすべてがProof of Keys dayと何の関係があるのでしょうか?


鍵の証明とは?

鍵の証明のアイデアは、仮想通貨の投資家でありポッドキャスターでもあるトレース・メイヤー氏によって考案されました。彼は、仮想通貨の投資家が金銭的自治を取り戻すためにインセンティブを与えることを目的とした毎年恒例の祭典としてコンセプトを作成しました。

前述したように、多くの人々は、仮想通貨を取引所に保管したままにしています。これらの取引所は、デポジットアドレスの秘密鍵を完全に制御しているため、これは本質的に危険なことです。

この文脈では、Proof of Keys dayは、投資家が自身の仮想通貨を便利に保管する際に取引所に依存することへの防止を目的としています。ビットコインではありませんが、この概念は、効果的な短文で提示されることが多々あります。

最初の鍵の証明は、2019年1月3日に行われました。これは、ビットコインネットワーク上で採掘されたジェネシスブロックの10周年でした。

言い換えると、' Proof of Keys day'は金融主権を祝う日なのです。その目的は、仮想通貨の投資家が取引所から個人のウォレットに資金移動を奨励することです。自身の秘密鍵を完全に管理することで、誰も自分の資金にアクセスできないようにしているのです。

また、仮想通貨ウォレットには様々なタイプがあります。しかし、ハードウェアウォレットは、秘密鍵を保管する最も安全な方法であることは明確なので、多くの場合、適切な選択と言えます。


Proof of Keys dayの4つの重要な成果

鍵の証明の背後にある哲学は、ビットコインのそれと完全に一致しています。第三者の仲介者を信頼できる価値移転システムに置き換えることで、個人は金銭的な自律性を放棄することなく、互いに安全かつ自信を持って協力することができるようになります。

では、Proof of Keys dayの重要な成果にはどのようなものがあるのでしょうか?

新しい投資家に通貨の移動方法を教える

仮想通貨の投資家は、ある場所から別の場所に仮想通貨を安全に移動させる必要があります。これは一部の人には簡単に思えるかもしえませんが、新規参入者は、様々な種類のウォレットとそれらがどのように使用されているかを理解するのが困難なことがよくあります。

そのため、Proof of Keys dayは、投資家の皆様に、さまざまな種類の仮想通貨ウォレットについての知識を深めていただき、その使用方法を実践していただくことを奨励しています。また、価値の移転が分散型ブロックチェーンネットワーク上でどのように行われているかを思い起こさせるものでもあります。

秘密鍵を実際に所有している投資家に通知する

前述したように、トレース・メイヤー氏が「Proof of Keys Day」を開始したときに設けた主なミッションは、すべての仮想通貨の投資家が自分の秘密鍵を所有することを奨励することでした。取引所に自分の仮想通貨を放置することは、投資家が自分たちの資金をコントロールすることはないということを意味します。

それは年に一度しか発生しませんが、Proof of Keys dayは、すべての投資家が資金のコントロールを出来るようにするための機会です。この日は、誰が何を所有しているかを確認する良い機会ですが、投資家が所有物を確保しなければ、意味はほとんどありません。

疑わしい取引や不誠実な取引を露呈する

金融機関は、フラクショナルリザーブバンキングと呼ばれる方法を実践していることで認識されています。本質的には、金融機関が実際に保持している資金よりも多くの資金を貸出すことで、既存の預金にレバレッジをかける方法です。残念ながら、"バンクラン"が金融機関の破綻につながる恐れがあるため、これは預金者にとっては高リスクな方法です。 

仮想通貨分野では、鍵の証明日によって何千人もの投資家に取引所から資金を引き出すことを促すかもしれません。投資家の大部分が同日に出金を行うと決定した場合、それは最終的に端数準備方法を実践しているか、彼らの真の埋蔵量について虚偽報告をしている取引所を露呈することができます。

しかし、幸いなことにビットコインや他のブロックチェーンネットワークの透明性により、取引所は保有額を公に検証可能にすることが容易になっています。

ビットコイン創世記ブロックを祝う

最後になりましたが、Proof of Keys dayは、ビットコインネットワーク上で最初に採掘されたブロックを祝うためのものです。このようなブロックはジェネシスブロックとして認知されています。ジェネシスブロックには、サトシ・ナカモトが50BTCをハル・フィニー氏に送金した最初のビットコイン取引が含まれています。
もう1つの記念すべき取引は、2010年5月22日に、ピザ2枚を10,000ビットコインで購入したという取引です。このエピソードはBitcoin Pizza Dayとして知られています。


Proof of Keys dayの祭典に参加する方法

仮想通貨が初めての方でも、ベテランの方でも問題ありません。鍵の証明日への参加は非常に簡単です。前述したように、取引所(または他の第三者サービス)からすべての資金を引き出すことで、金融面での自律を宣言するというものです。

まず、仮想通貨の取引所に保管している全ての資金の一覧表を取得します。これにより、あなたのビットコインとアルトコインに関して実際に誰が所有しているのかを知ることができます。

次に、使用しやすい仮想通貨ウォレットを選択します。ですが、選択する前に各ウォレットのセキュリティレベルを考慮することも重要です。最後のステップでは、あなたの資金をあなたの個人的ウォレットに送金し、秘密鍵を所有し、管理できるようにします。

年に一度、鍵の証明運動に参加する人もいます。彼らは、自分たちの金融主権を祝い、確認するために、資金を1日(1月3日に)取引所からの移動を行います。

このような慣行は、取引を行うために取引所で資金を保持する必要があるアクティブなトレーダーの間では一般的です。なので、お祝い後、資金を取引所に戻します。しかし、短期または中期の取引に従事しない長期投資家(HODLers)は、個人のウォレットに資金を保持する方が良いでしょう。


まとめ

Proof of Keys dayは、自身の秘密鍵を実際に所有している仮想通貨の投資家を認識させるシンプルかつ重要な動きです。何百万人もの仮想愛好家が、取引所から個人のウォレットに資金を移動させ、この祝賀会に参加しています。

ブロックチェーン業界が成長していく中で、Proof of Keys dayのようなイベントは、秘密鍵所有の重要性だけでなく、一般安全保障原則に関するコミュニティを教育するのに役立つでしょう。