ホーム
用語集
不正証明

不正証明

中級者
ブロックチェーン技術での不正証明とは、バリデーターがトランザクションの正当性に異議を唱えるために提出する暗号的証拠です。開発者は、オンチェーンデータの正確性と可用性を確保しつつ、ブロックチェーンのオンチェーンスケーラビリティを実現するために不正証明を広く使用しています。

これらの証明は主に、不正な状態遷移に対する保護手段として機能します。不正証明は不正が特定された場合のみ有効になるため、コンピューターリソースを節約でき、スケーラビリティが優先される環境に向いています。

例えば、オプティミスティック・ロールアップでは、不正証明を利用し、不正なトランザクションを識別して処理します。トランザクションが承認されるたびに特定の異議申し立て期間が設けられ、誰でも有効な不正証明を提示し、現在の状態に異議を唱えられます。この期間中にトランザクションが不正であることを証明できれば、そのトランザクションは無効となり、ネットワークは以前の状態に再調整されます。

このシステムは、適切な行動を奨励するために設けられています。ネットワークがコンセンサスルールに従ってロールアップを適切に実行すれば、関係者は金銭的な報酬を受け取れます。しかし、不正なトランザクションを承認すれば、金銭的な罰則が課せられ、不正証明が没収されるリスクがあります。報酬と罰則の二重アプローチにより、ロールアップはコスト効率とスピードを維持し、ブロックチェーン上の分散型アプリケーションのパフォーマンスを最適化します。

不正証明に問題がないわけではありません。不正証明作業は、複数の当事者間で継続的なコミュニケーションが必要になります。このやり取り自体がシステムの混乱を招き、他の不正行為を誘発する可能性があります。

もう一つの問題は、すべてのブロックデータが有効であることを前提にしている点です。マイナーからブロックヘッダーのみが提供され、その正確な内容が提供されない場合、その正当性を判断することは不可能です。不正証明は解決策となる一方、対処すべき課題も存在します。
投稿を共有
アカウントの登録
今すぐBinance Accountを開設して、知識を実践してください。