Ethereum Classic

初心者
Ethereum Classic(ETC)は、分散型のスマートコントラクトプラットフォームです。ETCの起源は、The DAO(分散型自律組織)と呼ばれるプロトコルで起こった大規模なセキュリティ侵害が発生した2016年までさかのぼります。

The DAOはEthereumベースの注目すべきプロジェクトで、分散型ベンチャーキャピタルファンドとして機能していました。ところが、スマートコントラクトコードの脆弱性により、6000万ドルのETHがプロトコルから吸い上げられました。

Ethereumコミュニティの大多数は、盗まれたEtherを無効化するためにブロックチェーンを変更するハードフォークを通じてハッキングの影響を覆すことに投票しました。しかし、コミュニティの一部は、この決定はブロックチェーンの不変性と「コードは法律である」という哲学の基本原則に違反していると主張し、反対しました。

その結果、ブロックチェーンは元のチェーンであるEthereum Classic、そしてEthereum(ETH)の名前を引き継いだ新しいチェーンの2つに分裂しました。

Ethereum ClassicはEthereumと同様の機能を持ち、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(dApps)の実現を可能とします。しかし、特にEthereumが2022年9月にProof-of-stakeコンセンサスメカニズムに移行した後、両者のネットワーク環境は大きくは乖離しました。Ethereum Classicは、引き続きマイナーによるトランザクション検証を伴うオリジナルのProof-of-Workモデルで運用されています。

Ethereum Classicでは当初のEthereumプロトコルに固執しており、フォーク後にEthereumブロックチェーンに加えられた更新や変更を取り入れていません。ETCとETHの間には、立場の違うコミュニティとそれを支える哲学的基盤が形成されています。

もっと知る:Ethereumとその仕組み