MetaMaskにFantomを追加方法
目次
はじめに
MetaMaskのインストールと設定
ウォレットの設定
MetaMaskにFantomトークン追加
まとめ
MetaMaskにFantomを追加方法
ホーム記事
MetaMaskにFantomを追加方法

MetaMaskにFantomを追加方法

初心者
公開済 May 6, 2022更新済 Jun 15, 2022
4m

概要

MetaMaskは、主にEthereumのメインネットと相互作用する仮想通貨ウォレットアプリとブラウザ拡張機能です。拡張機能のダウンロードは、MetaMask公式サイトから行うことができます。

MetaMaskはEthereum以外にも、Fantomのようなネットワークと相互作用することができます。そのためには、MetaMaskにいくつかの情報を提供する必要があります。これには、カスタムRPCのURL、チェーンID、ネットワーク名が含まれます。そして、トークンアドレスをインポートすると、Fantomトークンを追加することができるようになります。

MetaMaskに新しいブロックチェーンを追加する行為は、Binance Smart Chainのような他のEVMネットワークにも適用することができる重要なスキルと言えます。


はじめに

まず、MetaMaskのような仮想通貨ウォレットが必要です。なお、FantomはMetaMaskのデフォルトのネットワークではありません。しかし、Fantomに接続するためのブラウザウォレットの設定は、わずか数分で簡単に行うことができます。


MetaMaskのインストールと設定

1.  MetaMaskのウェブサイトから、Chrome、iOS、AndroidにMetaMaskをダウンロードし、インストールします。正確なバージョンをダウンロードするために、MetaMaskの公式ウェブサイトにアクセスしていることを確認してください。 


2. 拡張機能のダウンロードとインストールが完了した場合、MetaMaskのウェルカムページから [Get Started] をクリックします。


3. 新しくウォレットを利用する場合は、 [Create a Wallet] をクリックします。すでにウォレットをお持ちの場合は、[Import wallet] オプションでシードフレーズを使用してインポートすることができます。


4. MetaMaskは、匿名の使用状況に関するデータを共有することによって、拡張機能の改善に協力するかどうかを尋ねます。これを受け入れても断っても、MetaMaskのユーザー体験に影響はありません。


5. 安全なパスワードを作成します。このパスワードはウォレットへのログインに使用されます。パスワードはシードフレーズではないことに注意してください。パスワードは、あなたのデバイスを使用する誰からもあなたのウォレットを保護するものです。シードフレーズにより、パスワードを忘れても仮想通貨にアクセスすることができます。


6. パスワードの作成が完了すると、MetaMaskはあなたのシードフレーズに関する重要な情報を提供します。仮想通貨ウォレットの使用が初めての方は、必ずこのセクションに目を通し、動画を確認してから次に進んでください。 


7. 次に、鍵のアイコンをクリックすることで、12単語のシードフレーズを受け取ることができます。単語を正しい順序で書き出し、安全な場所 (できればオフライン) に保管します。あなたのシードフレーズは誰にも教えないでください。アクセスできなくなった場合、シードフレーズはあなたのアカウントの最後のバックアップとなります。[Next] をクリックして続けます。


8. 画面下部の単語を正しい順番で選択して、シードフレーズを確認します。完了したら、[Confirm] をクリックします。


9. これでMetaMaskウォレットの設定は完了です。ウォレットの利用を開始するには、[All Done] をクリックします。


10. Chromeブラウザのパズルアイコンをクリックして、MetaMaskをツールバーにピン留めすると、簡単にアクセスすることができます。デフォルトでは、MetaMaskはEthereumにのみ接続されています。以下では、MetaMaskとFantomの接続方法について説明します。


ウォレットの設定

1. MetaMaskウォレットにFantomを追加するには、いくつかのネットワーク情報を提供する必要があります。まず、MetaMaskを開き、ネットワークドロップダウンメニューをクリックします。


2. ポップアップで表示される [Add Network] をクリックします。


3. [Add a network] ページで、以下の内容を追加します。終了後、[Save] をクリックします。

ネットワーク名

Fantom

新しいRPCのURL

以下のいずれかを選択してください。


https://rpc.ftm.tools

https://rpc.fantom.network

https://rpc2.fantom.network

https://rpc3.fantom.network

チェーンID

250

通貨シンボル

FTM

ブロックエクスプローラーのURL

https://ftmscan.com/



4. これでFantomネットワークへの接続は正常に完了しました。


MetaMaskにFantomトークン追加

FTM以外のFantomトークンを追加する場合は、手動で行う必要があります。あなたのウォレットは、インポートされていないトークンを受け取ることができます。

1.  FTMScanにアクセスし、追加を希望するトークンコントラクトと詳細を探します。FTMScanに存在しないトークンについては、常にプロジェクトの公式ウェブサイトやソーシャルメディアチャンネルからコントラクトアドレスを探してください。ユーザーは、詐欺師が作成した偽のコントラクトアドレスに注意する必要があります。


2. MetaMaskに戻り、[Import tokens] をクリックします。


3. トークンのコントラクトアドレスをコピー&ペーストすると、MetaMaskは未入力部分に関する詳細を自動で入力します。情報が記入されていない場合は、手動で追加してください。[Add Custom Token] をクリックして完了です。


4. [Import Tokens]をクリックします。


5. ウォレットに追加したトークンが正しい残高で表示されるようになります。



まとめ

FantomをMetaMaskにセットアップすると、取引、 NFTの収集、DeFi DAppsとのやり取り、 仮想通貨の管理などを開始することができるようになります。さらに、拡張機能でトークンを交換することも可能です。MetaMaskは、EthereumネットワークやFantomに限ったものではありません。また、Ethereumバーチャルマシン (EVM) 全体と互換性のある他のネットワークと接続することも可能です。BNB Smart Chain、Polygon、Avalanche、Harmonyなど、さまざまな製品があります。このステップ・バイ・ステップガイドを使用することで、あなたは自身でチェーンの追加を行い、検索をはじめることができます。