BEP-20

中級者
BEP-20は、BNB Smart Chain(BSC)上のトークン規格で、最も普及しているEthereumトークン規格のERC-20を拡張したものです。トークンを誰がどのように使用するかなどを定義したトークンの基本設計図と考えることができます。BNB Beacon ChainのBEP-2やEthereumのERC-20に類似しており、BEP-20はこの両方と互換性があります。
BEP-20はBNBスマートチェーンの技術仕様であり、柔軟な形式でさまざまなトークンを発行できるようにすることを目的としています。これらのトークンは、企業の株式から銀行の金庫に保管されているドル(すなわちステーブルコイン)まで、あらゆるものを表すことができます。
もちろん、BEP-20トークンとしてネイティブトークンの作成も可能な上、他のブロックチェーンのトークンをペッグしてBNBスマートチェーンで利用可能にもできます。これは、基本的に他の暗号資産(LINKやXRPなど)のBEP-20バージョンとなる「ペッグした」コインで実現されます。
BNB Beacon ChainのBEP-2トークンと同様、BEP-20トークンの送信手数料にはBNBが使用されます。バリデーターにBNBがもたらされるため、ブロックチェーントランザクションを検証するインセンティブとなります。
BNB Smart Chainは、BNB Beacon Chainの拡張として構想されたことはご存じかもしれません。チェーンアーキテクチャーは二重となっており、両チェーンは補完的な関係にあります。BNB Smart Chainは、元来のチェーンを混雑させることなく、超高速取引に最適化された分散型アプリケーションを実現します。
このアーキテクチャーにより、チェーン間の互換性が大きく着眼されることになりました。そのため、BEP-2トークンはBEP-20に交換することができます。バイナンスウォレット拡張機能の利用が最も簡単な方法となります。
BEP-20の規格の詳細は、GitHubの草案をご覧ください。



投稿を共有
関連用語集
アカウントの登録
今すぐBinance Accountを開設して、知識を実践してください。