UMA (UMA) とは?
目次
はじめに
UMAの仕組み
UMAの特徴とは?
UMA トークンとは?
UMAの今後
BinanceでのUMA購入手順
まとめ
UMA (UMA) とは?
ホーム記事
UMA (UMA) とは?

UMA (UMA) とは?

中級者
公開済 Jul 27, 2022更新済 Aug 4, 2022
5m



概要

UMAは、既知の真実をブロックチェーンに記録するように設計されたオプティミスティックオラクル (OO) です。オラクルは、ブロックチェーンを外の世界に接続するエンティティです。オプティミスティック・オラクルは、現実世界のデータを分散システムにフィードするオラクルの一種です。このデータは、それに関して紛争がない場合、正確であるとみなされます。「人間による真実の機械」とも呼ばれるオプティミスティック・オラクルは、世界市場を普遍的に公正で、アクセスしやすく、安全で分散化することを目的として、柔軟性を導入し、Web3の無限の可能性を解き放つことを目指しています。

はじめに

UMAは2017年にHart Lamburによって共同設立されました。2018年12月、UMAプロジェクトのホワイトペーパーが発表され、その直後に、開発者はUMAプロジェクトの公式ローンチを発表し、コアネットワーク上の最初の商品としてUSStocksトークンを導入しました。UMAは2021年4月にInitial Liquidity Offering (ILO) を実施し、Uniswapにて、分散型取引所における史上初のInitial Offeringを行いました。

ユニバーサルマーケットアクセスの略であるUMAは、Web3全体で市場とスマートコントラクトを保護するオプティミスティック・オラクルです。不完全または不正確な情報による、スマートコントラクトの条件を満たすために必要なオフチェーンデータが不十分または不正確になる可能性があります。現在のオラクルは、特異値を供給するため、あまりにも厳格であり、他の形式のデータを考慮することができません。不完全な情報に対応するために、オプティミスティック・オラクルは人々にデータの正確性を検証するよう促し、人間的な要素による高度なデータ検証を促進します。

UMAの仕組み

UMAのオプティミスティック・オラクル・システムには、データを要求するコントラクト、データを提供する参加者、および同意しない場合にデータに異議を唱えることができる潜在的な異議申立人の3つのアクターがあります。

リクエスト

UMAのオプティミスティック・オラクルは、正確なデータがオンチェーンで提供されることを保証するために、トークン所有者のネットワークにインセンティブを与えます。オプティミスティック・オラクルは、トークン所有者のコミュニティを通じて任意のデータを提供し、データ検証プロセスに人的要素を追加することができます。

提案

通常、コントラクトはデータを要求し、紛争期間 (数分から数日の範囲) を指定します。提案者は債券を投稿し、データポイントを提供しますが、これは異議申立の対象となります。紛争期間が経過すると、データは真実であると見なされてブロックチェーンに配信され、提案者は債券を取り戻します。紛争期間内に、誰かがデータが不正確であると感じ、それに異議を唱えるかもしれません。

紛争

時には、提案者のデータに同意しない異議申立人が現れることがあります。異議申立人も債券を投稿し、紛争は投票にかけられます。UMAトークン所有者は48時間以内に紛争を解決します。異議申立人が正しければ、提案者の入金の一部を報酬として受け取ります。異議申立人が間違っている場合、異議申立人はペナルティとして入金を失い、その一部は提案者に行きます。オラクルにおける投票には3つのフェーズがあります。

  • 公開投票: 投票が記録される24時間

  • 投票確認: ユーザーの投票が明らかになり、結果が集計される期間

  • 報酬請求: 「正しく」投票したユーザーが、プロトコルによって生成されたUMAトークンで報酬を請求できる期間

報酬は請求されるたびに、複利による効果があります。報酬を請求すると、トークンがユーザーのウォレットに入金され、投票が成功するたびにユーザーの投票力を高めるアクティブな投票トークンになります。

UMAのスマートコントラクトは、主に分散アプリケーションを構築する開発者向けに設計されています。ただし、すべてのUMAトークン所有者は、UMAのオプティミスティック・オラクルに参加できます。UMAはEthereum上に構築されたERC20トークンで、Metamask、Trezor、Ledgerなどのウォレットで保管できますが、投票を行うにはUMA DAppに接続する必要があります。

 

UMAの特徴とは?

UMAのオプティミスティック・オラクルは、スマートコントラクト間の人力によるデータ紛争解決を提供します。厳格な標準的な価格フィードオラクルとは異なり、ブロックチェーンに単数で反復可能な値のみを提供するため、オプティミスティック・オラクルはスマートコントラクト間で不完全またはあいまいなデータを調整する方法を提供します。オプティミスティック・オラクルは、スポーツのスコア、気象条件、選挙結果など、オフチェーンからあらゆる種類の既知の真実を提供できるため、他のオラクルよりも柔軟性が高く、Web3におけるこのようなシステムの可能性は無限大です。

UMA トークンとは?

UMAはERC-20トークンであり、UMA セキュリティモデルの基盤です。前述のように、トークンの所有者は、紛争データに対するコミュニティ投票に参加することができます。UMA保有者は、投票に参加すると報酬を得ることができます。現在のUMA供給の0.05%に等しいインフレ報酬は、ネットワークが投票を行うたびにアクティブな有権者に分配されます。

トークン所有者は、ガバナンス、プロトコルのアップグレード、およびシステムの変更にも関与しています。

トークンの初期供給枚数は1億枚でした。2021年4月、UMAはUniswapで最初のInitial Decentralized Exchange Offeringを実施し、その初期価格は$0.26でした。残りの9,800万枚のうち、4,850万枚はプロジェクトの創設者のためにリザーブされ、3,500万枚はネットワークの開発者に、1,450万枚は将来の販売のために割り当てられました。

2021年、UMAを立ち上げた財団であるRisk Labsは、3,500万枚をUMA DAOに譲渡し、UMAトークン所有者がエコシステムの成長のためにこれらの資金をいつ、どこでデプロイするかについて投票できるようにしました。

UMAの今後

UMAの事業開発チームは、予測市場と保険の2つの業界セグメントに焦点を当てています。

現在、リスク管理プラットフォームのSherlockは、保険契約紛争システムのバックストップとしてUMAのオラクルを使用しています。情報市場プラットフォームであるPolymarketは、他のオラクルでは信頼できない質問に対して、UMAのオプティミスティック・オラクルにすぐに尋ねることができるようになるでしょう。

UMAはまた、ガバナンスとインセンティブのためのDAOツールの大幅な成長を期待しています。UMAが支援しているOutcome.Financeは、信頼できないインセンティブプログラムを実行する方法をDAOに提供しています。Risk Labsは、UMAとそのパートナー組織であるAcross ProtocolOutcome.Financeを背後から支えるチームおよび財団です。現在、UMAとそのオプティミスティック・オラクルはAcrossのクロスチェーンブリッジをサポートしています。

BinanceでのUMA購入手順

バイナンスのような仮想通貨取引所でUMAを購入することができます。

1. バイナンスのアカウントにログインし、[Trade] - [Spot] をクリックします。

2. 検索バーに「UMA」と入力して、利用可能な取引ペアを確認します。今回は、例としてUMA/BUSDを使用します。

3. [Spot] ボックスで、購入するUMAの枚数を入力します。この例では、成行注文を使用します。[Buy UMA] をクリックして注文を確定すると、購入したUMAが現物ウォレットに入金されます。

まとめ

UMAのオプティミスティック・オラクルは、2018年のローンチ以来、数億ドルを確保しています。開発者がオプティミスティック・オラクルを理解して組み込み始めるにつれて、オプティミスティック・オラクルがさまざまなプロトコル、DAO、実装、および製品の中心となる時代が来るかもしれません。