COTIとは?
目次
はじめに
COTIとは?
COTIはどのように機能しますか?
Proof of Trust (PoT)
MultiDAGレイヤー
COTIトークンとは?
バイナンスでCOTIを購入する方法
まとめ
COTIとは?
ホーム記事
COTIとは?

COTIとは?

中級者
Published Mar 11, 2022Updated Apr 28, 2022
6m

概要

COTIは、決済のために設計されたレイヤー1のブロックチェーンエコシステムです。COTIは、従来のブロックチェーンとは異なり、取引認証をProof of Work (PoW) やProof of Stake (PoS) に依存しないのが特徴です。有向非巡回グラフ (DAG) データ構造とPoWを組み合わせたProof of Trust (PoT) という独自の合意形成アルゴリズムを採用しています。PoTは、トランザクション手数料を下げ、スループットを最大100,000 TPSまで向上させることができます。

そのネイティブトークンであるCOTIは、3種類のメインネットで運用される仮想通貨です。COTIは取引手数料のお支払いに使用され、トレジャリーで報酬を得るためにステークすることができます。また、COTIやその他の仮想通貨を、COTI Visaデビットカードで商品やサービスのお支払いに利用することも可能です。COTI MultiDAG 2.0により、開発者、加盟店、企業は、スケーラビリティ、高スループット、低コスト、COTI Pay Businessなどの使いやすい決済ツールなど、Trustchainの能力を継承したトークンを発行することができるようになります。


はじめに

COTIは、高速で安全なトランザクションを低い手数料で促進するブロックチェーンエコシステムです。Trustchainプロトコル上に独自の決済ソリューションやデジタル通貨、ステーブルコインを構築できるようにすることで、仲介者を排除し、従来の金融に革命を起こすことを目的としています。


COTIとは?

COTIは、決済に特化したレイヤー1のフィンテック・ブロックチェーン・エコシステムです。COTIは、低コスト、高速、スケーラブル、プライベート、インクルーシブな新しいタイプのDAGベースのプロトコルとインフラを導入することにより、中央集権型と分散型金融 (CeFiとDeFi) の両方の課題を解決しています。PoWとDAGを組み合わせたProof of Trust (PoT) - 使用してコンセンサスを得ることができます。


COTIはどのように機能しますか?

COTIは、新しいデジタル経済の様々な側面を包含する次世代の金融・デジタル商品の構築を目指しています。レイヤー1からアプリまで一貫して構築し、完全に網羅するエコシステムとして機能します。

Bitcoin (BTC) やEthereum (ETH) など主要なブロックチェーンでは、スケーラビリティが課題となっています。ブロックは定期的に追加され、ブロックのチェーンが成長していくことで、トランザクションを処理します。しかし、ブロックが受け入れられるまでには待ち時間があり、トランザクションの確認に時間がかかる可能性があります。例えば、Visaの65,000 TPSに対し、Bitcoinは1秒間に20件程度しか処理できません。

COTIネットワークは、有向非巡回グラフ (DAG) データ構造を持つレイヤー1ブロックチェーンプロトコルであるTrustchainをベースに構築されています。トランザクション手数料を大幅に削減し、スループットを最大100,000トランザクション/秒 (TPS) まで向上させることが可能です。


Proof of Trust (PoT)

COTIは、スケーラビリティの問題に対処するため、DAGベースのデータ構造であるTrustchainと Proof of Work (PoW) を組み合わせ、Proof of Trustのコンセンサスメカニズムを構築しています。

COTIのDAGは「Cluster」と呼ばれ、ネットワーク上のトランザクションを記録するための分散台帳です。トランザクションをブロックに集めるのではなく、トランザクションを順番に配置していきます。新しいトランザクションが承認されるためには、認証ノードはそれを2つ前のトランザクションとリンクさせる必要があります。

しかし、どのトランザクションをリンクさせればよいのでしょうか? それはTrust Scoreにより異なります。PoTシステムでは、バリデーターは信頼性に基づいて選択されます。Cluster内の各ユーザーとノードは、過去の行動と決済統計から算出されたトラストスコアによって評価されます。トラストスコアが高いほど、トランザクションは迅速に処理され、手数料も安くなります。

ユーザーがCOTI上でトランザクションを開始すると、ソース選択アルゴリズムがトラストスコアの近い2つの認証 ノードをランダムに割り当てます。その結果、信頼できるユーザーからのトランザクションは、より迅速に確認されるようになります。異なるトラストスコアのトランザクションを並列に処理するため、スケーラビリティとネットワークセキュリティを実現することができます。

COTIでは、私たちが慣れ親しんでいるようなPoWは採用されていません。マイニングに頼らず、信頼を得ることができます。PoWは、COTIをスパムの試みから保護し、ネットワーク参加者にインセンティブを与えるためにのみ使用されます。PoWタスクを完了することで、バリデーターは自分のトランザクションをClusterに添付することができますが、それができることを保証するものではありません。これは、トランザクション手数料の水準に間接的に影響を与えるPoWレベルの設定にも使用される、トラストスコアに依存します。COTIは、マイニングを必要としないため、非常に低いトランザクション手数料で運用することができます。


MultiDAGレイヤー

COTI MultiDAGのエコシステムは、Ethereumと似ています。ネットワーク上には、異なる目的を持った独立したDAGが複数存在します。それぞれが完全にカスタマイズされたトークンとアプリケーションを維持しながら、同じインフラ上で同時に動作させることで、ネットワーク全体の効率化を図っています。

COTI MultiDAG 2.0により、開発者、加盟店、企業は、スケーラビリティ、高スループット、低コスト、COTI Pay Businessなどの使いやすい決済ツールなど、Trustchainの能力を継承したトークンを発行することができるようになります。

ユーザーは、MultiDAGを利用して、独自のフィアット担保、仮想通貨担保、あるいは非担保のステーブルコインを作成することができます。例えば、COTIは Cardano (ADA) のステーブルコインDjedや決済システムADA Payの公式発行元です。


コイン発行サービス

COTIは、MultiDAG 2.0の メインネット リリース後、企業顧客に対して、COTI MultiDAG技術を活用して、ステーブルコインやその他のデジタル通貨を条件付きで発行する機能を提供できるようになります。このサービスの利点としては、取引コストの削減、スケーラブルなインフラ、プライバシーモジュール、COTIチームによる完全な技術サポートなどが挙げられます。また、お客様は限られたコストで必要なだけトークンを発行できる柔軟性を備えています。

Djed

DjedはCOTIを搭載しており、Cardanoをベースに構築された初のアルゴリズムステーブルコインです。アルゴリズム設計に基づくステーブルコインです。 スマートコントラクトを使用して価格の安定化を図り、このコインは分散型金融 (DeFi) 業務に役立ちます。Djedは、Cardanoのチェーン上に構築された単なるステーブルコインではありません。また、Cardanoのネットワーク全体の取引手数料が支払われる究極のコインになるように設計されています。

COTI Pay Business

COTI Pay Business商品を通じて、加盟店は小売店や商店の取引で新しいCOTI Native資産を決済手段として利用できるようになります。COTI TrustchainとMultiDAGの安全で革新的なインフラにより、あらゆる規模の商社や企業が限られたコストでCOTIの技術を活用することが可能になります。

COTIトレジャリー: 入金して稼ぐ

COTIトレジャリーはアルゴリズムによる分散型プールで、ユーザーは$COTIを入金して、参加することで報酬を受け取ることができます。エコシステム全体が直接または間接的にトレジャリーに手数料をお支払いすることで、プールは時間の経過とともに大きくなる。COTIのすべての商品からの手数料は財務省に流れ、ユーザーに報酬として分配されます。また、COTIは今年ガバナンストークンを導入する予定です。ガバナンストークンは、財務省のユーザーおよびトレジャリーの成長に継続的に貢献する人々に配布されます。これにより、保有者はプロトコルの変更について議論し、提案し、投票することができるようになります。



COTIトークンとは?

COTIコインは、COTIエコシステムのネイティブトークンです。DAGベースの仮想通貨で、総供給数は20億です。COTIは、ネットワークの安全性を確保するためにPoWマイニングを必要としません。COTIは次の3つの異なるメインネットで運営されています: Trustchain、Ethereum、BNB Chain。

  • Trustchain: COTIのネイティブメインネットです。

  • Ethereum: COTIはEthereumネットワーク上の ERC-20トークンとしても存在します。いくつかの仮想通貨取引所で取引され、DeFi DAppsで使用されています。
  • BNB Chain (旧Binance Chain、Binance Smart Chain): BEP-2、BEP-20バージョンのCOTI。
COTIトークン保有者は、COTIブリッジを利用して、異なるネットワーク (メインネット) 間の相互運用を行うことができます。COTIは、エコシステム内のサービスへのお支払いとは別に、 DeFiステーキングのためにCOTIトレジャリーに入金することができます。そして、トレジャリーはCOTI報酬をユーザーに配布します。 


バイナンスでCOTIを購入する方法

COTIは、 バイナンスなどの仮想通貨取引所で購入することができます。 

1. バイナンスアカウントにログインし、[Trade] に進みます。クラシックまたはアドバンス取引モードのいずれかを選択します。

2. 左上の [BTC/USDT] をクリックし、「COTI」を検索してください。 COTI/BUSDなど、利用可能な取引ペアがすべて表示されます。

3. 右の [Spot] ボックスで、購入するCOTIの量を入力します。成行注文など、注文の種類を使い分けることができます。[Buy COTI] をクリックすると、トークンがあなたの現物ウォレットに入金されます。



まとめ

仮想通貨には、消費者と加盟店の決済に特有のニーズに適したレイヤー1が必要であり、COTIはDAGベースのTrustchainでそれを提供しています。チームによると、2022年はCOTIのネットワークが1つのコインから、エンタープライズトークン、加盟店トークン、ガバナンストークン、Djedなど複数のトークンに飛躍的に成長する年だそうです。さらに、COTIは、より多くのプロジェクトや加盟店とのパートナーシップを拡大しようとしており、近い将来、より多くのユースケースをこのプラットフォームにもたらすと期待されています。COTIエコシステム全体のすべての手数料は、トレジャリーに合理化され、そのユーザーへの報酬として分配されます。