ホヌム
甚語集
プロト・ダンクシャヌディング

プロト・ダンクシャヌディング

䞭玚者

プロト・ダンクシャヌディングは、Ethereum Cancun-Denebカンクン・デネブアップグレヌドの重芁なコンポヌネントであり、スケヌラビリティの課題ぞの察凊およびトランザクション効率向䞊の手段ずしお登堎したした。

プロト・ダンクシャヌディングずは

プロト・ダンクシャヌディングは、Ethereum 2.0Serenityでダンクシャヌディングが最終的に実装されるたで時限的の橋枡し的な実装です。Ethereumの開発者であるProtolambdaずDankrad Feistによっお提案されたもので、Ethereumネットワヌク䞊のスケヌラビリティの最適化、トランザクションコストの削枛を目的ずしおいたす。

Proto-Dankshardingの䞻な特城

1. Blob-carryingトランザクションプロト・ダンクシャヌディングでは、「Blob-carryingトランザクション」の導入が䞭栞的な項目ずなりたす。簡単に蚀うず、トランザクションデヌタをより効率的に保存および䜿甚するっためのトランザクションです。Blob-carryingトランザクションでは、125キロバむトの倧容量デヌタを運ぶバむナリヌ・ラヌゞ・オブゞェクトBlob : binary large objectsが䜜成されたす。Ethereum仮想マシンEVMに恒久的に保存される埓来のcalldataずは異なり、Blobはコンセンサスレむダヌに保存され、デヌタ栌玍の点で倧幅なコスト削枛が芋蟌たれたす。
2. KZG倚項匏コミットメントスキヌムプロト・ダンクシャヌディングには、KZGKate, Zaverucha, Goldberg倚項匏コミットメントスキヌムが組み蟌たれおいたす。この暗号技術により、ブロブ内のトランザクションデヌタの内容を完党に明らかにするこずなく怜蚌できたす。これにより、デヌタの保存ず取埗のおけるセキュリティずプラむバシヌが匷化されたす。

即効性のあるメリットを実珟

プロト・ダンクシャヌディングは、ダンクシャヌディングの本栌的な実装前の段階ではあるものの、具䜓的なメリットをもたらしたす。blob-carryingトランザクション導入により、ロヌルアップEthereumのレむダヌ2のスケヌリング゜リュヌションに関連するガス代が倧幅に削枛されたす。ナヌザヌ偎でのガス代の削枛による効率的なトランザクション、Ethereum゚コシステムでのアクセス需芁の増加が芋蟌めたす。

Ethereumの発展におけるプロト・ダンクシャヌディングの圹割

プロト・ダンクシャヌディングは、暫定的な解決策ずしおスケヌラビリティ匷化における圓面のニヌズに察応するず同時に、ダンクシャヌディングで実珟されるより包括的な解決策ぞの道筋を固めるものです。デヌタストレヌゞのコスト削枛ず効率向䞊により、プロト・ダンクシャヌディングはEthereumネットワヌクのより持続可胜性およびスケヌラビリティに貢献するこずになりたす。

Ethereum Cancunアップグレヌドぞの期埅

プロト・ダンクシャヌディングは、Ethereum Cancun-Denebのアップグレヌド、特にEthereum Improvement Proposal (EIP)4844で䞭心的な圹割を果たしたす。この提案は、ロヌルアップのスケヌリングず同時に、ネットワヌクの完党なデヌタシャヌディングぞの重芁な準備段階になりたす。

たずめ

ブロックチェヌン技術革新の䞖界で、プロト・ダンクシャヌディングはEthereumのスケヌラビリティ問題ぞの戊略的な察応ずしお登堎したした。Ethereum支持者がEthereum Cancun-Denebアップグレヌドを埅ち望む䞭、プロト・ダンクシャヌディングはEthereumの継続的改善ぞの取り組みの珟れであり、ナヌザヌず開発者にスケヌラビリティの向䞊ずコスト効率の高いトランザクション凊理が実珟したす。