XRP Ledger (XRPL) とは?
目次
はじめに
XRPLはどのように機能しますか?
開発者向けXRPL
XRPLの特徴とは?
XRPとは?
バイナンスでのXRP購入方法とは?
まとめ
XRP Ledger (XRPL) とは?
ホーム記事
XRP Ledger (XRPL) とは?

XRP Ledger (XRPL) とは?

中級者
公開済 May 24, 2022更新済 Sep 23, 2022
5m

概要

XR PLedger (XRPL) は、1秒あたり1,500件の高速トランザクションスループットと低いトランザクション手数料を誇るオープンソースプラットフォームです。トランザクションあたりのエネルギー消費量は、ブロックチェーン業界でより持続可能なプロジェクトの1つになっています。XRPLは、決済と金融トランザクションに関連するさまざまなサービスとユースケースを提供します。


はじめに

XRP Ledger (XRPL) は、より高速でエネルギー効率の高いブロックチェーンを求めていた3名の開発者によって構築された分散型のパブリックブロックチェーンです。2012年に導入され、10年以上にわたって開発者とユーザーをサポートしてきました。現在、XRPLエコシステムには、マイクロペイメント、DeFi、NFT (まもなく) などの幅広いアプリケーションがあります。



XRPLはどのように機能しますか?

BitcoinやEthereumとは異なり、XRPLはトランザクションの検証方法として独自のFederated Consensusメカニズムを使用します。 

トランザクションは、コンセンサスプロトコルを介してXRPLで確認されます。このプロトコルでは、バリデーターと呼ばれる指定された独立したサーバーが、XRPトランザクションの順序と結果について合意します。ネットワーク内のすべてのサーバーは同じルールに従って各トランザクションを処理し、プロトコルに従うトランザクションはすぐに確認されます。すべてのトランザクションは公開され、透過的であり、誰でもバリデーターを操作することができます。現在、台帳には150を超えるバリデーターが存在しており、世界中の大学、取引所、企業、個人によって運営されています。XRPLは2013年1月から継続的に運用されており、数十億のトランザクションが完了しています。

Federated Consensusメカニズムにより、XRPLは3〜5秒の確認速度で1秒あたり1,500件を超えるトランザクション (TPS) をサポートできます。また、ユーザーは低いトランザクション手数料 (通常は1セント未満) と公平性のメリットを受けることができます。つまり、どのトランザクションを優先するかを1名の参加者が決定することはありません。単一の参加者が独立して決定を下すことがないため、検証されたすべてのトランザクションを単一障害点なしで処理できます。


開発者向けXRPL

台帳は、開発者に強力なユーティリティと柔軟性を提供し、Python、Java、およびJavaScriptの各言語でコーディングできます。XRPLは、さまざまなユースケース向けに構築したい独立した開発者または企業に適しています。XRPLのウェブサイト では、開発者はさまざまなチュートリアルにアクセスして、さまざまなコーディング言語の使用、アプリの構築、アカウントの管理などを開始できます。 

XRP台帳は、ネイティブコインであるXRPに加えて、送金や資産のトークン化などの非効率性を解決するソリューションを作成するために開発者によって使用されます。現在、XRP Ledgerの主な用途は、決済、トークン化、DeFi、CBDC、ステーブルコインの5種類です。

決済

XRP Ledgerを利用することで、世界中に資産を振替させることができ、送金、財務決済、給与支払いなど国境を越えた即時送金が可能になります。例えば、Rippleネットは、XRP Ledgerを使用する銀行や決済プロバイダーの分散型ネットワークを通じて、クロスボーダー決済を強力にサポートします。また、ユーザーはXummのようなXRPウォレットを設定することで、グローバルな決済に最適化された中立的なブリッジ資産であるXRPを低手数料で取引することができます。

トークン発行

XRP台帳では、代替可能トークン、ステーブルコイン、中央銀行デジタル通貨 (CBDC) など、あらゆる種類の資産をトークン化できます。2022年5月の時点で、5,400を超える通貨がXRPLで発行および取引されています。

分散型金融 (DeFi)

金融商品やサービスには、XRP台帳の分散型取引所 (DEX) を介してアクセスすることができます。DEXはプロトコルにネイティブであり、中央指値オーダーブックモデルを使用してデジタル資産を取引します。ユーザーは、Sologenicなどのさまざまなオーダーブック・インターフェイスを介してDEXにアクセスし、XRP Ledgerで直接取引することができます。

CBDCs

XRP Ledgerは、CBDCのトークン化をサポートします。この機能により、中央銀行は他の決済システムと持続的かつ安全に相互運用できます。

ステーブルコイン

金融機関はXRP Ledgerでステーブルコインを発行することができます。 


XRPLの特徴とは?

XRPLは、高速、安価、信頼性に加えて、エネルギー効率に優れています。ネイティブコインであるXRPの各トランザクションは、トランザクションごとにわずか0.0079kWhを消費するため、他のネットワークよりも大幅に効率的です。


XRPとは?

XRPは、XRP Ledgerにネイティブなデジタル資産です。デジタルウォレットとインターネット接続があれば、誰でもXRPトークンを受信、保持、送信することができます。ユーザーはXRPを使用して、グローバル決済の送信、XRPL分散型取引所 (DEX) での取引、およびNFTの購入を行うことができます。

マイクロペイメント

すべてのユーザーは、さまざまなウォレットプロバイダーからXRPウォレットを設定して、取引を開始することができます。世界のどこにいても、わずか数秒でXRPを送受信することができます。XRPの送信者は、1円以下のごくわずかなトランザクション手数料しか支払わないため、ユーザーにとって手頃なソリューションとなっています。

DeFiトランザクション

XRPLには、ユーザーがDeFiトランザクションを実行できるようにするネイティブ分散型取引所 (DEX) があります。DEXの人気のあるアプリケーションの1つは、誰でも1つのデジタル資産を別のデジタル資産と交換できる取引です。開発者 (SologenicやGatehubなど) は、ユーザーがXRPウォレットを接続して取引を開始できるオーダーブック・インターフェイスを構築しました。また、ユーザーが取引できるXRPLネイティブ資産やラップされた資産も多数あります。

NFTs

XLS-20メインネット提案の実装に続いて、NFTはXRPLのエコシステムへの最新の追加となります。この実装により、生成、取引、バーンなどのすべての重要なNFT機能に加えて、クリエイターへの自動ロイヤリティや資産の共有化などの高度な機能も利用できるようになる予定です。これは、ユーザーがXRPLブロックチェーンのメリットを受けながら、さまざまな市場でNFTを作成、売買、取引できることを意味します。


バイナンスでのXRP購入方法とは?

XRPは、バイナンスなどの仮想通貨取引所で購入することができます。 

1. バイナンス アカウントにログインし、[Trade] -> [Spot] に移動します。

2. 検索バーに「XRP」と入力すると、利用可能な取引ペアが表示されます。例としてXRP/BUSD を使用します。


3. [Spot] ボックスに移動し、購入するXRPの金額を入力します。この例では、成行注文 を使用します。[Buy XRP] をクリックして注文確認すると、購入したXRPが現物ウォレットに入金されます。



まとめ

エネルギー効率の高いプロトコルと開発者に優しい環境のおかげで、XRPLはそのプラットフォーム上でのトランザクションとアプリケーションを奨励し続けています。XRPLは、銀行、機関、企業の国境を越えたお支払いに関する現在の問題を解決するのに役立つリソースへのゲートウェイと見なすことができます。