NFTステーキングとは何か、その仕組みとは?
目次
はじめに
NFTステーキングとはどのようなものですか?
NFTはどこでステークできますか?
MOBOX (MBOX)
Zookeeper (ZOO)
バイナンス・ファントークン・プラットフォームにおけるNFT PowerStationの利用方法について
まとめ
NFTステーキングとは何か、その仕組みとは?
ホーム記事
NFTステーキングとは何か、その仕組みとは?

NFTステーキングとは何か、その仕組みとは?

初心者
公開済 Dec 13, 2021更新済 Sep 1, 2022
5m
免責事項 この記事は教育目的のみです。バイナンスはこれらのプロジェクトとは何の関係もなく、またこれらのプロジェクトに対する保証もありません。バイナンスを通じて提供される情報は、投資や取引に関する助言や推奨を行うものではありません。バイナンスはお客様のいかなる投資判断にも責任を負いません。金融リスクを取る前に専門家のアドバイスを受けてください。
免責事項 この記事は教育目的のみです。バイナンスはこれらのプロジェクトとは何の関係もなく、またこれらのプロジェクトに対する保証もありません。バイナンスを通じて提供される情報は、投資や取引に関する助言や推奨を行うものではありません。バイナンスはお客様のいかなる投資判断にも責任を負いません。金融リスクを取る前に専門家のアドバイスを受けてください。


概要

NFTステーキングは、仮想通貨の世界で不労所得を得るための新しい方法です。NFTの保有者は、自分の資産をDeFiのプラットフォームでロックして、報酬を受け取ることができます。それも、NFTコレクションを売る必要はありません。

DeFiイールドファーミングと同様に、NFTステーキングは、PoS (プルーフ・オブ・ステーク) メカニズムを利用して参加者に報酬を与えます。NFTをロックすることで、ユーザーは年率利回り (APY) とステークしたNFTの数に応じた報酬を受け取ることができます。

個人レベルでは、全体の供給量が少なくなる傾向にあるため、NFTステーキングは投資家に利益をもたらします。しかし、より広い意味では、NFTステーキングはデジタルアートの収集という考えを超えて、NFTに新たなユースケースをもたらします。


はじめに

非代替性トークン (NFTs) というと、多くの人は、アートピースやコレクティブルアイテムをデジタルで表現したもので、時間の経過とともに価値が上がる可能性があるものだと考えます。NFTプロジェクトの中には、得られた収益の一部をNFT保有者のコミュニティと共有するものもあります。これらは通常、2次市場での販売やロイヤリティから得られます。

しかし、NFTの市場が拡大するにつれ、開発者、アーティスト、コレクターは、NFTコレクションの新しい使用例を模索しています。最新のユースケースの1つは、NFTをユーティリティトークンとしてステーキング・プラットフォームに使用することです。例えば、あるゲームのメタバースでは、NFTコレクターがNFTをステークしてゲームキャラクターの能力を高めたり、追加の報酬を得たりすることができます。


NFTステーキングとはどのようなものですか?

NFTステーキングとは、その名の通りプラットフォームやプロトコル上でNFTをロックアップし、ステーキング報酬やその他の特権を受け取ることを指します。これにより、NFTの保有者はNFTの所有権を維持したまま、不労所得を得ることができます。
NFTのステーキングは、他のDeFiイールドファーミングのコンセプトに比べるとまだ発展途上ですが、その仕組みは似ています。NFTをプラットフォームにロックアップすることで、年率利回り (APY)、ステーク期間、ステークしたNFTの数に応じて報酬を受け取ることができます。
NFTのユニークな性質のため、投資家やコレクターは一般的に、HODL、投機を好みます。NFTステーキングは、彼らの資産を収益化する新たな機会を提供します。これにより、より多くの人々が参加し、ステーク可能なNFTに対する市場の需要が高まる可能性があります。

NFTのステーキングは、Bitcoin (BTC) やEther (ETH) のステーキングと同じです。必要なのは、NFTを搭載した仮想通貨のウォレットです。ただし、すべてのNFTをステークして報酬を獲得できるわけではありません。プロジェクトによって要件が異なるので、NFTを取得する前に希望するプロジェクトを確認した方が良いでしょう。


NFTはどこでステークできますか?

2021年12月現在、大半のNFTステーキングの機会はプレイ・トゥ・アーンゲームからのものです。MOBOXとZookeeperがその例です。また、バイナンス・ファントークン・プラットフォームやDoge Capitalなど、いくつかのプロジェクトでは、自社のプラットフォーム上でNFTステーキング機能を開発しています。


MOBOX (MBOX)

MOBOXは、DeFiのイールドファーミングとNFTを組み合わせたプレイ・トゥ・アーンのゲームメタバースです。バイナンススマートチェーン上に構築されており、プレイヤーはNFTをステークして、そのネイティブ仮想通貨であるMBOXで報酬を得ることができます。

MOBOXのメタバースを「MOMOverse」と呼び、NFTを「MOMO」と呼びます。MOMOは、NFTのマーケットプレイスでミントしたり、獲得したり、購入したりすることができます。それぞれのMOMOは異なる品質を持ち、ランダムに生成されるハッシュパワーを持っています。ユニークなMOMOをステーキングすることで、ガバナンストークンであるMBOXをファームすることができます。MOMOを集めれば集めるほど、毎日たくさんのMBOX報酬を手に入れることができます。 

これらのMOMO NFTは、他のMOBOXパートナープラットフォームでも使用可能であり、パートナープロジェクトのNFTをMOBOXでも使用することができます。例えば、ステークしたPancakeSwapプロファイルのNFTを、PancakeSwapからステークを止めることなく、MOMOverseで使用することができます。これにより、チームバトルに参加してPancakeSwapでCAKEのステーキング報酬を得ると同時に、MOBOXのゲームで活用してMBOXの報酬を稼ぐことができます。


Zookeeper (ZOO)

Zookeeperは、ゲーム化されたイールドファーミングDAppです。異なるマスコットを採用している流動性プールにてNFTステーキングを提供しています。Zookeeperのすべての流動性プールではデュアルファーミングが可能で、ユーティリティトークンであるZOOとWan流動性スワッププロバイダー (WASP) トークンの両方を報酬として得ることができます。

APY報酬を増やすために、最大180日間の一定期間、トークンをロックすることを選択できます。また、ZooBoosterと呼ばれるNFTをステークすることで、報酬を最大化し、WSLPのロック期間を短縮することができます。ZooBoostersは、DAppで購入したゴールドチェストやZOOトークンをステーキングして入手できるNFTカードです。


バイナンス・ファントークン・プラットフォームにおけるNFT PowerStationの利用方法について

バイナンスは、NFTチャージサービスを提供する最初の仮想通貨取引所です。バイナンス・ファントークン・プラットフォームでは、トークン保有者はお気に入りのチームがサポートするNFTをチャージして、バイナンス・ファントークンの追加報酬を得ることができます。バイナンス・ファントークン は、スポーツクラブが発行するユーティリティトークンです。

バイナンス・ファントークンは、スポーツファンが、チケットや限定商品の独占的な割引、クラブの事項に対する投票権や決定権など、当該トークンの保有者だけに許された特別なクラブ特典にアクセスすることを可能にします。

NFT PowerStationは、バイナンス・ファントークン・プラットフォームの革新的なゲーミフィケーション機能です。対応するチームのNFT PowerStationで対応するNFTをチャージすることで、ファンは自分のファンダムをパワーアップさせ、バイナンス・ファントークンの追加報酬を請求することができます。NFTのチャージ期間が長ければ長いほど、得られるファンの報酬も高くなります。
バイナンス・ファントークン・プラットフォームでNFTをチャージして報酬を得る方法の詳細は、こちらのガイドをご確認ください。


まとめ

NFTステーキングは、参加者がアイドル状態のNFTコレクションから副収入を得るためのものです。同時に、NFTのステーキングは、これまでにないNFTの新しいユースケースを生み出しています。まだ早いかもしれませんが、おそらく新しいNFTステーキングの機会が生まれてくるでしょう。NFTのコレクターだけでなく、プレイ・トゥ・アーンのゲーム業界やブロックチェーン技術を利用したその他の分野においても同様です。


免責事項: この記事は教育目的でのみ使用されています。バイナンスはこれらのプロジェクトとは何の関係もなく、またこれらのプロジェクトを推奨するものでもありません。バイナンスを通じて提供される情報は、投資や取引に関する助言や推奨を行うものではありません。バイナンスは、お客様の投資判断に対して責任を負いません。金融リスクを取る前に、専門家のアドバイスを受けてください。

全てのコンテンツを見る