Harmony (ONE) とは?
目次
はじめに
Harmonyブロックチェーンとは?
Harmonyのシャーディングの仕組み
Effective Proof of Stakeの仕組み
ONEとは?
ONEの購入方法
ONEのステーク方法
ONEの管理方法
まとめ
Harmony (ONE) とは?
ホーム記事
Harmony (ONE) とは?

Harmony (ONE) とは?

中級者
Published Mar 3, 2022Updated Mar 23, 2022
6m

概要

Harmonyは、シャーディングとEffective Proof of Stakeを用いたレイヤー1ブロックチェーンで、スケーラビリティ、セキュリティ、分散化の3つを同時に達成しようとしているプロジェクトです。2019年に開始されたこのネットワークは、信頼性の高いクロスチェーンブリッジと4つのシャードを備え、並行してトランザクションを処理します。Proof of Stakeの効果により、バリデーターの分散化が促進され、シャーディングによりバリデーター、デリゲーター、ユーザーの間でネットワークの負荷が共有されます。

そのネイティブトークンであるONEは、トランザクション手数料、ガバナンス、ステーキングに使用することができます。バイナンスでは、クレジットカードやデビットカードでONEを購入したり、他の仮想通貨と交換したりすることができます。購入後は、MetaMaskやバイナンスチェーンウォレットなどのEVM対応ウォレットにONEを保管することができます。


はじめに

新しい機会や仮想通貨の使用例を探している場合、さまざまなアルトコインのプロジェクトを探索することは良いアイデアです。Harmonyネットワークについては、すでにご存じかもしれませんし、仮想通貨メディアで耳にしたことがあるかもしれません。この記事では、このプロジェクトの背景やポイント、参加方法についてご紹介します。


Harmonyブロックチェーンとは?

Harmonyは、Stephen Tseが2018年に設立したEffective Proof of Stake (EPoS) を採用したブロックチェーンで、2019年にメインネットをローンチしました。ポストEthereumのほとんどのプロジェクトと同様に、分散化、スケーラビリティ、セキュリティというブロックチェーンのトリレンマを解決すると主張しています。このトリレンマに対するHarmonyの回答は、シャーディングとそのEffective Proof of Stakeコンセンサスメカニズムです。

Harmonyプラットフォームのもう1つの大きな特徴は、クロスチェーンファイナンスモデルです。クロスチェーン、マルチチェーン機能の普及は目覚しく、Harmonyはこれらの機能に対応しています。このブロックチェーンは、BNBスマートチェーン (BNB)、Ethereum (ETH)、Bitcoin (BTC)などのネットワーク間のブリッジングサービスを提供するものです。

Harmonyは、バイナンスローンチパットを介して2019年にIEOを実施しました。Web3を拡張するためのHarmonyの主なビジョンは、ゼロ知識証明と分散型自律組織 (DAO) の2つです。


Harmonyのシャーディングの仕組み

Harmonyがセキュリティ、スケーラビリティ、分散化を実現するための鍵の1つがシャーディングです。Harmonyのシャーディングは、ネットワークを4つのセクションに分割し、並行して動作させるものです。ユーザーは好きなシャードを選ぶことができ、これによってネットワークの負荷が分散されます。検証、トランザクション、ブロックの作成、ステーキングはすべて、各シャードで個別に行われます。Harmonyにとって、シャーディングには以下のメリットがあります。

1. バリデーターはブロックチェーン全体のトランザクション履歴の完全なコピーを保持する必要はありません。

2. 悪意のあるバリデーターによるシャードの乗っ取りを防ぐために、シャードへの割当はランダムに行われます。エポック毎に、バリデーターは新しいシャードに移動し、リーダーは交代します。
Harmonyでは現在、BLSキーと呼ばれる1シャードあたりのバリデーター枠を250個に制限しています。必要であれば、将来的にネットワークの需要に応じてシャードやバリデーターの数を増やすことができます。シャード0はビーコンチェーンと呼ばれ、シャード1、2、3間の情報リレーとして機能します。どのシャードを使用しても、トランザクション時間はおよそ2秒です。
現在、ほとんどの活動はビーコンチェーンで行われています。クロスシャードの完全な実装はまだ途上ですが、ロードマップにはあります。将来的には、クロスシャード通信により、ノード間で直接メッセージを送信することで、シャードをまたいだスマートコントラクトの運用が可能になる予定です。


Effective Proof of Stakeの仕組み

Effective Proof of Stake (EPoS) は、標準的なProof of Stake(PoS) バリデーターとデリゲーターのモデルに類似しています。バリデーターはONE (Harmonyのネイティブトークン) をステークしてノードを運営し、場合によっては選挙プロセスを通じてトランザクションを処理します。デリゲーターは、将来のブロック報酬の一定割合とトランザクション手数料を報酬として受け取る代わりに、支持するバリデーターに対してONEをステークします。選出され、シャードが割り当てられると、バリデーターはブロックを作成し、その報酬をデリゲーターと共有します。

EPoSの報酬分配が他のPoSとの違う点です。ほとんどのPoSシステムは、少数のバリデーターに報酬とパワーを集約しています。ステークしている枚数が多ければ多いほど、ブロックを承認する機会が増え、より稼ぐことができます。一方、EPoSは報酬を減らし、単一のノードに過剰に出資するバリデーターにはペナルティを科します。これによって、ステークの規模が小さいノードでも、その規模に比してより有利な報酬を受け取ることができ、大規模なバリデーターの分散化を促進することができます。また、このシステムは、単一障害点が生まれないことにも役立ちます。

EPoSは安全な決済方法を提供するだけでなく、ガス手数料を低く抑えることができます。このため、Ethereumの高いガス代やBitcoinのスケーラビリティの問題であるPoW (Proof of Work) に代わる魅力的な選択肢となっています。


ONEとは?

HarmonyプロトコルのネイティブトークンONEには以下の用途があります。

1. ネットワークトランザクション手数料のお支払い

2. ブロック報酬と引き換えに、デリゲーターまたはバリデーターとしてステーキングを実施

3. Harmonyのオープンガバナンスメカニズムへの参加

Harmonyは、年間4億4100万ONEのバリデーターに一定の報酬を提供しています。トランザクション手数料は、発行枚数の純増減をゼロにするために、ブロック報酬として提供されるのと同じ枚数がバーンされます。


ONEの購入方法

ONEは、いくつかの方法でバイナンスで購入することができます。1つ目の方法は、選択した法定通貨を使用して、クレジットカードまたはデビットカードで購入することができます。[デビットカード/クレジットカードで仮想通貨を購入] ページに向かい、お支払いを希望する通貨を選択し、[受取] 欄でONEを選択してください。次に、[次へ] をクリックし、指示に従って支払いを行ってください。


また、他の仮想通貨をONEにすることもできます。Exchange View (取引所表示) にアクセスし、取引ペア検索欄に「ONE」と入力すると、利用可能な取引ペアの一覧が表示されます。TradingViewの使用方法については、バイナンスウェブサイトでのTradingViewの使用方法の記事をご覧ください。また、ONEはSushiSwapのような分散型仮想通貨取引所 (DEX) やマーケットプレイスで購入することができます。


ONEのステーク方法

バリデーターまたはデリゲーターとして、HarmonyブロックチェーンにONEをステークすることができます。最もシンプルな方法は、デリゲーターとしてステークすることです。この場合、トークンをデリゲートするバリデーターを探す必要があります。

1. ステーキングを開始するには、Harmonyステーキングエクスプローラーにアクセスし、バリデーターの名前をクリックしてバリデーターを選択します。


2. [Delegate] ボタンをクリックする。


3. その後、サインインするよう求められます。Harmonyで新しいウォレットアドレスを作成するか、既存のアドレス (例えばMetaMask) を使用するかを選択することができます。

4. ログイン後、再度 [Delegate] ボタンをクリックし、ステークしたい枚数を選択します。あなたが選んだバリデーターが選出されると、あなたと他のデリゲーターはブロック報酬の一部を受け取り始めることになります。

5. バリデーターとしてのステーキングは、ノードを実行する必要があり、より複雑な処理となります。詳細については、Harmony docsをご覧ください。


ONEの管理方法

HarmonyはEVM対応のブロックチェーンネットワークなので、MetaMaskやバイナンスチェーンウォレットに追加するのは簡単です。EVM (Ethereum Virtual Machine) ネットワークを追加できる他の拡張ウォレットを使用している場合も、Harmonyと一緒に使用することができます。 MetaMaskのBNBスマートチェーンへの接続方法に関するガイドに従い、メインネットの情報は以下をご利用ください。

ネットワーク名

Harmonyメインネット

新しいRPC URL (斜体のURLのみ使用)

シャード0: https://api.harmony.one
シャード1: https://s1.api.harmony.one
シャード2: https://s2.api.harmony.one
シャード3: https://s3.api.harmony.one

チェーンID (斜体になっている数字のみ使用)

シャード0: 1666600000
シャード1: 1666600001
シャード2: 1666600002
シャード3: 1666600003

通貨シンボル

ONE

ブロックエクスプローラーのURL

https://explorer.harmony.one/


ハーモニーは複数のシャードで構成されていることを忘れないでください。特定のシャードに接続する場合は、正しいRPC URLとチェーンIDのペアを使用する必要があります。シャード1、2、3がより活発になるまでは、取引所とのトランザクション、ステーキング、スマートコントラクトの使用にはシャード0を使用することをおススメします。


まとめ

投資家、DeFi DAppユーザー、ステーカーのいずれにとっても、Harmonyには探索し、参加する魅力のある強固なエコシステムがあります。現在のロードマップの段階でも、使ってみたい、発見したいことがたくさんあります。今後、さらにクロスシャードの機能が追加される予定ですので、Harmonyのホームページで最新情報を確認しておきましょう。