BNBとは?
目次
バイナンスコイン(BNB)とは?
BNBの使用方法
BNBとは?
ホーム記事
BNBとは?

BNBとは?

初心者
Published Nov 28, 2018Updated Aug 6, 2021
4m

概要

BNBはバイナンスのエコシステムを支えており、バイナンスチェーンとバイナンススマートチェーン上のネイティブコインです。BNBには以下に挙げる複数のユースケースがあります。

  • バイナンス上の取引手数料のお支払い
  • バイナンスDEX(分散型取引所)上の取引手数料のお支払い

  • バイナンスチェーン上の取引手数料のお支払い
  • バイナンススマートチェーン上の取引手数料のお支払い

  • オンラインと実店舗の両方で商品やサービスを購入する際のお支払い(例:バイナンスカードやバイナンスペイを使用)。

  • Travala.comでホテルやフライトなどの予約

  • バイナンススマートチェーンのエコシステム(ゲームやDAppsなど)上のコミュニティ・ユーティリティ・トークン

  • バイナンス・ローチパッド上で開催されるトークンセールに参加
  • バイナンスチャリティーで寄付

  • バイナンス流動性スワップで流動性を提供


バイナンスコイン(BNB)とは?

BNBは、バイナンス取引所が運営開始する前の2017年6月26日から7月3日までの11日間で実施されたイニシャル・コイン・オファリング(ICO)によって、ローンチされました。ICO時の価格は、1ETH = 2,700BNB、もしくは1BTC = 20,000BNBでした。BNBはICOを通じてローンチされましたが、BNBはユーザーにバイナンスの利益による配当を提供するものではなく、またバイナンスへの投資を意味するものでもありません。  
当初BNBはERC-20トークンとして、Ethereumネットワーク上で発行されました。合計発行枚数は2億枚です。ICOでは、1億BNBが提供されましたが、現在ではバイナンスが保有するBNBを焼却する、定期的なバーンイベントによって現在の合計供給枚数は2億枚を下回っています。なぜ、コインのバーンによってBNBが永久に失われるのかについて、もっと詳しく知りたい場合はコインのバーンとは?の記事をご覧ください。
当初BNBはEthereumネットワークベースでしたが、ERC-20のBNBトークンはその後、1対1のレートでBEP-2のBNBにスワップされました。BEP-2のBNBは、2019年4月18日にメインネットのローンチが発表された、バイナンスチェーンのネイティブコインです。
2020年9月、バイナンスはバイナンスチェーンと並行で稼働する、バイナンススマートチェーン(BSC)をローンチしました。つまり、BNBには以下の3種類があるということです。
  • バイナンスチェーン上のBNB(BEP-2)

  • バイナンススマートチェーン上のBNB(BEP-20)

  • Ethereumネットワーク上のBNB(ERC-20)


最新のBNB価格はこちらをクリックして、確認してください。


BNBの使用方法

前述のとおり、BNBにはバイナンスエコシステム内外の両方でたくさんのユースケースがあるので、ユーザーがBNBをどのように使用するかについて決めます。例えば、BNBを、旅費のお支払い、バーチャルギフトの購入などに使用することができます。私たちは、これまで旅費、グッズのお支払い、レンディング、報酬、スマートコントラクトの作成、そしてその他の取引のために何百万ものBNBが消費されてきたと推定しています。

また、多くの人が取引手数料をお支払いするためにBNBを使用しています。トレーディングプラットフォームだけでも、約200万人のユーザーが、1,270億回以上の取引で、合計4,000万BNB以上を取引手数料としてお支払いしています。ここからは取引手数料のお支払いがBNBでどのような役に立つのかを説明します。

バイナンスで仮想通貨の取引を行う際、各取引毎に0.1%の標準取引手数料が発生します。(取引手数料は月間取引高と所有しているBNBの枚数で決まります。)取引している仮想通貨、もしくはBNBで取引手数料をお支払いすることができます。BNBでお支払いする場合、特別な割引があります。
そのため、バイナンスで多くの取引を行う場合は、BNBを手に入れて、それを使用して手数料をお支払いすることを検討すべきです。なお、取引手数料の割引には一定のスケジュールがあるので、最新の現物取引手数料表を必ず確認してください。また、バイナンス先物プラットフォームでは、若干異なる取引手数料表を採用しているため、ご注意ください。

取引手数料の割引以外にも、BNBはバイナンスDEX(バイナンスチェーン上)やバイナンススマートチェーン(BSC)上で動作する何百ものアプリケーションを動かしており、BNBをバイナンスの取引プラットフォーム以外でも利用できます。実際、BSCでは180以上のデジタルアセットが発行されており、数百万人のユーザーがBSCに関連してBNBをユーティリティー目的で消費しています。

現在のBitcoin(BTC)価格を確認してみましょう。


BNBはどこで手に入れることができますか?

BNBの購入の大半は二次市場で行われています。つまり、Binance.comやその他の仮想通貨プラットフォーム上でBNBの売買ができるということです。こちらは今すぐにBNBを購入する方法です!