BitTorrent (BTTC) とは?
目次
はじめに
BitTorrentとは?
BitTorrentの仕組み
BitTorrent Speed
BitTorrentファイルシステム (BTFS)
DLive
BTTCとは?
BinanceでのBTTC購入方法
まとめ
BitTorrent (BTTC) とは?
ホーム記事
BitTorrent (BTTC) とは?

BitTorrent (BTTC) とは?

中級者
公開済 Aug 29, 2022更新済 Sep 23, 2022
5m




概要

BitTorrentは、世界最大の分散型ピアツーピア (P2P) ファイル共有プラットフォームの1つです。TronブロックチェーンとTRC10ユーティリティトークンであるBTTCが活用されています。BTTCは、ネットワーク上のユーザーにインセンティブを与えて、高速ダウンロードと安全な分散型ストレージのためのローカルコンピュータリソースを提供するために使用されます。BitTorrentエコシステムにはコミュニティベースのライブストリーミングプラットフォームもあり、コンテンツクリエイターと視聴者はBTTC報酬を獲得して、ステーキングすることができます。

はじめに

2000年代には、インターネット経由で音楽や映画を無料でダウンロードする一般的な方法は、BitTorrentのようなピアツーピア (P2P) プラットフォームを使用することでした。その人気にもかかわらず、ユーザーにとって最大の課題の1つは、ほとんどのユーザーがコンテンツを受け取った後にネットワークにファイルを共有し続けるインセンティブがなかったため、目的のコンテンツを見つけてダウンロードするのに長い時間がかかったことでした。

BitTorrentとは?

BitTorrentは、データとファイル共有のための最大かつ最も長い歴史のあるP2Pプラットフォームの1つです。インターネットが普及しはじめたばかりの2001年に最初にリリースされたBitTorrentは、ユーザーがエンターテイメントメディアやその他の大きなファイルやデータをダウンロードして、入手する方法に革命をもたらしました。

2018年後半、BitTorrentはTron財団に買収されました。さまざまな新しいツールを備え、ネットワーク参加者にインセンティブを与えるために TRC10トークン、BitTorrent (BTTC) を統合したTronブロックチェーン上の分散型P2Pプラットフォームとして再始動しました。

BitTorrentの仕組み

オリジナルのBitTorrentプラットフォームは、映画や音楽などのエンターテイメントメディアをインターネットユーザー間で交換するために、Bram CohenとDavid Harrisonによって設立されました。BitTorrentは単一のサーバーにコンテンツを保存しません。代わりに、ファイルとデータはユーザーのコンピューター間で分散およびホストされます。ユーザーがファイルをダウンロードすると、ネットワーク内の複数のプロバイダからそのファイルの一部(トレント)を受信し、その後、BitTorrentネットワークに接続したままにして、他のユーザーにファイルを「シード (seed)」することができます。

BitTorrentネットワーク内では、完全なファイルを持っている人は誰でもシーダー (seeder) になることができます。ファイルをサポートするシーダーが多いほど、ダウンロード速度は速くなります。ただし、これまではファイルをダウンロードした後もユーザーがネットワークに接続したままになるインセンティブはほとんどありませんでした。ファイル転送速度を向上させるために、BitTorrentはネイティブトークンのBTTCを採用したBitTorrentプロトコルのアップグレード版を発表しました。

BitTorrent Speed

ブロックチェーン技術を実装したBitTorrent Speedは、インセンティブシステムを通じてダウンロード速度を高速化します。ファイルを要求するには、ユーザー (「サービスリクエスター」) は入札を送信して、ファイルをシードするユーザーに提供する BTTCトークンの枚数を指定する必要があります。他の当事者 (「サービスプロバイダー」) が入札を受け入れると、サービスリクエスターは合意されたBTTC枚数をTronブロックチェーン上の決済チャネルのエスクローに転送する必要があります。ファイルが転送された後、BTTCはプロバイダにクレジットされ、トランザクションはTronブロックチェーンに記録されます。

BitTorrent SpeedはBTTCを使用して、ユーザーにファイルのシードを続行するようインセンティブを与え、ファイル共有効率を大幅に向上させ、ダウンロード速度を高速化します。P2Pネットワーク上でより簡単に利用可能なファイルがあれば、無料のBitTorrentクライアントを使用してピアからファイルをダウンロードしているユーザーにもメリットがあります。

BitTorrentファイルシステム (BTFS)

ファイル共有以外にも、BitTorrentはBitTorrentファイルシステム (BTFS) と呼ばれる分散型P2Pファイルストレージシステムも備えています。BTFSは、従来の集権型クラウドストレージに代わる、スケーラブルで検閲耐性がある、費用対効果の高い代替手段を提供することを目指しています。

BTFSネットワークは、レンダーとホストと呼ばれる何百万ものBTFSノードで構成されています。レンダーはネットワーク上のストレージを借りるユーザーであり、ホストはBTTC報酬のためにアイドル状態のディスク容量を共有するユーザーです。レンダーがBTFSサービスを使用すると、ファイルはシャーディングされ、ネットワーク上の複数の信頼できるホストに配布されます。高度なエンコード方法とファイル修復技術により、BTFSはファイルの機密性とセキュリティを保証し、ユーザーは中断なしで、いつでもアクセスすることができます。

DLive

2020年、BitTorrentはコミュニティベースのブロックチェーンライブストリーミングプラットフォームであるDLiveを買収し、BitTorrentエコシステムでより分散化されたサービスを提供しました。従来のプラットフォームとは対照的に、クリエイターと視聴者の両方がプラットフォームへの貢献に対して報酬を受け取ります。コンテンツを視聴、チャット、ギフト、共有したユーザーは、BTTC報酬を獲得することができます。さらに、BTTCはより多くの報酬を獲得し、DLiveでプレミアムサービスのロックを解除するためにステーキングすることができます。

BTTCとは?

BTTCはBitTorrentエコシステムのTRC10ユーティリティトークンで、総発行枚数は9,900億枚です。これは、BitTorrentネットワーク上のネットワーキング、帯域幅の共有、およびストレージリソースのためのトークンベースの経済を構築するために開始されました。

BTTCは、分散ストレージスペースの支払い、ファイルダウンロード帯域幅の入札、これらのサービスを提供する人々の報酬など、ネットワーク上のP2Pサービスの支払いとして使用することができます。BitTorrentは、新しいコンテンツの作成をクラウドファンディングしたり、クリエイターから直接ダウンロード可能なアセットを購入したり、ライブストリーミングコンテンツのクリエイターにDLiveでBTTCギフトをチップとして提供するなど、現在のユースケースを超えてBTTCを利用する予定です。

BinanceでのBTTC購入方法

BitTorrent Chainトークン (BTTC) は、バイナンスのような仮想通貨取引所で購入することができます。

1. Binance Accountにログインし、[Trade] - [Spot] をクリックします。

2.「BTTC」を検索すると、利用可能な取引ペアが表示されます。この記事では、BTTC/BUSDを例にして説明します。

3. [Spot] ボックスで、購入するBTTCの枚数を入力します。この例では、成行注文を使用します。[Buy BTTC] をクリックすると、購入したトークンが自分の現物ウォレットに入金されます。

まとめ

BitTorrentは、ブロックチェーン技術と仮想通貨を使用して既存のピアツーピアファイル共有プラットフォームに革命を起こすユニークなプロジェクトです。従来のP2Pファイル共有プラットフォームに代わる、より分散化され、効率的で、コストを節約する代替手段を提供します。将来的には、BitTorrentチームはBTTCトークンにより多くのユースケースを追加し、より多くのDApp機能をサポートしようとしていますが、これはファイル共有および保存機能を備えた独自のDAppsを起動しようとしている開発者にとって魅力的なツールになる可能性があります。