Binance Oracleとは?
目次
はじめに
ブロックチェーンのオラクルとは?
Binance Oracleとは?
どのようなソリューションが提供されていますか?
Binance Oracleの使用方法
まとめ
Binance Oracleとは?
ホーム
記事
Binance Oracleとは?

Binance Oracleとは?

初心者
公開済 Oct 25, 2022更新済 Nov 18, 2022
5m

概要

ブロックチェーンオラクルは、ブロックチェーンを現実世界の情報に接続する中間パーツに例えることができます。Binance Oracleは、スマートコントラクトを信頼できる認証済のデータソースに接続することでそれを実現します。当初はBNB Chain用に設計されていましたが、将来的には他のチェーンにも拡張される可能性があります。現在、これにより、BNB Chainに基づく各プロジェクトがそれを使用して利益を得ることができます。Binance Oracleを使用すると、開発者はデータの問題を心配する必要がなくなり、代わりにブロックチェーンプロジェクトの他の重要な側面に集中することができます。

はじめに

ブロックチェーンオラクルは、ブロックチェーンエコシステムの重要な構成要素です。オラクルが存在しない場合、スマートコントラクトは実世界のデータを取得する方法がありません。Binance Oracleは、スマートコントラクトがブロックチェーンアプリケーションに必要な現実世界のデータソースにアクセスできるようにするブロックチェーンオラクルです。これにより、スマートコントラクトが適切なタイミングで正しいデータを確実に取得できるようになります。

ブロックチェーンのオラクルとは?

ブロックチェーンオラクルは、ブロックチェーンと現実世界の架け橋として機能するサービスであり、スマートコントラクトがネイティブネットワーク外のデータソースにアクセスできるようにします。つまり、オンチェーンアプリケーションとオフチェーンデータをつなぐ役割を担っています。

そのため、オフチェーンイベントは、スマートコントラクトによって認識されるオンチェーンイベントに伝えることができます。この情報は、トークンや株価からサッカーの試合の結果、天気予報まで、何でもかまいません。

ブロックチェーンオラクルは、データソース自体ではありませんが、データが正確かどうかを確認することもできます。代わりに、情報を収集して認証し、正しい宛先に送信する追加のレイヤーに似ています。

また、ブロックチェーンオラクルは人々がコントラクト上の合意でブロックチェーンを使用することを可能にします。例えば、あなたとあなたの友達はこのようにサッカーの試合に賭けることができます。まず、あなたとあなたの両方が条件に合意し、スマートコントラクトにあなたの資金をロックします。次に、ブロックチェーンオラクルはスマートコントラクトにゲームの結果を通知します。最後に、ゲームが終了した後、スマートコントラクトは賭けの勝者に資金を解放します。

ブロックチェーンオラクルにはさまざまな種類があり、オラクルはソフトウェア、集中型、分散型、インバウンド、アウトバウンドなどの複数のカテゴリに分類することができます。基本的に、ブロックチェーンオラクルがどのように動作するかは、それが構築された目的によって異なります。

Binance Oracleとは?

スマートコントラクトは、支援なしに外部データとやり取りすることはできません。代わりに、必要な情報を提供するためにオラクルに依存しています。Binance Oracleは、この点で他のブロックチェーンオラクルと似ています — これは、ブロックチェーンに信頼性が高く安全なオンチェーンデータを提供するよう努めているバイナンスが提供するデータサービスです。

Binance Oracleは現在、BNB Chain専用に構築されています。これは将来他のチェーンに拡張できないという意味ではありません。さらに、BNB Chain上に構築されたすべてのプロジェクトがそのサービスを使用することができます。

BNB Chainエコシステムは、多くの点でBinance Oracleの恩恵を受けています。まず、ネイティブブロックチェーンオラクルを持つことで、ブロックチェーンデータの信頼性が強化されます。次に、より信頼性の高いデータは、既存および新規のプロジェクトに新たな可能性をもたらします。

最後に、Binance OracleはBNB Chainエコシステムに新しい開発者を引き付けることができます。これにより、開発者はBNB Chainベースのプロジェクトをオフチェーンデータに接続できるため、既存のデータを維持し、新しいソースを見つけ、信頼性の低いデータを使用するリスクを軽減することができます。

どのようなソリューションが提供されていますか?

ブロックチェーンプロジェクトは信頼できるデータに依存しています。Binance Oracleは、オラクルが正確でタイムリーで改ざん防止であることを保証する4つの側面で構成されています。BNB Chainを現実世界に接続するBinance Oracleの機能について詳しく見ていきましょう。

データソース

Binance Oracleは慎重に選択されたデータソースを使用します。これは、情報が正確であり、そのソースが信頼できるかどうかを判断するのに役立ちます。例えば、Binance Oracleは、複数の集中型取引所 (CEX) および 分散型金融 (DeFi) アプリケーションから価格データを調達し、加重平均式を使用してデータを集計します。

データ処理と署名

Binance Oracleには、データの改ざん防止を目的としたデータ処理および署名機能があります。しきい値署名スキームと呼ばれる分散署名システムを確立し、さまざまなソースからの最新データに署名します。公開鍵を持っている人は誰でもデジタル署名の正確性と信頼性を検証することができ、秘密鍵のセットなしでは誰もデータを変更することはできません。

データ公開

データは、署名された情報のみを公開するマルチノードを介してブロックチェーンに公開されます。データを保存するスマートコントラクトは安全で監査されており、マルチノードはさまざまな市況に応じてデータの公開頻度を調整できます。これは、価格のボラティリティが高いときに正確なデータを取得できることを意味します。また、マルチノードは、最も極端なシナリオでも、データ公開の信頼性を保証します。

データ監視

Binance Oracleのデータは、24時間年中無休で動作する独立した監視サービスで最新の状態に保たれています。さまざまなデータソースから価格を取得し、公開されているブロックチェーンデータと比較します。Binance Oracleサポートチームは、大幅な逸脱が検出された場合に介入します。

Binance Oracleの使用方法

ブロックチェーンアプリケーションを使用したことがある場合は、おそらくBinance Oracleの使用方法を学ぶ必要はありません。必要に応じて、開発者はアプリケーションを特定のデータに既に接続しています。ただし、Binance Oracleを利用する必要があるブロックチェーン開発者の場合は、公式マニュアルで統合を順を追って説明します。

まとめ

ブロックチェーンは、情報が内部データに限定されるため、オラクルなしでは大量採用の可能性と可能性が低くなります。ブロックチェーンオラクルはデータの可用性の問題を解決しませんが、外部ソースを使用してオンチェーンでオフチェーンデータを利用できるようにすることができます。

Binance Oracleは、スマートコントラクトがネットワーク外のすべての確認済みデータに接続できるようにします。プロセスを使用して、データが一貫して正確で、安全で、最新であることを確認します。Binance Oracleは、データの信頼性を確保し、起こりうる問題を常に監視するために、4つのソリューションを開発しました。