トレンドラインに関する説明
目次
トレンドラインとは?
トレンドラインの使用方法
有効なトレンドラインの引き方
スケール設定
まとめ
トレンドラインに関する説明
ホーム記事
トレンドラインに関する説明

トレンドラインに関する説明

初心者
Published Sep 9, 2019Updated Apr 22, 2021
5m

トレンドラインとは?

金融市場において、トレンドラインとはチャート上に線引きされた対角線です。これらは特定のデータポイントを接続し、チャートやトレーダーが価格の変動を視覚化し、市場トレンドの識別を容易にします。トレンドラインはテクニカル分析(TA)の最も基本的なツールの1つと考慮されています。
それらは、株式、法定通貨、デリバティブ、および仮想通貨市場で広範囲に使用されています。基本的にトレンドラインは、支持線抵抗線と同様に動作しますが、水平線ではなく、勾配で作成されています。したがって、正または負の勾配を保持することができます。一般的に、線の傾きが大きいほど、トレンドは強くなります。

トレンドラインは基本的に上昇線(上昇トレンドライン)と下降線(下降トレンドライン)の2つに分類することができ、名前が示すように、上昇トレンドラインは、チャートの低い位置から高い位置に線引きされます。下の図が示すように、2つ以上の低いポイントを接続します。



対照的に、下降トレンドラインは、チャート上の高い位置から低い位置に線引きされ、2つ以上の高いポイントを接続します。



要するに、2種類のラインの違いは、ラインを引くためのポイント選択にあります。上昇トレンドでのラインは、チャートの最も低いポイント(ローソク足のボトムがより高い低値を形成しています)を使用して線引きされます。一方、下降トレンドでのラインは、最も高いポイント(ローソク足のトップが低い高値を形成しています)を使用して線引きされます。


トレンドラインの使用方法

トレンドラインは、チャートの高値と低値に基づいて、価格が一時的に優勢なトレンドに反した場所を示し、テストを行い、その後、有利な方向に戻ったことを示しています。このラインは、将来の重要なレベルを予測するために延長することが可能でトレンドラインが動作する限り、有効であると考慮されています。

トレンドラインは様々な種類のデータチャートで使用することが可能ですが、通常は市場価格に基づいています。これは、市場の需給に関する洞察を提供できることを示しています。当然のことながら、上昇トレンドラインは、増加する購入力を示しています(需要が供給を上回っています)。下降トレンドラインは、反対(供給が需要を上回っています)を示唆し、一貫した価格下落に関連付けられています。

しかし、このような分析では取引量も考慮しなければなりません。例えば、価格は上昇しているが、数量は減少している場合や、比較的少ない場合、需要が増加しているという誤った印象を与えてしまう可能性があります。

前述したように、トレンドラインはテクニカル分析の基本的ですが、非常に重要な概念である2つの支持線抵抗線を識別するために使用されます。上昇トレンドラインは、価格が下落する可能性が低い支持線を示します。対照的に、下降トレンドラインは、価格が上昇する可能性が低い抵抗線を示しています。

言い換えれば、低値(上昇トレンドライン)または高値(下降トレンドライン)の支持線と抵抗線が崩れると、市場トレンドは無効とみなされる可能性があります。多くの場合、これらの重要なレベルがトレンドを維持できない場合、市場は方向転換する傾向があります。

しかし、テクニカル分析は主観的な分野であり、トレンドラインの引き方は人よって全く異なる場合があります。リスクを軽減するために、複数のTA分析と基礎的な分析を組み合わせた方が有用かもしれません。


有効なトレンドラインの引き方

技術的には、トレンドラインはチャート内の2つのポイントを結ぶことができます。しかし、大半のチャート専門家は3つ以上のポイントを使用することでトレンドラインが有効になると考えています。場合によっては、最初の2つのポイントを使用して潜在的なトレンドを定義し、3つ目のポイント(将来的に拡張された)を使用してその有効性をテストすることができます。

要するに、価格がトレンドラインを突破することなく、3回以上トレンドラインに接触した場合、そのトレンドは有効であると考えられます。トレンドラインを複数回テストするということは、トレンドが価格変動によって引き起こされる単なる偶然の一致ではないことを示唆しています。


スケール設定

有効なトレンドラインを作成するために十分なポイントを選択することに加えて、トレンドラインを引く際には適切な設定を考慮することが重要です。チャートの設定で最も重要なのは、スケールの設定です。

金融チャートでは、スケールの価格変動の表示方法に関連します。最も一般的なスケールは、算術式と半対数式(セミログ)の2つです。算術チャートでは、価格がY軸を上下に移動すると変動が均等に表されます。半対数チャートは、パーセンテージの変動を表します。

例えば、5ドルから10ドルへの価格変動は、120ドルから125ドルへの価格変動と同じ距離を算術チャート上でカバーします。しかし、半対数チャートでは、100%の利益(5ドルから10ドル)は、120ドルから125ドルへの変動の4%の増加とは対照的に、チャートのはるかに大きな部分を占めることになります。

トレンドラインを引く際には、スケール設定を考慮することが重要です。チャートの種類によって、高値と低値が異なるため、トレンドラインが若干異なる場合があります。


まとめ

トレンドラインは、テクニカル分析のための有用なツールですが、確実なものではありません。トレンドラインを引く際に使用されるポイントの選択は、実際のトレンドを正確に表す程度に影響を与え、それらを少々主観的なものにします。

例えば、一部のチャート専門家は、ウィックを無視して、ローソク足のボディに基づいてトレンドラインを引きます。ウィックの高値と安値に応じてラインを引く人も存在します。 
そのため、他のチャートツールやインジケーターと組み合わせてトレンドラインを使用することが重要です。他のTA指標の注目すべき例としては、一目均衡表ボリンジャーバンド(BB)MACDストキャスティクスRSIRSI移動平均などが挙げられます。