バイナンススマートチェーン上のトップ3 NFTプロジェクト
目次
はじめに
BakerySwap:コレクティブルNFT
Battle Pets:ゲーミングNFT
PancakeSwap:ファイナンシャルNFT
NFTにバイナンススマートチェーンを選択する理由
まとめ
バイナンススマートチェーン上のトップ3 NFTプロジェクト
ホーム記事
バイナンススマートチェーン上のトップ3 NFTプロジェクト

バイナンススマートチェーン上のトップ3 NFTプロジェクト

初心者
Published Apr 15, 2021Updated Aug 31, 2021
5m

概要

バイナンススマートチェーン(BSC)では、ノンファンジブルトークン(NFT)の需要が高まり続けています。ブロックチェーンのスピードと低い取引手数料は、ユーザーにとっても開発者にとっても非常に魅力的です。
BSCでは、Battle Pets、PancakeSwap、BakerySwapなど、NFTができることの限界に挑戦してきました。Battle PetsとBakerySwapは、コレクターズアイテムと、トークンのための 分散型金融(DeFi)ステーキングを組み合わせています。PancakeSwapでは、収集性、金融的有用性、ゲーミフィケーションを融合したNFTの実験も行っています。
我々はCryptoKittiesから長い道のりを歩んできました。BSCは、プロジェクトの高パフォーマンスと低い手数料を活用して、NFTのイノベーションを生み出すことができる場所です。

はじめに

アート界のCryptoPunksから Axie Infinity の収集可能なクリーチャーまで、膨大な数のNFTが存在し、売買されています。これまでのところ、この活動のほとんどはEthereumで行われていましたが、その高パフォーマンスと低い手数料のために、何千人ものユーザーやプロジェクトがバイナンススマートチェーンに移行しています。
NFTの交換、ゲーム、金融など、BSCにはNFTができることの新境地を開拓するプロジェクトがあります。それぞれの分野でトップの分散型アプリケーション(DApps)に飛び込み、NFTプロジェクトがBSCで成功している理由を探ってみましょう。

BakerySwap:コレクティブルNFT

NFTのマーケットプレイスは、人々が 暗号化されたアートや収集品 を取引するために常に存在しています。Trust Wallet などの対応ウォレットにNFTを保管しておけば、あとは価格を設定して買い手が来るのを待つだけです。
大抵の取引所はユーザーフレンドリーですが、エキサイティングなNFTの開発に関して、背中を押すことはありません。一方、BakerySwap は少し違ったやり方をしています。

予想通り、DAppのマーケットプレイスには、いつものようにアートや毛皮のような暗号化されたモンスターのコレクションがあります。これらのNFTの価値は、その収集性と可能な実用性によって決まります。弱いモンスターよりも強いモンスターの方が高く売れる。また、希少価値の高い美術品は、より高い価格で取引されています。以下は、BakerySwapアートNFTの例です。

BakerySwapのNFTカテゴリーを注意深く見ていくと、面白いNFTが出てきます。これらのトークンは、PNG画像や楽曲の権利だけでなく、それ以上のものを与えてくれます。



また、BakerySwapでは、NFTベーカリーコンボ の作成が可能です。スナック菓子をモチーフにしたNFTは、コレクションアイテムとしてだけでなく、プラットフォームのネイティブトークンであるBAKEをファームするためのツールとしても利用できます。かわいい絵がついていますが、本当の価値は経済的なメリットにあります。

各NFTコンボにはステーキングパワーがあり、ステーキングすることでBAKEトークンを獲得することができます。各コンボのステーキングパワーの量にはランダム性があります。今、この NFTスーパーマーケット には、数枚の絵画が販売されているだけでなく、様々なものがあります。


Battle Pets:ゲーミングNFT

NFTとゲームの組み合わせも、NFTの典型的なユースケースです。CryptoKittiesの初期の頃から、ゲーミフィケーションはNFTの採用において勝利を収めてきました。BSCは現在、戦う毛皮のようなNFTクリーチャーを大量に所有しており、トレードやバトルだけでなく、様々なことができるようになっています。

Battle Pets は、ポケモンのような感覚で、NFTの動物を取引できるゲームです。これは試行錯誤の末に完成した方式ですが、金融とゲーミフィケーションの要素が加わっています。


Battle Petsは、そのバトルの仕組みから、従来の常識を覆します。 トーナメント と シージ では、NFTのペットを直接賭けて、固有の仮想通貨であるFRUITでファーミング報酬を得ることができます。

また、武器を鍛えることで、実際の出目を得ることができ、ゲームのステータス向上だけでなく、経済的なメリットも得られます。


鍛えた武器ペット をBakerySwapなどのNFTマーケットプレイスで簡単に売ることができ、利用できるNFTの多様性が向上します。また、NFTは一定量のトークンと交換できますが、その際にアイテムを破壊しなければなりません。

PancakeSwap:ファイナンシャルNFT

バイナンススマートチェーン上のDeFiプラットフォームの成功の一因は、巧みなNFTの実装にあります。現在、NFTの販売を牽引しているのは、純粋で創造的な収集性ではなく、金融的なひねりを加えたNFTです。

BSCで最もキュートなウサギをテーマにしたDeFiプロジェクト PancakeSwapは、NFTのキャラクター を集めた独自のラインを作っています。それぞれのウサギは、プロジェクトのネイティブトークンであるCAKEに交換可能な価値を持っています。他の取引可能な資産と同様に、CAKEの価格が変動すると、コレクターはこのNFTの価値を推測します。


前述のように、BSCのコレクターズアイテムは、芸術的な価値だけでなく、投資家に提供できるものとして成熟してきています。PancakeSwapの抽選に参加者に配布されたチケットも実はBEP-721NFTでした。

ユーザーはCAKEで宝くじを購入し、それが賞金としてプールされます。NFTのチケットには、4つの数字が含まれており、その数字が正しい順番で抽選に一致する必要があります。賞金の一部を燃やし、残りを受賞者で分けます。NFTが単なるコレクターズアイテムではないことを示す好例です。


NFTにバイナンススマートチェーンを選択する理由

Ethereumではなく、BSCでNFTを使用したり、作成したり、取引したりするプロジェクトはたくさんあります。ネットワークのスケーラビリティと低い取引手数料により、BSCは他の ブロックチェーン に代わる魅力的な選択肢となっています。また、BSCはEthereum バーチャルマシン(EVM)と互換性があるため、開発者はEthereumで作成したDAppsを簡単に移植することができます。
ユーザーの立場からすると、BSCを使ってNFTを売買する方がお得です。Ethereumの取引にかかる手数料が高いため、小規模な投資家やコレクターにとってはNFTの取引が高額になってしまいます。

まとめ

この数ヶ月間、特にバイナンススマートチェーンとEthereumブロックチェーン上で、ノンファンジブルトークンとスマートコントラクトの世界で非常に多くの開発とイノベーションが行われてきました。NFTは今や、デジタルアートや所有権だけではなく、他のアプリケーションにも広く利用されています。

バイナンススマートチェーンは、そのスピードと手頃な価格を利用するプロジェクトが増え続けているため、NFTのエコシステムが急速に成長しています。この新しいNFTの波に参加したい方や、単に収集品を取引したい方は、バイナンススマートチェーンですべてを見つけることができます。