Web 3.0とは何か、なぜそれが重要なのか?
目次
はじめに
Web3.0とは?
Web 3.0はどのように機能するのでしょうか?
Webの進化の歴史を簡単に紹介
Web 3.0の主な特徴
Web3.0の特長は?
仮想通貨はWeb 3.0にどう適合するのか?
Web 3.0の活用事例
まとめ
Web 3.0とは何か、なぜそれが重要なのか?
ホーム記事
Web 3.0とは何か、なぜそれが重要なのか?

Web 3.0とは何か、なぜそれが重要なのか?

初心者
Published Jan 8, 2020Updated Mar 9, 2022
9m

概要

インターネットは常に革新を続ける技術です。これまで、Web1.0、2.0を経験し、Web3.0では何が期待できるのかについて議論されています。Web 1.0では、現在のようにコンテンツ豊富なサイトを作ることができず、ユーザーには静的な体験しか提供することができませんでした。Web 2.0では、ソーシャルメディアやダイナミックなウェブサイトによって私たちを結びつけてくれましたが、その代償として中央集権化が進みました。

Web 3.0は、オンライン情報のコントロールを可能にし、またセマンティック・ウェブを構築することを目的としています。つまり、機械はユーザーが作成したコンテンツを容易に読み取り、処理することができるようになるのです。ブロックチェーンは、分散化、仮想通貨ウォレットによる自由なデジタルID、オープンなデジタル経済のためのパワーを提供することになります。

ネットとの付き合い方も、3Dを利用することで、より没入感のあるものになると思います。また、ユーザーにとっても、効率的なブラウジング、適切な広告、カスタマーサポートの向上などのメリットがあります。最も広く使われているWeb 3.0の技術は、SiriやAlexaなどのバーチャルアシスタントや、コネクテッド・スマートホームに見ることができます。

はじめに

この20年余りの間に、インターネットは大きく変わりました。インターネットリレーチャット (IRC) から、最新ソーシャルメディアプラットフォームへ移行しました。基本的なデジタル経済から高度なオンラインバンキングサービスまで。仮想通貨やブロックチェーンなど、インターネットを利用した全く新しい技術も経験しました。インターネットは、人々の交流や接続に欠かせない存在となり、今もなお進化を続けています。これまで、Web1.0、2.0と見てきましたが、Web3.0には一体何を期待すればよいのでしょうか?では、その内容を詳しく見ていきましょう。


Web3.0とは?

Web3.0 (Web3とも呼ばれる) は、機械学習、 人工知能 (AI) 、ブロックチェーン技術に大きく依存する次世代のインターネット技術です。Polkadotの創業者で、Ethereumの共同創業者であるGavin Wood氏が作った言葉です。Web 2.0が中央集権的なウェブサイト上でユーザーが作成したコンテンツに焦点を当てているのに対し、Web 3.0はユーザーが自分のオンラインデータをよりコントロールできるようにするものです。 

この運動は、機械によるデータの理解を向上させ、オープン、コネクテッド、インテリジェントなウェブサイトやウェブアプリを作ることを目的としています。分散化とデジタル経済は、ネット上で作られたコンテンツに価値を置くことを可能とするため、Web 3.0でも重要な役割を果たします。また、Web 3.0は変化する概念であることを理解することが重要です。その定義は一つではなく、正確な意味は人によって異なることがあります。


Web 3.0はどのように機能するのでしょうか?

Web 3.0は、AIや高度な機械学習技術の活用により、パーソナライズされた適切な情報をより速く提供することを目的としています。よりスマートな検索 アルゴリズム とビッグデータ解析の発展により、機械が直感的にコンテンツを理解し、推薦することが可能になります。また、Web 3.0では、コンテンツのユーザーオーナシップとアクセシブルなデジタル経済のサポートに焦点が当てられます。

現在のウェブサイトは、静的な情報を表示したり、フォーラムやソーシャルメディアのようなユーザー主導のコンテンツを表示するのが一般的です。これでは、多くの人にデータを公開できる反面、特定のユーザーのニーズには応えられません。ウェブサイトは、現実の人間のコミュニケーションのダイナミズムと同じように、ユーザー1人ひとりに合わせて情報を提供する必要があります。Web 2.0では、これらの情報がオンラインになると、ユーザーは所有権や管理権を失います。

Web 3.0のコンセプトのもう1人のキーパーソンは、World Wide Webの発明者であるコンピュータ科学者のTim Berners-Lee氏です。1999年、彼はWebの未来についてのアイデアを提供しました。

「私には夢があります。それはコンピューターがウェブ上のあらゆるデータを分析できるようになることです。データとは、コンテンツやリンクを初めとする人間とコンピューターのやりとりです。これを可能にするセマンティックウェブは、まだ実現できていません。しかし今後セマンティックウェブが誕生すれば、貿易や役所の手続きから普段の生活まで、日常の仕組みが機械同士の対話によって実行されるようになるでしょう」

Berners-Lee氏のビジョンは、その後、Gavin Wood氏のメッセージと組み合わされています。ここでは、分散化された情報の海が、ウェブサイトやアプリケーションに提供されることになります。そのデータを理解し、個々のユーザーと有意義に活用するのです。 ブロックチェーンは、このオンライン上のID、データ、所有権を公正に管理するためのソリューションとして機能します。


Webの進化の歴史を簡単に紹介

Web 3.0をよりよく理解するために、現在の状況と何から発展してきたかを見てみましょう。20年以上にわたって、私たちはすでに大きな変化を見てきました。

Web1.0

当初のインターネットは、現在ではWeb 1.0と呼ばれる体験を提供していました。1999年、作家でWebデザイナーのDarci DiNucci氏がWeb 1.0とWeb 2.0を区別する際に作った造語です。1990年代前半、ウェブサイトは情報を表示するだけの静的なHTMLページで構築されていました。ユーザーがデータを変更したり、自分でアップロードしたりすることはできないのです。社会的な交流は、簡単なチャットメッセンジャーやフォーラムに限られていました。

Web2.0

1990年代後半になると、よりインタラクティブなインターネットへの移行が具体的に動き始めます。Web 2.0では、データベース、サーバーサイドの処理、フォーム、ソーシャルメディアなどを通じて、ユーザーがウェブサイトと対話できるようになりました。これらのツールは、ウェブの体験を静的なものから動的なものへと変化させました。 

Web 2.0では、ユーザーが作成したコンテンツや、異なるサイトやアプリケーション間の 相互運用性がより重視されるようになりました。Web 2.0は観察することよりも、参加することが重要でした。2000年代半ばには、ほとんどのウェブサイトがWeb 2.0に移行し、大手ハイテク企業はソーシャルネットワークやクラウドベースのサービスを構築しはじめました。

未来とWeb 3.0

セマンティック・インテリジェント・ウェブ の進化は、インターネットの歴史を見れば納得がいく。データはまず、静的にユーザーに提示されました。そうすれば、ユーザーはそのデータを動的に操作することができます。そして今、アルゴリズムがそのすべてのデータを使用して、ユーザー体験を向上させ、ウェブをよりパーソナライズされた身近なものにするのです。YouTubeやNetflixを見れば、アルゴリズムの威力と、それがすでにどのように改善されているかがわかると思います。
Web 3.0は完全には定義されていませんが、ブロックチェーン、オープンソースソフトウェア、バーチャルリアリティ、 モノのインターネット (IoT) などの ピア・ツー・ピア (P2P) 技術を活用することができます。また、Web 3.0は、インターネットをよりオープンで分散化することを目的としています。現在の枠組みでは、ユーザーは自分の個人データや情報にアクセスするネットワークプロバイダーや携帯電話会社に依存しています。分散型台帳技術の登場により、この状況はまもなく変わり、ユーザーは自分のデータの所有権を取り戻すことができるようになるかもしれません。

Web 1.0、2.0、3.0の主な違いを一覧で見るには、以下の表を参照してください:


Web1.0

Web2.0

Web 3.0

コンテンツ

ユーザーと受動的な会話

コミュニティプラットフォームとユーザー生成コンテンツ

コンテンツクリエイターのためのユーザーオーナーシップ

テクノロジー

HTML

ダイナミックHTML、Javascript

ブロックチェーン、AI、機械学習

仮想環境

なし

3Dの基本的な使い方

3D、VR、AR

広告

目障りなもの (バナー等)

インタラクティブ 

ユーザー行動に基づくターゲティング

データストレージ

各ウェブサイトのサーバーに保存されます

大手ハイテク企業による所有

ユーザー間で分散

オーディエンス

個人ユーザー

ユーザーの特定コミュニティ 

複数のプラットフォームやデバイスで相互接続されたユーザー

 


Web 3.0の主な特徴

Web 3.0はまだ完全な普及には至っていませんが、その核となるコンセプトはほぼ定義されています。Web 3.0の未来に向けた重要なポイントとして、以下の4つのトピックが一般的に挙げられています。

セマンティック・マークアップ

時を経て、機械は人間が作成するデータやコンテンツを理解する能力を高めてきました。しかし、セマンティクスが完全に理解されたシームレスな体験を実現するには、まだ長い道のりがあります。例えば、「悪い」という言葉は、場合によっては「良い」という意味になることもあります。これを機械が理解するのは、とてつもなく大変なことです。しかし、ビッグデータで学習できる情報が増えたことで、AIは私たちがウェブに書いたことをよりよく理解し、直感的に提示できるようになりつつあります。

ブロックチェーンと仮想通貨

データの所有権、オンライン経済、分散化は、Gavin-Wood氏のWeb3の未来に不可欠な側面です。後ほど詳しく説明しますが、ブロックチェーンはこれらの目標の多くを達成するために、試行錯誤されたシステムを提供します。誰もが資産をトークン化し、情報をオンチェーン化し、デジタルアイデンティティを作成できる力は、Web 3.0にふさわしい大きなイノベーションです。

3Dビジュアライゼーションとインタラクションの表現

簡単に言えば、ウェブの見え方が大きく変わるということです。すでに、バーチャルリアリティまで取り入れた3D環境への移行が始まっています。メタバースはこうした体験の先駆けの1つであり、3Dビデオゲームによるソーシャル化もすでにお馴染みです。また、UIやUXの分野では、ウェブユーザーにとってより直感的な方法で情報を提供することを目的としています。

人工知能

人間が作成したコンテンツを機械が読めるデータにするためには、人工知能が重要です。接客botはすでにおなじみですが、これはほんの始まりにすぎません。AIは、データを私たちに提示することも、仕分けすることもできるので、Web 3.0のツールとして多目的に活用できます。何より、AIが自ら学習し、改良していくことで、将来的に人間の開発に必要な作業が軽減されます。


Web3.0の特長は?

Web 3.0の主要な機能を組み合わせることで、理論上はさまざまな効果が期待できます。これらはすべて、基盤となる技術の成功に依存することを忘れてはなりません。

1. 一元管理されません - 仲介者が排除されるため、ユーザーデータを管理できなくなります。この自由は、政府や企業による検閲のリスクを減らし、DOS攻撃 (DoS) の効果を減少させることができます。
2. 情報の相互接続性の向上 - より多くの製品がインターネットに接続されるようになると、より大きなデータセットがアルゴリズムに提供され、より多くの情報を分析することができるようになる。これにより、個々のユーザーのニーズに対応した、より正確な情報を提供することができるようになります。
3. より効率的なブラウジング - 検索エンジンを利用する際、最適な検索結果を見つけることが困難な場合がありました。しかし、年々、検索の文脈やメタデータに基づいて意味的に関連性の高い結果を見つけることができるようになってきています。その結果、誰でも簡単に必要な情報を見つけることができ、より便利なウェブブラウジングを実現します。
4. 広告とマーケティングの改善 - 誰もオンライン広告に振り回されるのを好きではありません。しかし、広告が自分のニーズに合ったものであれば、迷惑になるどころか、役に立つかもしれません。Web 3.0は、よりスマートなAIシステムを活用し、消費者データに基づいた特定のオーディエンスをターゲットにすることで、広告の向上を目指しています。
5. カスタマーサポートの向上 - カスタマーサービスは、ウェブサイトやウェブアプリケーションのスムーズなユーザー体験に欠かせないものです。しかし、膨大なコストがかかるため、成功したウェブサービスの多くは、カスタマーサービス業務の拡張に苦労しています。複数の顧客と同時に会話できる、よりインテリジェントなチャットボットを使用することで、ユーザーはサポート担当者との対応において、優れた体験を享受することができます。


仮想通貨はWeb 3.0にどう適合するのか?

ブロックチェーンと仮想通貨は、Web 3.0に関しても大きな可能性を秘めています。分散型ネットワークは、より責任あるデータ所有、ガバナンス、コンテンツ作成へのインセンティブを生み出すことに成功しています。Web 3.0に最も関連する点としては、以下のようなものがあります:

1. デジタル仮想通貨ウォレット - 取引を可能にし、デジタルIDとして機能するウォレットは、誰でも作成することができます。お客様の情報を保存したり、一元的なサービスプロバイダーのアカウントを作成したりする必要はありません。自分のウォレットを完全にコントロールすることができ、多くの場合、同じウォレットを複数のブロックチェーンで使用することができます。
2. 分散化 - ブロックチェーンを使えば、膨大な数の人々の集まりに情報や権力を透過的に広げることが簡単にできます。これは、大規模なハイテク企業が私たちのオンライン生活の巨大な領域を支配しているWeb 2.0とは対照的です。
3. デジタルエコノミー - ブロックチェーン上にデータを所有し、分散型トランザクションを利用できることで、新しいデジタル経済が生まれます。これにより、銀行や個人情報を必要とせず、オンラインで簡単に商品、サービス、コンテンツを評価し、取引することができるようになりました。このようにオープンであることは、金融サービスへのアクセスを向上させ、ユーザーが収入を得ることを可能にします。
4. 相互運用性 - オンチェーンDAppsとデータの互換性がますます高まっている。Ethereumバーチャルマシンを使用して構築されたブロックチェーンは、お互いの DApps、ウォレット、トークンを容易にサポートすることができます。これにより、コネクテッドWeb 3.0に必要なユビキタス性を向上させることができます。


Web 3.0の活用事例

Web 3.0はまだ発展途上ですが、現在すでに使用されている例もあります:

Siri & Alexaバーチャルアシスタント

AppleのSiriとAmazonのAlexaは、Web 3.0の多くの要素を満たすバーチャルアシスタントを提供しています。AIと自然言語処理により、両サービスは人間の音声コマンドをより理解しやすくなっています。SiriやAlexaは、人々が使えば使うほど、そのAIが推奨やインタラクションを向上させます。このため、Web 3.0の世界に属するセマンティック・インテリジェント・ウェブアプリケーションの完璧な例と言えるでしょう。

コネクテッド・スマートホーム

Web 3.0の大きな特徴として、ユビキタス性が挙げられます。つまり、私たちは複数のデバイスでデータやオンラインサービスにアクセスすることができるのです。家庭の暖房や空調などのユーティリティを制御するシステムが、スマートかつコネクティッドな方法で制御できるようになりました。スマートホームは、出かける時間、到着する時間、家の暑さや寒さを知ることができます。これらの情報をもとに、パーソナライズされた体験を実現することができます。そして、どこにいても、携帯電話などのオンライン機器からこのサービスにサクセスすることができます。


まとめ

インターネットの進化は長い道のりであり、今後もさらなる進化に向けて進んでいくことでしょう。利用可能なデータの大量爆発に伴い、ウェブサイトやアプリケーションは、より没入感のあるウェブ体験へと移行しています。Web 3.0の具体的な定義はまだありませんが、イノベーションはすでに動き出しているのです。方向性は明白で、ブロックチェーンはもちろん、Web 3.0の未来に重要な役割を果たすと思われます。

Explore all of of our content