BNB Smart Chain (BSC) の紹介
目次
はじめに
BNB Smart Chainとは?
BNB Smart Chainの仕組みとは?
BNB Smart Chain上の分散型金融
まとめ
BNB Smart Chain (BSC) の紹介
ホーム
記事
BNB Smart Chain (BSC) の紹介

BNB Smart Chain (BSC) の紹介

初心者
公開済 Oct 5, 2020更新済 Nov 14, 2022
6m

概要

BNB通貨の本拠地であるBNB Chainをご存じでしょうか。超高速取引に最適化されています。そのためには、ある種のトレードオフが必要でした。 – その1つが、他のブロックチェーンに比べてプログラマビリティの面で柔軟性に欠けることです。

BNB Smart Chainは、それを変えるために登場した、高性能な分散型アプリケーションを開発するための本格的な環境を備えた新しいブロックチェーンです。クロスチェーンに対応し、ユーザーが安心して利用できるように構築されています。


はじめに

Binance Chain (2022年にBNB Beacon Chainと改名) は、バイナンスが2019年4月に開始したものです。その主な目的は、高速で分散型な (または 非管理的な) 取引を促進することです。おそらく驚くことではありませんが、その上で最大の分散型アプリケーション (または DApp) は、最もフレンドリーな分散型取引所の1つであるBinance DEXです。ウェブインターフェースである binance.orgまたは、ネイティブな統合である Trust Walletを通じて使用することができます。

しかし、 ブロックチェーンシステム特有の制約により、チェーンはあまり柔軟性を持っていません。高速取引に最適化されたシステムで– スマートコントラクトを行うと、ネットワークが著しく混雑する可能性があります。CryptoKitties をご存知でしょうか?人気絶頂期には、Ethereumのブロックチェーンを停止させるほどの勢いでした。

スケーラビリティは、ブロックチェーン開発における最も困難なハードルの1つであることに変わりはありません。そこで登場したのがBNB Smart Chainです。


BNB Smart Chainとは?

BNB Smart Chain (BSC) とは、BNB Beacon Chainと並行して動作するブロックチェーンと表現するのが最適です。BSCはBNB Beacon Chainとは異なり、スマートコントラクト機能と Ethereum Virtual Machine (EVM) との互換性を誇っています。ここでの設計目標は、BNB Beacon Chainの高いスループットをそのままに、そのエコシステムにスマートコントラクトを導入することでした。

要するに、両方のブロックチェーンが並行して運用されているのです。BSCは、いわゆる レイヤー2や オフチェーンのスケーラビリティソリューションではないことは、注目に値します。これは、BNB Beacon Chainがオフラインになった場合でも実行できる独立したブロックチェーンなのです。とはいえ、どちらのチェーンもデザイン的にはよく似ています。

BSCはEVMと互換性があるため、Ethereum の豊富なツールやDAppsに対応した状態でローンチされました。理論的には、開発者がEthereumからプロジェクトを移植することが容易になります。ユーザーにとっては、MetaMask のようなアプリケーションをBSCで動作するように簡単に設定できることを意味します。実際 – いくつかの設定を微調整するのみとなります。BNB Smart Chainでのメタマスクの使用方法 を参照してください。


仮想通貨の購入を検討していますか? バイナンスでBitcoinを購入しましょう!


BNB Smart Chainの仕組みとは?

コンセンサス

BNB Smart Chainは、 Proof of Stakeコンセンサスアルゴリズムにより、3秒以下のブロックタイムを実現しました。具体的には、参加者がバリデーターになるために必要な BNBをステークした Proof of Staked Authority (または PoSA) と呼ばれるものを使用します。有効な ブロックを提案すれば、その中に含まれる取引からトランザクション手数料を受け取ることができます。

なお、BNBはインフレではないため、多くのプロトコルと異なり、マイニングされたBNBに対するブロック補助はありません。むしろ、バイナンスチームが定期的に コインバーンを行うため、BNBの供給量は時間の経過とともに減少します。


クロスチェーン対応

BNB Smart Chainは、既存のBNB Chainとは独立した、補完的なシステムとして構想されました。 デュアルチェーン・アーキテクチャを採用し、ユーザーはあるブロックチェーンから別のブロックチェーンにシームレスに資産を振替させることが可能になりました。これにより、BNB Chainでは高速な取引を、BSCでは強力な分散型アプリケーションを構築することができます。この相互運用性により、ユーザーは無数のユースケースに対応できる広大なエコシステムに触れることができるのです。

BNB Beacon ChainのBEP2およびBEP8トークンを、BNB Smart Chainで導入された新規格のBEP20トークンにスワップすることができます。ERC20トークンの紹介 はもう読まれましたか?そうすれば、BEP20のフォーマットに慣れることができます。Ethereumと同じ機能を使用します。

トークンをあるチェーンから別のチェーンに移動する (例えば、BEP2からBEP20、またはその逆) には、おそらく最も簡単な方法は、Binance Chain Walletを使用することで、 Chromeと Firefoxで利用可能です。これにつきましては、 Binance Chainの拡張ウォレットの使用方法を参照してください。


BNB Smart Chain上の分散型金融

BNB Chain上には、 BTC、 LTC、 ETH、 EOS、または XRPなど、多くのデジタル資産が「Peggyコイン」として既に存在していることはご存知かと思います。これらのトークンは、そのネイティブチェーン上の資産にペッグされています。例えば、BNB Chainで10 BTCBを受け取るために、10 BTCをロックアップすることを決定する場合があります。いつでも10 BTCBを10 BTCとトレードできるため、BTCBの価格はネイティブのBTCの価格と密接に連動するはずです。 

これにより、これらの資産をBNB Chainに効率的に移植することができます。このようなことをどのように達成できるかに興味がありますか?Ethereum上のトークン化されたBitcoinの説明 を参照してください。

BNB Smart Chainの柔軟性により、さまざまなチェーンの資産を成長する DeFiスペースで使用することができます。例えば、PancakeSwap のようなアプリケーションでは、ユーザーは信頼できる資産を交換し (Uniswap のようなもの)、イールドファーミング を行い、提案に投票することができます。同様のプロジェクトとして、 BurgerSwapと BakerySwap (仮想通貨に慣れていない方は、こんにちは!私たちは、食品にちなんで名付けられた分散型取引所です) があります。


まとめ

BNB Smart Chainは、オリジナルのBinance Chainの機能を大幅に拡張し、さまざまなブロックチェーン間のギャップを埋めるために設計された一連の最先端プロトコルに加わります。まだ初期段階ではありますが、BNBステーキングとEVMの互換性は、強力な分散型アプリケーションを開発する開発者にとって理想的なエンジンとなっています。 

BNB Smart Chainについての質問はありますか?技術的な側面につきましては、 ホワイトペーパー を参照してください。