バイナンス・レバレッジ・トークン(BLVT)の初心者ガイド
バイナンス・レバレッジ・トークン(BLVT)の初心者ガイド
ホーム記事

バイナンス・レバレッジ・トークン(BLVT)の初心者ガイド

中級者
2w ago
6m

はじめに

レバレッジ・トークンは、清算のリスクなしに仮想通貨の価格にレバレッジをかけたエクスポージャーを提供します。この方法では、レバレッジをかけたポジションの管理を心配する必要がなく、レバレッジをかけたコモディティで得られる利益を楽しむことができます。これは、担保を管理したり、必要な証拠金を維持したりする必要がないことを意味します。もちろん、清算のリスクもほとんどありません。

レバレッジ・トークンの最初の設計は、デリバティブ取引所FTXによって導入されました。これらのトークンは、特に長期的には期待されるようなパフォーマンスを発揮しないため、非常に議論が多く話題となっています。バイナンス・レバレッジ・トークン(BLVT)は代替設計を提案しています。

FTXレバレッジ・トークンの仕組みをお読みになりたい場合は、FTXレバレッジ・トークンの初心者ガイドをチェックしてください。


バイナンス・レバレッジ・トークン(BLVT)とは何か?

バイナンス・レバレッジ・トークン(BLVT)はバイナンスのスポット市場で取引可能な資産です。各BLVTは永久先物市場の未決済ポジションのバスケットを表します。したがって、BLVTは基本的にレバレッジド・フューチャー・ポジションのトークン化されたバージョンです。
最初に利用可能なBLVTは、BTCUPBTCDOWNです。BTCUPはビットコインの価格が上昇したときにレバレッジをかけた利益を得ることを目的としており、BTCDOWNはビットコインの価格が下落したときにレバレッジをかけた利益を得ることを目的としています。これらのレバレッジゲインは1.5倍から3倍の間になります。次の章では、なぜこのようなことが起こるのか、そしてこのレバレッジをどのように狙っているのかを説明します。
現在、バイナンス・レバレッジ・トークンはバイナンス上で直接取引可能な物のみが上場されており、ご自身のウォレットに引き出すことはできません。バイナンス・レバレッジ・トークンはオンチェーンでは発行されませんのでご注意ください。


バイナンスのレバレッジ・トークンはどのように機能するか?

BLVTと他のタイプのレバレッジ・トークンの主な違いの1つは、BLVTが一定のレバレッジを維持しようとしないことです。その代わり、可変レバレッジの目標範囲を目指しています。BTCUPとBTCDOWNの場合、これは1.5倍から3倍の範囲であり、トークンの永続的なレバレッジ目標として機能します。価格が上昇したときの潜在的な利益を最大化し、価格が下落したときの清算のリスクを最小化するという考え方です。

このターゲットレバレッジは一定ではなく、公開されていません。それはなぜでしょうか?主な目的は、フロントランニングを防ぐためです。もしこれらのトークンが事前に定義された間隔でリバランスすると、他のトレーダーがこの既知のイベントを利用する方法があるかもしれません。目標レバレッジは一定ではないので、市場の状況が必要と判断しない限り、トークンはリバランスを余儀なくされることはありません。つまり、目標レバレッジを隠すことで、トレーダーはリバランスイベントを予測できないため、これらの戦略を緩和することができます。

レバレッジ・トークンはバイナンスのスポット市場で取引されます。さらに、それらのトークンは、それらが表す価値で換金することもできます。この場合、償還手数料を支払う必要があります。しかし、ほとんどの場合、償還プロセスを経るよりも、スポット市場でポジションを決済した方が良いでしょう。ブラック・スワン理論のようなことが起こらない限り、換金による退場は通常、現物市場で退場するよりもコストが高くなります。これが、ほとんどの場合、スポット市場でBLVTのポジションを終了することが推奨される理由です。

レバレッジ・トークンのページには、ネット・アセット・バリュー (NAV) という用語が表示されています。これは、米ドル建てのレバレッジ・トークンの価値を指します。トークンを換金すると、得られるUSDTはNAVによって決定されます。


なぜバイナンス・レバレッジ・トークンを使うのか?

レバレッジ・トークンをめぐる混乱の主な原因の一つは、ボラティリティ・ドラッグと呼ばれる概念のおかげです。簡単に言えば、ボラティリティ・ドラッグとは、ボラティリティが時間の経過とともに投資に与える悪影響のことです。ボラティリティが大きく、時間軸が大きいほど、ボラティリティ・ドラッグの効果はレバレッジ・トークンのパフォーマンスに大きく影響します。

レバレッジをかけたトークンは一般的に、強いトレンドがあり、市場のモメンタムが高いときには、期待通りのパフォーマンスを発揮します。しかし、横ばいの市場では同じことは言えません。バイナンスはこの問題の解決策として可変レバレッジを作成しました。BLVTは非常にボラティリティが高い時期にのみリバランスを行い、それ以外の時期には定期的なリバランスを余儀なくされることはありません。これは問題を完全に軽減するものではありませんが、ボラティリティー・ドラッグがBLVTのパフォーマンスに及ぼす長期的な影響を大幅に軽減します。


バイナンス・レバレッジ・トークン(BLVT)を利用する際の手数料は?

BLVTを取引する際には、手数料のことも頭に入れておく必要があります。

まず、取引手数料を支払う必要があります。BLVTはBTCやETH、BNBなど他のコインと同様にスポット市場で取引されているため、取引手数料は同じです。現在の手数料レベルはこちらで確認できます。
また、管理手数料を支払う必要があります。これらのトークンは、先物市場の未決済ポジションを表していることに注意してください。レバレッジ・トークンを購入する場合、基本的にはこれらのポジションのトークン化されたバージョンを購入することになります。そのため、これらのポジションをオープンにしておくためには、1日あたり0.01%の管理手数料を支払う必要があります。これは年率3.5%に相当します。
また、BLVTを保有している場合、ポジションを抜ける方法は2つあります。1つの方法は、スポット市場でトークンを売却することです。それは簡単です。しかし、表示されている値と交換することもできます。このプロセスでBLVTを換金すると、USDTで支払われたトークンの価値を分かります。この場合、あなたのトークンの価値に対して0.1%の償還手数料を支払う必要があります。

しかし、通常の市場状況下では、スポット市場でポジションを決済した方が得策であることには注意が必要です。この償還メカニズムは、特別な市場環境下でポジションを決済するための追加の方法を提供するために存在しています。

考慮すべき他の何かが資金調達です。ご存知のように、BLVTはオープンな先物ポジションを表しています。これは、それらのポジションにはファウンディング・フィーが適用されることを意味します。しかし、レバレッジ・トークンの保有者間ではなく、先物市場のトレーダー間で支払われるため、そのことを心配する必要はありません。先物口座に支払われたファウンディング・フィーは、BLVTの価値に反映されるため、覚えておく必要があります。



仮想通貨を始めようと思っていますか?バイナンスでビットコインを購入しよう!



バイナンス・レバレッジ・トークンの購入と換金方法

BLVTは、他のコインやトークンと同様にバイナンスのスポット市場に上場されています。ただし、BLVTは別の場所にあります(詳細取引インターフェースのETFタブの下にあります。)これは、混乱を避け、これらのトークンを他の種類の取引可能な資産と区別するのに役立つことを目的としています。



また、バイナンスのホームページのトップバーにレバレッジ・トークンのページがあります。以下の手順では、バイナンスのレバレッジ・トークン(BLVT)を購入する方法を説明します。


  1. バイナンスにログインします。
  2. トップバーのデリバティブにカーソルを合わせ、レバレッジ・トークンを選択します。
  3. 取引したいBLVTの取引ペアを選択します。
  4. BLVTのランディングページに移動します。
  5. 購入をクリックすると、高度な取引インターフェースが表示されます。
  6. 始める前に、リスクに関する免責事項をお読みください。18歳以上の方で、この内容に同意される場合は、チェックボックスにチェックを入れて、「確認」をクリックして続行してください。
  7. この時点で、他のコインやトークンの取引方法と同様に、BLVTを取引できるようになります。


例えば、こちらがBTCUPのページです。すでにBLVTを保有していて換金したい場合は、このページから換金することができます(換金ボタンをクリック)。また、こちらから換金履歴を確認することもできます。


おわりに

BLVTは、レバレッジをかけたポジションを管理する手間をかけずに、仮想通貨の価格にレバレッジをかけたエクスポージャーを提供します。 

目標レバレッジの可変性のおかげで、BLVTは長期にわたってより安定したパフォーマンスを発揮するはずです。BLVTを保有することは、レバレッジをかけたポジションを保有することと同等ではありませんが、BLVTは取引ツールキットを拡張し、あなたの取引戦略を最適化するために使用することができます。